• 0312月

    マレーシアでの留学フェアに行っている吉谷先生から、
    昔むか〜しのインターカルトの卒業生と一緒の写真が。
    1997年の高円寺校の卒業生、ロイさん!
    今、留学の仕事をしていて同じく会場に。
    それで、ブースに挨拶に来てくれたのだそうです。

    写真を見て、思い出がどどどっと蘇り、
    今日また会場で会っているAtoZの西尾さんとやりとり。
    18年前、西尾さんがマレーシアに渡る前に、
    「マレーシアの学生がいるから会ってみて」と言われて
    紹介されたのがこのロイさんで、西尾さんもびっくり。
    西尾さんが生まれて初めて話したマレーシア人だそうです!

    一緒に写真に写っている吉谷さんにとっては、
    インターカルトもなにも…まだ幼稚園生の頃の?卒業生。

    奇しくも、東京で同窓会を開催するこの日に、
    遠くマレーシアのクアラルンプールでも、縁がつながる。

    インターカルト日本語学校創立40周年の総合テーマは、
    「つなぐ つなげる」です。
    今日が幸せな一日になりますように。

    …なりますね。

    留学フェアの様子。
    右下は、マレーシアから来年4月入学予定のライアンさん。
    新しい縁ですねー。

    こちらは古い縁。一昨日日本に到着した台湾事務所の三人、
    学校を訪問して3階スタッフと共に写るの図。

  • 0112月

    同窓会の準備の合間に、
    来週から行く出張先で使う在校生のビデオ撮り、
    日本語学校の先生たちの授業参観、
    内部の定例の会議、
    開発中のe-ラーニングコンテンツに関わる諸々の連絡、
    年末調整の紙に保険の情報を書き写す、
    届いたメールに返事を書く、などなど。
    本日、外出はナシ。

    誰もがこの程度のことはしているのだと思うけれど、
    スマホのアラームに追い立てられながら、階段上ったり降りたり。
    ※おかげさまで、肋骨は繋がったので大丈夫。

    嬉しかったことは、
    明後日の同窓会のために早めに海を渡って日本に到着した卒業生たちが
    学校に顔を出してくれたこと。台湾事務所の三人娘!?も来ました。

    ということで、帰りまーす。
    日曜日の同窓会の様子、学校のFacebookでライブ動画を流すので、
    出席できない皆さん、見てみてくださいね。

  • 0112月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    JR御徒町駅から、学校に向かう道。
    今日も一日、歩いた歩いた。

    今度の日曜日の、創立40周年記念大同窓会の、
    専任教職員の事前打ち合わせが午後6時から。
    教室に一番乗りしてしまった。

    夜10時過ぎ。
    終わらない仕事をそのまま残して駅のホーム。

    帰りが遅い時は、京王線ではなく中央線で。
    国分寺駅からタクシー。
    乗る時いつも、このために働いているのだからと
    自分に言い訳。

    この時期、どこもかしこもこんなイルミネーションで、
    芸がないなと思いながら、つい撮ってしまう。

    ああ、今日も終わった終わった。
    このところ、ぐじぐじ(愚痴愚痴)言ってる自分が
    鬱陶しい。

    これ、電車の中で書こうと思っていたのに、あえなく爆睡。
    しばらくサボっていたので、今。

    お、…12月になっているではないか。

  • 2611月

    香港の卒業生から結婚式の招待状。
    12月に行きます。

    10年ちょっと前に高円寺校の学生だった彼の、
    叔母さんも従兄弟もインターカルトです。
    叔母さんは目白→早稲田→原宿校で、
    従兄弟は秋葉原。
    ああ、歴史。

  • 2411月

    連日、この話題で恐縮ですが、
    40周年記念大同窓会、参加申込みが250名を超えました。
    「日本人は予定を早く立てすぎる」というのは
    学生たちによく言われることですが、
    皆さん、ほんとにまあ、ぎりぎりになっての申し込み。

    早くても遅くても、感激に変わりはありません。
    来週の明後日。準備は着々と、ばたばたと。

    で、私たちの環境がまたちょっと変化しましたが、
    この間も書いた通り、何があってもインターカルトはインターカルト。

    今日も、笑って、困って、呆れて、怒って、走って、
    ちょっと頭使って、感心して、もうひと頑張りと気合いを入れて、
    無事、一日が終わります。はは、実は1時間半睡眠で^^

