• 1710月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    今日は、午後から日振協の「敎育活動評価」の説明会。
    評価を受けたことがある学校の立場から話をする役があったのですが、
    その資料の準備に今朝4時まで。

    昨日の晩とか週末とかその前とか、怠けていたわけではなく、
    しなくちゃしなくちゃと思いながら、日々目の前のことに追われて。

    ぎりっぎりに始めてるのだから、ちゃちゃっと作ればいいのに、
    こだわりがあって納得できるまで…結構時間がかかります。
    私が、授業しちゃいけないなと思って、やめた理由はこれです。
    あ、私、準備不足のまま授業しちゃってるな、と気づいた時から。

    今朝の4時までした結果がどうだったかはわからないけれど、
    いつか時間ができたら授業したいなとは、時々。
    でも今は、それより何より全身がだるい。

  • 1310月

    ホームページを作ってくださっている会社から、
    創立40周年のお祝いのお花をいただきました。
    奥深い色合い、品格、華麗さ、100%私の好みで、
    さらに100倍嬉しかったです。

    写真に写っている人の中の一名が、明日から産休です。
    さて誰でしょう?…って、ダメですよね、そんな問題。
    左端のMs.tataiさん、お帰りをお待ちしてますねー。

    夜は、日本工学院さんの創立70周年記念祝賀会。
    うちより30年多い…を大きく超えた盛大なパーティー。
    5日前に97歳になられたという理事長先生の、
    ユーモア溢れるお話がとても楽しかったです。
    創設者が創立70周年を迎えるというのはギネスブック級
    …らしいです。

    さらに、理事長先生のご出身が栃木県佐野市と知り、
    え、お隣ではないですか(私は足利なので)!…と。
    突如湧き上がった親近感と共にいただいたお料理の食材、
    お肉や野菜や果物…それらが栃木県産だと聞き、
    ああ、故郷への思い、こういう表し方もあるのだ…と。

    インターカルトの70周年はどんなでしょうね。30年後。
    今、30歳の人が還暦を迎える年ですよねえ。
    私は限りなく90に近い年齢。…招待してくださいねー。

  • 1210月

    2010年にイタリアのLucca Comics and Gamesの会場で初めて会い、
    2011年にフィレンツェでのフェアのブースでお手伝いをお願いし、
    2012年にインターカルトのウィークリーコースに入学してきて、
    2013年にインターカルトの長期コースの留学生として再び来日し、
    その後、日本で就職し、日本人と結婚したジョルダーノさんが
    奥さんと娘さんと共にイタリアに帰ることになり、
    その挨拶に来てくれました。

    イタリアのルッカで初めて会った時は、意思の疏通できず、
    翌年、フィレンツェで会った時は、ジョルダーノさんが辞書を引き引き…、
    それが、インターカルトのおかげ(…も少し)と、
    社会で揉まれる中で身につけた日本語とその背景の知識と経験により、
    今日はもちろん日本語で、縁と恩の話などしてしまいました。
    また、会えます。会います。Grazie!

  • 1010月

    30数年前にイギリスの語学学校に短期遊学した時に
    ホームステイをしていたのですが、その家には同じ学校に通う
    イタリア人とスペイン人とタイ人と日本人がいました。
    そして、ある日のホストファミリーの奥さん(ランドレディ)の
    誕生日に行われたホームパーティに、私たち学生も一緒に参加…。

    夜も更け、お酒が十分にまわってきた頃にワールドカップの話に。
    その頃、タイも日本もワールドカップにはまったくの無関係、
    イギリス人とイタリア人とスペイン人が尽きることなく
    「俺の国が一番強い!」
    と言い合うのを、驚きと羨望の気持ちで眺めていました。

    そして、その流れで今度は昔の自分の国について、
    「◯◯年代には俺の国の領土はここまであった!」と。
    えー?そんなー、そんな大昔のことで言い争ってしまうわけ⁉︎
    と、そりゃもうびっくりでした。

    地続きで領土の取り合いをした歴史を持たないタイ人と日本人は、
    わからないよね、私たちにはね、と…こそっと。

    本日、2017年10月生の入学式。
    100人を超える30近い国と地域の新入生たちが入学してきました。
    ああでも、国と地域って、国際人が集う学校と自負する私たちは、
    いつの何を根拠に言うのがいいのだろうか。

    私がイギリスの語学学校を選んだ時のポイントは、
    在籍する学生の国籍の豊富さと、日本人の割合の低さでした。
    そうやって選んだ学校での勉強、アクテビティ、そして友だち、
    30年たっても失せない思い出を、なんであれ、
    今日入学してきた新入生たちにも持ってもらえたらいいな、
    嬉しいなと、とっても思った今日でした。

  • 0810月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    何本かある学校の事業の柱の中で、
    40年の歴史を背負っていない、できてまだ数年の一番の新顔が
    教育IT事業、インターカルトEdTech(エドテック)センターで、
    日本語教育からも日本語教師養成からもちょっと身を引いた今、
    私自身が最も気合いを入れている事業です。

    本当は、私がどこまでするかという話なのですが、でも、
    する以上は、自分の考え、自分の理念を持って進めたい、
    それらを持てるだけのきちんとした知識を得たい、
    勢いや行動力だけではない、学術的な裏付けがほしいと思い、
    ・・・、勉強することにしました。私が。

    この週末は、理系男子たちに混じって、脳みそこねくり回して、
    「イノベーション」について。
    イノベーションは新結合、そして創造的破壊。…うーむ_φ(・_・
    こりゃ大変!の勉学の秋は冬以降も続きます。

  • 0510月

    以前、ある大学の学生さんが論文を書くために、
    しばらくクラスに入って学生観察をしていたことがありました。
    もう10年くらい前のことなので詳しいことは覚えていないのですが、
    彼の論文(だったか、そのサマリーだったか)によると、
    入学したてのクラスでは、言葉が通じないクラスメイト同士が、
    まずはひたすら笑顔を送り合い、休み時間には、買ってきたお菓子を
    お互いに配り合っていたというのです。
    それが日にちを経るにしたがって、徐々に無駄な笑顔の交換も、
    お菓子が飛び交うこともなくなっていったというのです。

    これはつまりクラスメイト同士、人間関係が築けた結果、
    国を超えて日本語での意思疎通ができるようになったということ。
    …おそらく。
    とても興味深い観察結果で、今でも時々思い出します。

    さて、こちらは日本語教師養成講座2017年10月期生の皆さん。
    いつの代もたいていそうですが、初日は一様に緊張顔、ですよね。
    これから笑顔やお菓子の交換が始まるのかどうかは不明ですが、
    せっかく選んだこの道、
    選んだ以上は徹底的に大変な思いも嬉しい思いもして、
    半年後にほんとの笑顔で修了していってくださったらと…(祈)。

    追伸:
    私の咳は徐々に良くなってます。
    でも電車の中で咳き込んでいたら、今日も隣の人に遠い席に移動
    されてしまいました。これ、結構落ち込む。

  • 0410月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    そうだ!私は陳皮(みかんの皮)を持っていたのだ!と、
    29年前の教え子が書いてくれたFacebookのコメントを見て。
    去年の暮れに、1988年香港出身のインターカルト生たちの
    同窓会があり、その時一緒に行ったマカオで買った、
    50年物のみかんの皮!
    …が咳に効くと聞いていたのをすっかり忘れてました。

    見れば確かにみかんの皮だけれど、こんなに黒ずんじゃって。
    そりゃあ50年も前のだからって、
    自分が生まれて随分たってから干された皮だってことを考えると、
    黒ずんでこそいないものの、自分もまあこんなものなんだと、
    いやに生々しく見えるこの陳皮であります。

    本日、10,456歩 ~_~; 約5キロ!?
    なんであれ、皮をお湯に浸したのをありがたく飲んで早寝早寝。

  • 0310月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    前代未聞、空前絶後、史上最強にして最悪の咳、
    ぐげげげげげと一度出始めたら、止まりません。
    なのに。
    今日、這うようにして学校に行ったはずが、
    途中外出して、気づいてみれば10,998歩!
    …自分が愛おしいというか、可愛そうというか。

    待望のホットヨガ、府中に発見。
    11月中旬、グランドオープンとあります。
    その頃にはこのタチの悪い風邪も完治してますよねー。
    …入会予定。早く治りたいです。

  • 299月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    なぜマスクをしてまで小顔にこだわるのか、
    まったくもって不明と思ったけれど、
    してみると、顔にフィットしてなかなか良いです。

    去年は出張中に必ず体調を崩していたのに、
    今年は大丈夫そうですねーと言われ、
    いぇ〜い!と応対していたのですが、やっぱり。
    ぐぇんぐぇんという私特有の咳、体も熱い。

    7時までという近所のかかりつけのクリニック
    (いわゆるホームドクター⁉︎)に飛び込むため、
    今、大江戸線で新宿に向かっています。
    その先、京王線に乗り換えてまだまだまだまだ。

    咳、したくてしているわけではないのに(もちろん!)
    おもむろに嫌な顔をする方がいて、どうしたものやら。
    小顔マスク、唾飛ばし防止になってると思うのだけれど。

  • 279月

    昨日修了した日本語教師養成講座の皆さん。
    皆でいることがとっても嬉しく楽しそうで、
    だから昨日は、とっても名残惜しそうでした。
    羨ましいほどに。

    私は1987年の10月生なので、
    日本語教師を目指して勉強を始めてから丸30年。
    皆さんの顔を見ながら、初心忘るべからずだなと。

    なんだか最近、余計なこと(とは言わないけれど、
    本来するべきこと、することを望まれていること以外の諸々)
    に忙しく、反省すべき点大ありです。
    (と言いつつ、こういうぶっ飛んだ人間は必要だと
    思っているんですけどね。)

    なんであれ、このとっても厳しいコースを修了した皆さん、
    おめでとうございました!
    これから皆さんは何者にも打ち勝っていけるはず…。
    でも、それぞれのペースで、ふぁいと!
    大同窓会での再会を楽しみにしてますね。

Recent Posts