• 1911月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    いわゆる友達って、
    仕事の中では利害関係があるから、
    なかなかそれと呼べる人に出会うことは難しく、
    趣味とか遊びとか、あとは学校時代の交友関係から
    生まれるのかな、と思うと、
    今、ちょこちょことリケジョのフリして学生をしているおかげで、
    普通に「加藤さんさあ」みたいな感じで話しかけてくれる、
    今まさに企業の中堅どころで頑張ってる理系男子たちが
    友達に加わってくれて、とても新鮮な気持ちです。

    27の時の日本語教師養成講座時代も同じような気持ちで、
    修了式の挨拶で、老若男女と切磋琢磨したなんて言ったなと、
    ふと思い出しました。
    とても似た気持ちだけれど、でも違うのは、
    自分が「若」グループじゃないってところと、
    切磋琢磨にほぼ貢献してないってあたりですね。。

  • 1711月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    毎年、この時期になんだかんだで見ることになる、
    新宿南口サザンテラスのイルミネーション。
    昨日に続き、今日は日本語学校関係者とのお食事会。
    早くも「日々是忘年会」 の始まり、の様相。

    まずい。
    この調子でいったら、カロリー摂りすぎは必至。
    今日、…気休めかもしれないけれど、見回してみて、
    皆様より若干、食が細いように思えたことが、
    せめてもの救いかな。甘いかな。

  • 1211月

    前回ここに書いた公衆電話の話。反響が少々。
    赤、黄、緑、グレーがあると書いた私の文に対して、
    今日も、黄色と緑なんて見たことありませんよ〜!
    …という声があったので、帰りの駅で撮影して証明。
    黄色は確かに過去の産物の模様。…あったのは確かです。

    ところで、ここのところ度々ある機会。
    その一、異文化理解講座で話をする機会。
    その二、理系男子と意見交換をする機会。

    その一では、日本人に向けて、
    外国人が日本で遭遇する様々な異文化体験を通して…云々。
    日曜日の今日もそのお仕事を新宿で。

    その二では、そんなことを喋っている私が異文化体験。
    例えば、公衆電話を使ったことがない人たち。
    いや、これは文化が違うのではなく、世代の違い…でした。
    では、この間のこれは?

    私がホワイトボードに記録していく役をした時、
    乖離(かいり)の乖の字を書こうとして、
    「あれ?こんな感じでしたよね」と言うと、皆一斉にさらっと、
    「カタカナでいいですよ」。え?…で私は「カイ離」と。
    しかし私は不本意。思い出せなかった自分が悪いのだけれど。

    しかししかし、日本語教師の文化(いや本業)では、
    誰かがささっと教える。調べる。…ですよね、こういう場合。
    でも理系たちは、伝わればいい、するべきは議論を続けること。
    (日本語を生業にする者も議論は続けたい。しかし漢字は重要。)

    あ、文化が違う!とびっくりして、それを言ったら、
    は?何でそんなことで驚くわけ?カタカナでいいじゃないっすか。
    会議の議は絶対「ギ 」ですよ、と。つまり「会ギ」。
    ああ、それなら私も手帳にそう書いてるなあ。。

  • 0811月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    「公衆電話を使ったことある人いますか?」
    20代後半から30代の、
    もうちゃんと社会人である人たちに向かって発せられた質問。
    その中に混じって座っていた私は、ほぼ一人でギョッと。
    え?公衆電話を使ったことがある人?
    質問した方が、思いっきり怪訝顔だったであろう私の顔を見るので、
    「もちろん使ったことあります!」と、もちろん答えました。
    「赤も黄色も緑もグレーもみんな使ったことあります!」とは、
    皆さん、何のことやら?だと思ったので言わず。

    Eテレの子供番組で、初めてダイヤル式の黒電話を見た子が
    「どうやってかけるの?」と言っていたのは容易に理解しましたが。

    時代のスピード、凄いですねえ。
    自分が歴史と共に生きてきたことを改めて実感しました。

    時は秋。いや、昨日は立冬。なのにぽかぽか陽気。
    今年、最後から2枚目のインターカルトカレンダーは、
    暦通りにちゃんと秋っぽい絵柄です。

  • 0711月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    20代前半の頃は、
    理不尽なことがあると一人プラネタリウムに。
    宇宙の大きさを感じて気分一新して…、
    ということをよくしていて、
    次に生まれてきた時には宇宙飛行士志望なのですが、
    宇宙に関する知識はさっぱりで、
    なぜ、太陽が昇ってからも月が見えるのか、
    説明を読んでもわかったようなわからないような。