  • 2011月

    創立40周年記念大同窓会まで、あと13日。
    国内、海外の卒業生たちからの参加申し込み、
    そして海外からのビデオレターが連日届き、
    まだ始まっていないのに、涙涙涙の気分です。

    日本語学校の卒業生20,000人、
    日本語教師養成講座の修了生2,000人と、
    昔々に勤務していた皆さんと今の教職員たちの、
    ◯分の一、250人くらいが一堂に会します。

    おそらく他校さんよりずっとずっと、
    たくさんの環境の変化を経験してきた私たち。
    だからこそ、こんなに皆で繋がっているのかな、…とか。

    変化はこれからもきっとあります。
    でも、何が変わってもインターカルトはずっとインターカルト。
    皆で準備を進めながら、届くメールを見ながら、
    変わらない自信が湧いてきます。

    大同窓会、まだ申し込んでいない皆さんは、こちらから!
    (※お申し込みは、卒業生・修了生に限ります!)
    で、現在、過去、未来〜といったら渡辺真知子ですよね、ね?

  • 1911月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    いわゆる友達って、
    仕事の中では利害関係があるから、
    なかなかそれと呼べる人に出会うことは難しく、
    趣味とか遊びとか、あとは学校時代の交友関係から
    生まれるのかな、と思うと、
    今、ちょこちょことリケジョのフリして学生をしているおかげで、
    普通に「加藤さんさあ」みたいな感じで話しかけてくれる、
    今まさに企業の中堅どころで頑張ってる理系男子たちが
    友達に加わってくれて、とても新鮮な気持ちです。

    27の時の日本語教師養成講座時代も同じような気持ちで、
    修了式の挨拶で、老若男女と切磋琢磨したなんて言ったなと、
    ふと思い出しました。
    とても似た気持ちだけれど、でも違うのは、
    自分が「若」グループじゃないってところと、
    切磋琢磨にほぼ貢献してないってあたりですね。。

  • 1711月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    毎年、この時期になんだかんだで見ることになる、
    新宿南口サザンテラスのイルミネーション。
    昨日に続き、今日は日本語学校関係者とのお食事会。
    早くも「日々是忘年会」 の始まり、の様相。

    まずい。
    この調子でいったら、カロリー摂りすぎは必至。
    今日、…気休めかもしれないけれど、見回してみて、
    皆様より若干、食が細いように思えたことが、
    せめてもの救いかな。甘いかな。

  • 1611月

    17年前の高円寺校、10年前の信濃町校、それぞれで、
    私の日本語教師養成の実習の学生だったお二人が、
    その後、偶然同じ大学院の同期生になり、
    その縁で繋がった三人で、アンチエイジングのレストラン、
    ブラッセリー  ル・リール in 千駄ヶ谷。

  • 1211月

    前回ここに書いた公衆電話の話。反響が少々。
    赤、黄、緑、グレーがあると書いた私の文に対して、
    今日も、黄色と緑なんて見たことありませんよ〜!
    …という声があったので、帰りの駅で撮影して証明。
    黄色は確かに過去の産物の模様。…あったのは確かです。

    ところで、ここのところ度々ある機会。
    その一、異文化理解講座で話をする機会。
    その二、理系男子と意見交換をする機会。

    その一では、日本人に向けて、
    外国人が日本で遭遇する様々な異文化体験を通して…云々。
    日曜日の今日もそのお仕事を新宿で。

    その二では、そんなことを喋っている私が異文化体験。
    例えば、公衆電話を使ったことがない人たち。
    いや、これは文化が違うのではなく、世代の違い…でした。
    では、この間のこれは?

    私がホワイトボードに記録していく役をした時、
    乖離(かいり)の乖の字を書こうとして、
    「あれ?こんな感じでしたよね」と言うと、皆一斉にさらっと、
    「カタカナでいいですよ」。え?…で私は「カイ離」と。
    しかし私は不本意。思い出せなかった自分が悪いのだけれど。

    しかししかし、日本語教師の文化(いや本業)では、
    誰かがささっと教える。調べる。…ですよね、こういう場合。
    でも理系たちは、伝わればいい、するべきは議論を続けること。
    (日本語を生業にする者も議論は続けたい。しかし漢字は重要。)

    あ、文化が違う!とびっくりして、それを言ったら、
    は?何でそんなことで驚くわけ?カタカナでいいじゃないっすか。
    会議の議は絶対「ギ 」ですよ、と。つまり「会ギ」。
    ああ、それなら私も手帳にそう書いてるなあ。。