千と千尋

「千と千尋の神隠し」(2001)

学生にも人気のアニメ映画。

先日、映画館のスクリーンで初めて観ました。

おおっ。いいねぇ。

今まではDVDでしか観たことがなかったので、新鮮でした。

 

このアニメ、とっても奥が深く、単なる娯楽作品として片づけてしまうには、あまりにもったいない。

そう考え、毎年授業で取り上げています。

その一つが、タイトル。

なぜ「千と千尋」なのか。

これは、この作品のポイントであり、ズバリ答えでもあります。

それは最後にくっきりとわかるのですが、途中までなかなか見えてこないことです。

学生がすぐに気づくことは、相当に難しいでしょう。

ちなみに、私の名前とも微妙に関連しているので、学生はふうん…と言ってくれます。

 

もう一つは、大勢出てくる神様たち。

楽しいです。かわいいです。不思議です。

でも、すべてが監督・宮崎駿氏の空想の産物ではなく、その多くにはきちんと意味があり、オリジナル(原型)があります。

それを読み解いていくのも、授業のおもしろさ。

 

ほかにも、ほかにも…。

さて、この授業、今年はできるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください