旅先での出会い

長期コースは、夏休みが終わって19日(月)から授業が再開しています。

初級はいつも通り、中上級はクラス内のスピーチ大会を経て、9月13日(金)牛込神楽坂のホールでのクラス代表者によるスピーチ大会に向けて、「熱く」なってきました。

わたしは夏休み、バリ島のウブドという所へ旅行に行きました。

ツアーではなかったのですが、空港からホテルまでの送り迎えには、日本語ができるガイドがいました。「日本語はどこで習ったんですか?」から始まり、いろいろ聞いていたら、観光のハイ・シーズンはガイドとして働き、それがひと段落すると、地方で3か月タームで日本への留学を目指す人たちのクラスで日本語を教えているということでした。わたしも日本語教師であることを話すと、より話も弾みました。彼は初級~初中級を教えているそうですが、インターカルトは直接法で日本語以外は使わないと話すと「ビギナークラスが成り立つのか」ととても驚いて、自分もやってみたいと言っていました。

彼は20年以上前に技能実習生として、千葉の館山で2年勉強したそうです。当時はお金がなくて、1日500円の食費の中で節約をして、夢だった「箱板に入ったウニ」を一人で全部食べたときは幸せだったとか、叙々苑の焼肉は最高で自分がヒンドゥー教徒であることを忘れそうになったとか、話はつきませんでした。

残念だったのは、彼が教えている大学やクラスから留学する学生はほとんど大阪や京都の日本語学校へ行くそうで、東京に来る人はほとんどいないそうです。いつか東京にも送れたらいいなぁとつぶやいていました笑。

すっかり彼の写真を撮るのを忘れてしまったので、これはウブド中心地です。インドネシアは本当にバイクが多いです。東京でチャリチャリ自転車に乗っているわたしにはちょっと信じ難い光景です。台湾へ行った時もバイクが多いと感じましたが、それ以上です。そして、みんなグイグイ割り込んでくるので、スリリング。わたしがここでバイクを運転しても、あまり前に進めないのではないかと思います笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は夏休み明け最初の授業です。

久しぶりに担任クラスのみんなに会うのが楽しみです。

島崎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です