• 024月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    83F52325-E733-4DD8-B915-B6DA149F83D0

    コロナが起こる前、
    去年の11月に行ったマレーシアのホテルのエレベーターホール。
    こんな色合いや雰囲気、とっても好きです。

    今日は朝から、新学期の方針を決めるzoom会議。
    いろいろ決まりました。
    明日は専任教職員全員ミーティングをzoomで画面越しに。
    zoom、一躍スター。

    ところで、オンライン授業先進国アメリカの、ヒューストン、
    大学で日本語を教える養成講座修了生(と言っても昔々の)を訪ねた一昨年、
    彼女は、オンラインとオフライン(教室)の授業を並行して行っていました。
    大学からのミッションは、両者同じ水準の授業をし、結果を出すことだと。
    これって、凄いと思いました。
    あらゆる工夫を重ね、奮闘する様子を見せてもらって帰国しました。

    その彼女が、コロナ後の、世間の一般教師たちのオンラインへの移行時期に、
    「このマインドセットは、今、すごく大事なことだと思います。」
    として、サイトのリンクを貼っていました。
    彼女、tomokoさんがされていた訳を紹介します。

    ——-
    『オンラインへの移行は、レベルの低い仕事 (bad Job) をしよう』(意訳)
    今、残りの学期の全てをオンラインにするように言われている教員仲間たちへ。
    今は、レベルの低い仕事をする時です。
    あなたは、オンラインクラスを教えているのではありません。
    オンラインクラスの準備ができている学生を教えているのではありません。
    そして、あなたのクラスは、彼らの、
    そしてあなたの人生の最重要事項ではありません。
    今すぐ高い期待から解放されましょう。
    それが、あなたの学生が学ぶことを助けることにもなるのですから。
    原文はココ
    ——-

    なるほど!本当にそうだと思いました。…そして、先学期末、
    え〜!できるかしら?と言っていた私たちの先生たちもzoomで授業配信、
    ITリテラシーもしくは、IT意識が上がりました。
    しかし。
    年度末の補完の時期、彼女の言う「残りの学期」は、それも許された。
    でも、4月からの新たな気持ちで始まる新学期もそれでいいのか。いやそれは。

    終息まで、常に原点にかえって、人の意見をちゃんと聞いて、ちゃんと考える。
    いつも以上に柔軟な自分でいなくちゃと思っています。
    それが、今の私のミッション(任務、使命)。

  • 014月

    7EB0750F-5262-41A4-811C-525911F51276

    桜やチューリップが咲き、雪が降り、そして・・・の変化著しい日々に、
    昨日から、教職員原則テレワーク週間が加わりました。
    テレワークとは、ICTを利用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと、
    「tele = 離れた所」+「work = 働く」…と今さらながらの、“そうか“。

    昨日の私は原則外で、数人と共に学校へ。
    遠隔地との年度末の大事なまとめのミーティングをzoomで、そして色々。
    いつもよりかなり早く退勤して、適度に人が乗った大江戸線に揺られ、
    いつものように新宿西口で乗り換えて、地下広場を横切って。

    京王線のホームに立って電車待ちをしている時に見える、線路の向こうの柱に、
    「明けない夜はない」と書かれたポスターが(・・・3番線ホームの記憶)。
    今さらながらの常套句かもしれないけれど、でも、そう思います。

  • 283月
    Categories: JAIST Comments: 0

    170F3C35-4A35-455D-801F-B06D51343E3B

    2017年10月に入学した大学院から学位記が届きました。
    絶対に2年で修了!と思って、
    授業をとった週は、夜(10時近くまで!)と、週末は朝から品川で。
    しかし、超ウルトラ用事たくさん人間ゆえ半年延長。

    去年の秋以降の週末は、仕事でしていた教材の作成と、
    主テーマと副テーマ、二つの論文(レポート)書きを、
    交互交互交互にしていたのだけれど、
    3ヶ月前の大晦日、このまま、ほぼ寝ず状態での年越しはあり得ないと、
    「3月修了断念宣言」を指導の先生aと、ゼミ同期の男子bとe(35歳?)に
    送信。・・・しかし、頑張れ、共に修了、応援してますとおだてられ、
    豚は再び木に登りました。

    3年前、学校でEdTechセンターという教育IT事業の部門を立ち上げていて、
    日本語教育のコンテンツはいいとして、科学的な裏付けがほしい!
    と思っていたところに、仕事で知り合いの元●●省の方dがリタイアの挨拶に。
    実は私、今ここで勉強中、それがものすごく面白いんですよ〜、
    北陸先端科学技術大学院大学(通称JAIST)っていうところでね、と聞き、
    ん?科学技術? それだ!とピンときて、早速説明会に行って、受験。

    で、入ってみたら、面白いなんてもんじゃないほど、面白い。
    まず、一緒に講義を受ける皆さん、
    ほぼ全員が30から40代(時々それ以上)ほぼ理系、ほぼ大手の企業マンたち。
    授業ごとに毎回あるグループでの討論と発表の過程で聞いた話が、
    私にとってまったく知らない世界、違う価値観、それが人の数だけ。
    ああ、日本の若者、捨てたもんじゃない、いや、日本の未来は明るいぞと、
    とても嬉しい発見の連続でした。