    さっき、駅に向かう途中で見たお月様。
    今は、私の肋骨を折った7:14発の急行を横目に、
    各駅停車の座席に座ってちんたら学校に向かっています。

    本質は、今、何が必要か。
    そのためにどういう技術が必要か、
    自分の脳を動かして考えること。
    と、昨日習いました。
    要は本気になることが重要、ということだそうです。
    本気だけはいつもあるのに脳がイマイチ働かないのは、
    必要性の追求が足りないからなのか。

    秋は、いや、秋も考えること満載。
    …で、夜が明けても空に残っている月は、有明の月。
    有明月も朝月も、秋の季語だそうです。

  • 0311月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    入会金無料、11月会費無料、12月会費割引きの手続き済み。
    水素水を飲む専用の水筒も購入済み。

    この近辺で最大級と謳われたホットヨガスタジオ、
    今日、無事オープンしているはずです。
    私も今日から行って、ヨガや岩盤浴をしているはずでした。

    いや、本当は今日は出張でスウェーデンにいるはずでした。
    明後日の日曜日、もし出張がなかったら、
    創立50周年のお呼ばれで九州の久留米に行くはずでした。

    はずだった。…でも、人生、思い通りにはいかないもの。
    難しい。そう、この「はず」を学生に教えるのも難しい。

    すべてをチャラにした我が肋骨は、
    咳とくしゃみと、寝る時、横になった時に痛いです。

    が、これのおかげか、ただの寝つきの良さからか、
    痛いなと思っている間に、寝入って、朝。

  • 0211月
    Categories: 海外, 雑感 Comments: 0

    日本語教師になってから今までの写真を何枚か…と言われ、
    写真の箱を漁っていて見つけました。

    1992年にジャカルタに赴任していた時に、
    美容院でインドネシアの格好とお化粧して撮った写真。

    たった1年の駐在でしたが、こんなこととかあんなこととか、
    バティック習うとか、インドネシア語の学校行くとか、
    民族料理食べ歩くとか、週末にホテルのバーのハシゴするとか、
    あちこち旅行するとか、できることはほとんど何でもしたなあと。

    これから海外に日本語を教えに行く人、あ、教えている人も、
    教案書きばかりに専念していないで、いろんなことをした方がいい。
    そんな時間ありません!と、何人もの人に言われた経験あるけれど、
    その方が学生と共通の話題ができる、学生との距離が縮まる、
    ひいては、いい教案書けるし、いい授業ができる。はず。
    これ、日本で教えている人も同様。
    メリハリつけた方が集中力も高まります。

    …以上、ぶつぶつ。

  • 2810月

    40周年記念の一環で、外の看板もリニューアル。
    昨日の晩、撮りました。
    背景の世界地図復活。今回は素材を変えたので、
    前ほど早く消えることはない…らしいです。確か。

    ところで、予定では、今頃は羽田に向かっているはず、
    今晩、フランクフルト経由でベルリンに行くはず、
    でした。が、何度も言ってる肋骨問題勃発で在日本。

    何人かの方が、神様の休みなさいという指示ではと。
    なるほどそうかもしれません。
    確かに痛くないわけではないので。でもドタキャン、
    どっちにしても迷惑かけてます。

    忙しいくせに、自ら色々首突っ込むから。
    で…、北陸先端科学技術大学院大学の博士前期課程、
    これだ!と思って受験、この秋から学生になりました。
    品川のサテライト、東京社会人コースに、
    週末や夜間にぼちぼちと、仕事に支障ない範囲で、
    …でも、している仕事の役に立てるために。
    ( ↑有言実行のため書きました (^-^; )

  • 2510月
    Categories: 雑感 Comments: 2

    昨日の朝、5:59。
    この時間に日の出!着々と冬に向かっている証拠ですねえ。
    輝く太陽に、
    「こいつぁ朝から縁起がいいわい」のはずだったのですが。

    その2時間後くらいに、
    満員電車で大量に乗ってきた人達に押されて、
    パキッて音がして、上から6番目の肋骨…折れました。

    よって、今週末からの欧州出張はMs.tamuraに一任、
    私は東京でコルセットして過ごすことに。
    ドイツとスウェーデンとスペインに行く予定でした。
    なんてこった。

    満身創痍と言われたけれど、いやあ、問題は満員電車。
    明日は、創立40周年記念公開講座です。
    「落語と安部修仁に見る『俺のバトンの渡し方』」、
    皆様、四谷区民ホールで”元気に”お待ちしております!

  • 1810月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    人に何か頼まれると、断れないのではなく、
    私なんかに頼んでくれるのはありがたいと思って、
    結果、何でも引き受けてしまい、
    結果、いつもいつもそれに追われ大変な思いを。

    今日は、そんな風に引き受けて、
    でも一応それなりに一生懸命してきたことに、
    ありがとうをいただきました。

    なんて、呑気に書いてる場合じゃあ…。
    ありがたく引き受けたあれやこれやがここにあそこに。