Archive for 島崎珠美

学生になる

10月から新学期が始まり、私は中級クラスの担任をしています。もう初級文法の勉強は終っているので、簡単なやりとりは日本語でできるはずで、授業内での教師とのやり取りはみんなきちんと日本語でしています。ただ、休み時間になると、中国や台湾の学生は中国語、欧米圏の学生たちは英語で話すことが多いようです。せっかくなので、ずっと日本語で話してくれないかなぁ…と思いながらそんな光景を見る日々。

私は今年の夏休み、例年の海外旅行はやめて、合宿制英会話学校なるものに5日間行ってみました。山の麓の某運送会社の研修施設を買い取ったそうで、周りには民家さえあまりなく、一番近いコンビニは車で10分…。

「24時間英語以外禁止」とうたわれていて、どんなことになっているのかドキドキしましたが、そのルールは忠実に厳しく守られており、私も馬鹿正直なほどきちんと守ってしまい(笑)、こんな状況もつくれるんだと、日本人って本当にまじめだな、と改めて思いました。

午前午後に3つずつ授業があり、一日3食、講師もやってきていっしょに食事を取り(もちろん英語以外でやりとりはできず)、入浴タイムは部屋に風呂がないので、共同風呂へ。そこでも、声が反響する風呂場で真っ裸で、怪しげな英語でのやり取り。誰も見ていないのに!

私を含め そう英語が上手ではなくても、「間違った英語を話すことへの恐怖感」は軽減されるような気がしました。苦しさはそれほど感じず、それなりに楽しめましたし。

初級前半はレベル的にも苦しいとは思いますが、中級以上の日本語のクラスでも、こんな雰囲気を作れたらいいのになぁと思えど、どうすればいいかとなると難しいですね。

毎日いろいろなテーマでの授業があり、毎晩どうにか日本語授業に応用できないかとベッドで考える5日間。そして、帰りのバス内で初めてクラスメイトと日本語で話し、「この人大阪弁話すんだ!」とかお互いの苗字や年齢を知って盛り上がったり、まだ英語で話しかけたり答えたりしそうになったりという不思議な経験をしました。

今期から少しずつでも、自分の日本語授業に活かしていきたいなぁ。…がんばります。

いろいろな学生 いろいろな日本語

今の担任クラス(中級クラス)に、ロシアの男子学生がいます。Dさんです。
とても熱心な学生です。
クラスでも真面目な学生としてクラスメイトみんなから、一目も二目もおかれています。

中級の文法になると、会話で使うというよりは改まった表現、硬い表現を学ぶことも多く、せっかく授業で習っても使ってみる機会があまりないとぼやく学生もいます。
でも、Dさんはよく授業後に教務室へ来ては、街中で撮った写真を見せてくれます。
電車内の広告。街の看板やポスター。
授業で習った文法が使われた表現を見つけると、すぐに撮影するそうです。
写真は、「より~」を見つけたときのもの。

自分なりの勉強方法で楽しく勉強していて、すばらしい学生だと思います。
これから授業内でもいろいろなテーマでプレゼンや発表をする機会が増えると思うのですが、ぜひいつかみんなにも教えてあげてほしいなぁと思っています。

そして、別の話題。
先日、このクラスの授業で「~らしい(伝聞)」のを勉強した日。
最近聞いた噂やニュースを学生たちに聞いたところ、漢字圏の国のかわいらしい女子学生の発話が
「北朝鮮のマサオが、殺害されたらしいです。」

ん?マサオ?だれ?
あ~、マサオ→正男→ジョンナム
キム ジョンナムさんのことでした。

漢字圏で漢字が読めるからこその間違いですよね。
悲しい話題なんですが、かわいい間違いに思わずちょっと笑ってしまいました。不謹慎ですみません。

同じ文法項目を教えても、クラスによって学生によって答えは様々。
毎回いろいろな発見があります。

これも日本語教師の楽しさのひとつです。

島崎

夏休みに学生の国へ

長期コースは、今週いっぱいお休みです。
学生たちも国内で旅行をしたり、国へ帰ったり、いろいろ楽しく過ごしているようです。

私はといえば、数少ない長めの旅行に出かけられるこのチャンス。これまでは、南の島で時代とは逆行し真っ黒になって帰ってくるのが楽しみでしたが、如何せん年も年なのでビーチは卒業しようと決め、まず今年は①日本から近い②たくさんの学生たちの出身国③食べ物が安くておいしいらしい、の3つの理由で「台湾」にしました。今まで行かなかったのが不思議だとよく言われます。

授業で学生に夏休みの予定を聞かれ、台湾へ行くつもりだと話したら、ちょうど国へ帰ろうと思っていたという学生が、ガイド役を買って出てくれました。以前担任をしていて今は台湾の日系企業で働いている卒業生も空港までの送り迎えを。imagel

数人の学生がかわるがわる私と一緒にいてくれたので、中国語がまったくチンプンカンプンな私も楽チンな旅でした。当初は正直、ちょっと一人で歩き回ってみたい気持ちもありましたが(実際、最終日の半日は自分で地下鉄を使い歩き回りました。)、最終的には、日本人が知らないような地元の小さいお店なども行けて、すばらしい旅になりました。
みんな私に「日本ではできない経験」をたくさんさせようと、いろいろスケジュールを考えてくれて、何よりもその気持ちを嬉しく思いました。

これまでも日本語教師になってよかったと思う機会はもちろんたくさんありましたが、今回のような思い出深い旅ができたのも、この仕事でたくさんの学生たちに会えたからですね。

島崎

最近の不思議事項

こんにちは、島崎です。今担当しているクラスは、長期コースで今月から日本語の勉強を始めたばかりの一番下のクラス。在籍は18名ですが、その国籍は…

イタリア ウクライナ ウズベキスタン オーストラリア スウェーデン タイ 台湾 中国 香港 ロシア10か国です!とてもインターナショナル。「多国籍」は、私たちインターカルトの大きな特徴の一つです。

そして、最近思ったのは、双子の学生が結構いることです。

二人で現在在籍している学生が2組、お姉さんは少し前に帰ってしまったけれど、まだ残って勉強している学生が一人、国に双子のお兄さんがいる学生が一人。そして、講師の中にも双子の妹さんがいる方が…。もしかしたら、私の知らないところに、もっといるのかもしれません。

これまでの〇〇年(結構長いです・笑)の人生の中で周囲の双子と言ったら、小学生の時のクラスメイト、前職の同期の子ども、前職の先輩のお子さん…以上。これを考えると結構な確率だと思いませんか?

