• 231月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    あっちこっちで自分の思いを話す機会をいただきます。
    しかし、私の思い、ありすぎ。
    「加藤さんの思い、よくわかりました」とよく言われます。
    うーむ、この真意は…。

    昨日の大雪。帰ってからした玄関前の雪かき。
    今日、帰ってきたら、昼間の日差しの強いお天気のおかげで、
    家の前には、ほとんど雪の山の名残りはありませんでした。
    でも、昨日の晩、何時間もトンネル内に閉じ込められていた人は
    もっとでしょうが、一体私、雪の中で何してたんだろうって。

    大雪の中、赤い番傘のような傘さして写真をとったところ。
    名残りはあるもののこんな感じ。

    今日は外出先から直接帰ってきたので、ちょっと早めの帰宅。
    まだ開いていた八百屋さんで買った小かぶのぬか漬けが美味しいです。
    バドワイザー飲みながら。

    あ、タイトルの、苦労してない手。
    もう何年も前になりますが、初対面の年上の女性に、おそらく悪意なく、
    「あー、苦労してない手ですねー」と言われたことがあります。
    まあ、そうかもしれない。でも手荒れしてないから苦労してないって。
    本日、支離滅裂。家人帰宅までちょっと寝ますね。雪疲れ!?

  • 221月

    東京、大雪です。
    その中、今日は歩き回り、
    今まだ帰宅途中ですが、すでに10,328歩。
    すっ転んで再び肋骨や足首を折らないように、
    気をつけて帰ります。

    今日、私たちは新たなスタートの日。
    世界中の学生たちが集う小さな地球🌏、
    インターカルト日本語学校のために、
    まだまだまだまだ🏃‍♀️走ります。

    マレーシア在住のsakiさんに、
    雪の写真送ってくださーい!と頼まれて、
    たくさん撮りました。

    家に着いて、着替えて、家の前の雪かきして、
    本日終了。しめて計11,510歩なり〜⛄️

  • 191月

    歴史の重みと幅広い人脈と、とにかく色々に圧倒された荘厳な会でした。
    公益社団法人 国際日本語普及協会、AJALTの設立40周年記念祝賀会。
    創設者、西尾珪子先生に久しぶりにお目にかかれたのも感激でした。

    タイトルの「それぞれ」のもう一方はもちろん私たち。同じ年…でした。
    最近気に入っている、これ。
    「インターカルト日本語学校は次なる50年、100年に向けても
    変わることなく、いつまでもインターカルトらしく、
    自由闊達、明るく大らかに歴史を作ってまいります。」
    あちこちに書いています。自由闊達、いかにもインターカルトだと思い。

    色々が、つまりカラーがまったく違うのだけれど、
    私が世に出たこの30年の間だけでも、
    AJALTとは様々なところで接点を持たせていただいてきました。
    光栄なことだと改めて思った本日夕刻からの学士会館でのひと時でした。

  • 181月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    ここの写真。年末年始は食べ物ばかり。
    ここ数日はベランダから撮った写真の連投。

    今朝の霧。湿度100%だったそうです。
    一番の問題は髪に霧がかかって、くるくるぽあぽあになったこと。

    朝日や夕日で真っ赤に燃える日もあれば、
    霧で空どころか近くの家の屋根さえ見えない日もあるなあと、
    久しぶりに思い出しました。
    ジョージ秋山『浮浪雲』(はぐれぐも)辺の巻、
    第七章「彼岸の人」の中の渋沢先生の言葉。←漫画です。

    「思うようにならないものを思うようにしないこと。
    お天気の日はお天気の日のように。
    雨の日には雨の日のように。
    天地の通りにおやりになったらよろしい。
    そのほうが道は開けましょうなあ。」

    歳を重ね、段々私もこういう境地に、いつかそのうちなるのかも。
    岐路に立っても迷わない、基本、人に相談しない、
    (する時も実はもう決めていて、背中を押してほしいだけ)。
    色々経験しているから何が起きても動じない。
    人前で緊張しない。原動力は筋が通らないことへの怒り。

    と、自己分析してみて、あとひとっ飛び、ふたっ飛び。
    明日は晴れのち曇り。今日の15℃より少し低めの11℃だそうです。

  • 171月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    昨日の夕焼け。
    代々木のオリンピック記念青少年センターでしたお仕事の後、
    センター棟の窓から西の空を臨む。遠くに富士山(見えますか?)
    一緒にいた皆さんと「何かいいことありそう!」と騒いだのですが、
    しかし、夜の天気予報によると、これは天気が崩れる前兆だと(-。-;

    こちら、家のベランダから撮った昨日の朝焼け。
    こんなのを見ると、初日の出でなくても思わず拝んでしまいます。

    そして今朝、
    ウェブのニュースに「彩雲」というのが幸せの前兆だとありました。
    まあ何でも、幸せと思えたら幸せだなと、
    今日も前向きに、早起きしたのに遅めのスタートm(._.)m

  • 131月

    何をしたら100歳まで元気に歩けるか、筋肉貯金を蓄えられるか、
    というTVのクイズ。
    第1位「大股で歩く」、第2位「階段の上り下りをする」、・・・。
    上位3位までに入らなかった選択肢に「腕を振って歩く」。

    日本語教師の養成時代、早稲田通りの歩道で「腕振って歩くな!」
    と、知らないおじさんに怒鳴られたことを思い出しました。
    その話を学校でしたら、大先輩のnishida 先生とmizutani先生が、
    「私たちなんて「べらべら喋って歩くな!」って怒鳴られたわよ」と。
    こんな怒鳴られ光景、今でもあるのでしょうかね。