「双子」との因果関係はないでしょうが、みんなとてもまじめでいい学生たちです。全員の写真がなかなか探せなかったので、一組だけ。P1320566

アメリカから来た一卵性の双子の彼女たち。髪がカラフルなのがお姉ちゃんです。先学期、2人とも私の担任クラスにいました。インターンシッププログラムでアメリカにしばらく滞在した経験から、「アメリカ人は地道な努力はしない」という思い込みがありましたが、ステレオタイプですね、すみません。この二人は、本当に「努力の人」です。

うれしいクリスマスプレゼント

初級担当の島崎です。
今年は、クリスマスイブが秋学期の最終日。
当校では、担任の先生がクラスの学生と1対1で10~15分ほど話す「個人面談」となっています。
今学期 週に1回担当していた初級クラスの学生から、プレゼントがあるので、全員の個人面談が終わる時間に教室に来てほしい、と言われていました。
他の曜日の担当の先生といっしょに教室に入ると、部屋が暗くなって、学生たちのメッセージ動画が始まりました。
サプライズなので、動画内の日本語は間違いもありましたが、みんなの気持ちがとても強く伝わってきて、一同感激しました。

J2dpic

実は10月にクラス授業が始まった当時、全員が新入生のクラスだったこともあり、授業中どころか休み時間も学生同士の会話もあまりなくとても静かで、(クラスによってはわいのわいのとにぎやかなクラスも多いのですが…。)4人の担当教師みんなでとても心配をしていました。
担任のT先生は、週に1回席替えをしたり、自らクラスの飲み会を企画しみんなを誘ったり…そんな努力の甲斐あって今では本当に仲のいい、いいクラスになりました。
でも、今でもそう盛り上がりのあるクラスではありません。そういうキャラクターみたいです(笑)。
こんなプレゼントをもらうと、本当に日本語教師をしていてよかったな、日本語教師っていい仕事だな、と思います。
みなさんは、どんなクリスマスプレゼントをもらいましたか?
*結構長い動画なので、お暇な方、大掃除の息抜きがしたい方などは、よろしかったら見てみてください。Facebookのアカウントを持っている方限定ですが…。

 

 

https://www.facebook.com/video.php?v=10152383534856157&set=vb.560951156&type=2&theater

甘~い!ウマ~い!

RIMG0045

 

RIMG0041RIMG0049

 

暑い日が続きますね。

インターカルトでは、通常の長期コースやウィークリーコースに加え、夏の短期遊学コースの学生も加わって、1年で一番賑やかな季節を迎えています。

今日は、1階の学生ラウンジで「スイカ割」イベントがありました。

学校には、中上級の午前クラスと初中級の午後クラスがあるので、それぞれに2個ずつの大玉スイカを用意し、学生たちに割ってもらいました。棒を握ることができる学生は少ないですが、たくさんの学生たちが周りで、もちろん日本語で「右!右!まっすぐ!そこ!」と大きい声援を送り盛り上がっていました。

その後、みんなでパクつく。

わたしもちょっといただきましたが、本当に甘くておいしいスイカでした。

普段は、果物は自分の国が一番おいしいと言っている学生たちも、国のよりおいしいと言ってくれて嬉しくなりました。

個人的には、スイカがとても大好きな私。

いつの日か、一人で1個全部食べてみたいと夢見ています(笑)。

スイカのほかにも、おいしいものをたくさん食べて、楽しいことをたくさん経験して、帰っていってほしいです。

島崎でした。

 

 

 

みんな大はしゃぎ

島崎です。

先週も降りましたね、雪。asakusa

1年に2回もこんなに大雪になるなんて、きっと何十年ぶりになるんでしょうね。
学生達には寄り道しないで早く帰ったほうがいいと話すぐらいで、授業は通常通り行われホッとしました。休校になってしまうと、授業のスケジュールもずれてしまいます。日本語教師の授業の準備はみなさんが思うよりずっと大変なので、ずれてしまうと、まあ無駄になる訳ではありませんが、もう一度新しい担当項目の準備を急いでしなければならなくなり、あたふたしてしまいます。←特にわたしの場合。

今年の雪はどちらも週末だったので、そんな心配をする必要もなく、わたし自身もちょっとはしゃいだ気持ちになりました。

学校には台湾やタイなど、雪が降らない国から来ている学生達も多く、週末のfacebookには、雪景色&雪といっしょにポーズをとる姿一色。本当にそれ一色。
そんな中、スウェーデンから来た学生Aさんは、「雪が降っただけでしょう?しかも、大雪というほどの量じゃない。何でみんなこんなに雪の写真ばかりアップするのか!意味がわからない。」とコメント。

ええ、ええ、おっしゃる通りですよ。その通りですよ。
ただ、わたしも写真を何枚も撮ってしまった一人なので、浮かれる気持ちわかるんだけどなぁ。

みなさんは、どのように週末を過ごしましたか?