    こちら、私がいる本部の部屋を出たところから、事務局を臨む光景。
    元日にめでたく“父”になったooakuさんが、新入生たちに?何やら説明。

    一昨日から休んでいた事務局のkihara さんからは、さっき、
    インフルエンザだったという連絡がありました。皆さんお気をつけを。
    という私も、昨日の帰り、串焼き屋で久々のお客さんと呑んで帰って、
    バタンキュー💤まではいいのですが、夜中に自分の咳で目覚めました。
    ん? インフルエンザって咳が出るのか出ないのか…~_~;

    本日土曜日。話が、筋肉貯金から大きくずれました。

  • 111月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    学校のは書院で、家のは文豪でした。
    …聞いて「あ、ワープロの話ね」とピンときた人は相応のお年頃。

    私がインターカルトに入る前に新卒で勤めたのは大学で、
    そこには、それはもう上手なんてもんではないほどに達筆の
    年配の女性がいて、証書やその他対外的な正式文書は、
    すべてその方の手書きでした。
    それが、文字を簡単に打て印刷できる機械が入ってきて、・・・、
    あれは定年退職だったのだろうかと、新人だった私にはわからず。

    今朝のウェブニュースで、1985年の「新春ワープロ打ち初め式
    という記事を見て、昔のことを思い出しました。

    今、人工知能(AI)の出現で、どの仕事が残ってどれがなくなるか、
    というような話をよく聞くようになりましたが、
    どんなに必要とされる唯一無二の存在でも、
    外部環境の変化で、ころっと状況が一変する時代なのですよね。

    4年ちょっと勤めた大学で、
    最初私は教務課で、半年後に新規開設の情報処理センターに異動、
    IBM4331という大型コンピュータが導入され、その研修も受けました。
    あれから数十年、私が受けているこの間の夜の授業で、
    コンピュータ会社からビジネスソリューションの会社にシフトした
    IBMの話を聞いて、ああ、そうだったかと今さらながら。

    人だけじゃなく、会社やお店、病院や学校も、
    唯一無二の存在でい続けられるって、それは確実に不確実。
    ぼーっとしていちゃいけないってことは、確実に確実。ですよね。

  • 091月

    今日の日本語教師養成講座は、
    パフォーマンス基礎講座〜ボイストレーニング〜。
    講師の大迫先生は現役のアナウンサーで、
    教室の小窓から覗いた時、皆で声を合わせて、
    「ぱぴぷぺぽ!ぱぴぷぺぽ!」と。

    元気が服を着て授業をしている、
    そんな印象の大迫さんとの出会いは北海道。
    一昨年、異業種交流のツアーがあり、そこで初めて会い、
    あ、先生をお願いしたいなと。…縁です。

    夜は、ちょっと洒落たレストランで、
    お世話になっている会社の方と打ち合わせ&新年会&誕生会。
    会うと元気になれる、やるぞと思える、新しい発見がある、
    そんな人とのそんなひと時。

    去年の私は、はひふへほ。
    なんだかいつもせわしなく、はー!ひー!ふー!へー!ほー!
    と、息切れしながら走っていたような。

    今年はぱぴぷぺぽかなと、今日ぱぴぷぺぽを聞きながら思いました。
    なんだかちょっと楽しそうで、勢いもあって、思わぬ展開もありそうな。
    確かにまた新たなスタートの私たち。
    何も変わらないのだけれど、きっと何か変わる、いや、変えますよね。
    ふぁいと!でいくのみです^^

  • 081月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    休日は朝の7時台にも特急が走っているのだ!
    本日、成人の日で祝日ですが、一同出勤です。
    皆さん着膨れで若干きつめながら席も確保しました。
    これなら毎日休日出勤でも。…は、ないな。

    いや、それより平日朝の異常な混雑どうにかしてほしい。
    全体のバランスでダイヤを決めているのでしょうけれど、
    あれじゃあ怪我人が出て当然。
    去年秋に、満員電車で押されて肋骨折ったせいで、
    その直前に会員申し込みをしていたホットヨガの
    無料サービス期間に一度も行けず、昨日ようやく…でした。

    しかししかし、ホットヨガ+岩盤浴、
    今朝、触ると一年中冷たいお腹がぽかぽかしていてびっくり。
    脂肪燃焼の音がする〜!
    インターカルトのホットヨガ先輩諸氏、こりゃあ噂通りですね^^

    追記 なんと!×3
    通常1時間40分かかる朝の片道通勤時間、
    1時間を切る勢いで学校に向かっています😲
    知らなきゃよかった、この事実。

  • 051月

    真ん中のフェイさんからの年賀状。
    「新年あけましておめでとうございます。…。
    漢字の勉強のおかげで会社の上司の方々とメールのやりとりが
    出来たので感謝します。」

    今年5年目になる日本在住のミャンマーの方のための日本語クラス。
    毎週日曜日の夕方、教会での礼拝の後に3つのクラスで勉強する、
    老若男女の学生の皆さんから、年賀状と暑中見舞いが届きます。

    フェイさんは講座の第1期生。日本語の上達ぶり以上に、
    日本語によって広がった彼女の人生に、私たちこそ感激、感謝です。
    言葉は、人と人とをつなげ、心を豊かにし、可能性を広げ、
    夢の実現に導きます

    こちらはそのサポーターたち。
    主に留学生と短期生の学生たち担当の教務&学務の面々、
    今年も浅草寺にお参りしました。