    さらに、授業で出されるレポートのテーマのほとんどが、
    自身の業務に密接に関わる形で出されたので、興味をもって臨むことができ、
    また、とても役に立ちました。
    価値共創という考え方、様々な経営分析の方法も教えていただきました。
    副テーマ研究指導の先生eには、私のライフワークとも言える研究テーマを。

    30数年前、インターカルトの日本語教師養成講座の時代、
    小中高大通して、こんなに勉強したことはなかったと思ったのですが、
    今回の、主副テーマの最後の追い込み、週末と年末年始の集中期間は、
    もしかしたらあの時以上に脳味噌を使ったような気がします。痺れました。

    得られた縁に、もちろん終わりはなく、ありがとう!は皆さんにですが、
    上記登場の、a内平先生、b押手さん、c黄さん、d藤谷さん、e橋本先生なしに、
    この学位記はありませんでした。心から感謝です。

    違う世界を見るのは楽しい。社会経験があるから、おそらく、なお楽しく、
    得るものも多かったと、振り返って思います。
    はい、これで一応一区切りです。

    ※科学技術と言いながら、科学って何だ?、技術はPCの操作すらおぼつかない、
    さらに、言いたくないけど年齢…。本当にたくさん助けていただきました。
    ありがとうございました。

  • 243月

    おはようございます。
    乗る電車によって混み具合がかなり違います。
    今朝の区間急行は、こうしてスマホを打つのに十分なスペース。
    (もちろん、座れはしない。)

    A31C0EB8-2132-4092-9304-0B1846001C42

    土曜日の夕方の近所の交差点。
    今まさに夕暮れ時のイメージですね。
    3月末にしようといって盛り上がった桜を見る日本語ツアーは?
    オリンピック開催で、
    宿泊先の確保が難しいからサマーコースをするかしないか、
    東京大混雑だから夏休みの時期をずらそうかどうしようか、
    と、みんなで集まって話し合ったのは一体何だったのか?

    と、ぼやいても仕方ない。いつかは終わる。

    24A0CB32-C7CB-49A2-8930-062842951BBF

    買ったトイレットペーパーを持って学校に来た学生。
    少し前まで、絶対に見られなかった光景。

    あまりに先が見えなさすぎて、いたって冷静な毎日。
    でも、疲労感は…「ハンパない」。
    さて、今日も元気に。することたくさんあるので。

  • 213月

    6B3DD0C2-AC2B-4DA1-98B2-AE21A9255044

    去年の夏過ぎからずっと、
    週末はほとんどPCに向かって何か打ってます。
    “何か”の内容は色々で、仕事も個人的にしていることも。

    コロナのせいで/おかげで、海外出張や外での会議がなくなって、
    暇かといえばそんなことはまったくなく、
    知って理解して考えて話し合って決めて知らせなくちゃいけない分、
    脳味噌も身体も忙しい…感じ。

    昨日の朝、起きたらいくつかLINEが。
    その中の一つ、海外の提携校の校長先生から。

    ・・・
    こちらはずっと強制的に休校になっています。
    それでオンラインレッスンになって,なかなか大変です 。
    大変ですが,みんなの団結力を発揮でき,何よりもうれしいです。
    本当にコロナウィルスのお陰で色々なことを教えてもらって,
    貴重なことを得られました。
    きっと日本の皆さんもそうだと思います。
    ・・・

    私も同じ環境にいて、まったく同じ「感覚」と「感想」。

    コロナ騒ぎの、この怒濤の毎日が始まる直前の週末に、
    個人的なPC打ちにひと区切りつきました。
    コロナがあってもなくてもウルトラ超級クソ忙しい日々の中で、
    決めたことをやり遂げるのはいいもんだ・・・については改めて。

    BCC300EE-2DCD-49B3-81B1-93C9D7A55D56

    ここのところ、新入生にも卒業生にも言っているメッセージ。
    インターカルトのロゴ、CCCの意味。
    本当は、Cross Cultural Communicationsなんだけれど、
    Chanceはつかんで!Challengeしてね!そしたら絶対Can!

    人間の目はなぜ前についているか。
    それは前を見るため、後ろを見るためじゃないですからねー。

  • 123月

    東日本大震災9年めの昨日、東北各地に虹がかかったというニュース
    それぞれの3月11日。

    9F79EFC7-12AE-4FE0-81B9-CEA095B4B9F4

    私たちの9年前は、午後の授業中に突然きました。
    まだ日本語が十分ではないレベルの学生たちと避難した近くの公園。
    地面が動いている。このままここにいていいのか。
    隣の小学校の校庭の真ん中で、
    同じように丸くなってしゃがんでいる子供たちのそばに立つ先生に、
    「これからどうするんですかー?」と大声で聞いた。
    「親御さんが迎えに来るのを待ってるんですー」と答えてくれた。

    あ、私たちの学生には迎えに来てくれる親はいないのだ。
    私たちが決めなければいけないんだ。
    私たちは彼らの日本での生活すべてを預かっているんだと再認識させられた
    小学校の先生の声でした。

    それからの日々は本当に…だったけれど、今まだその中にいる方たちが。
    「立派にならなくていい、生きてさえいてくれれば」と、
    今朝の番組の特集で言っていた、息子さんと二人残されたお父さん。
    生きてさえいてくれれば。重いです。

    新型コロナウイルス感染拡大、WHOがパンデミックを宣言。
    人生には、自分の力では選べない岐路がある。

  • 082月
    Categories: JAIST, 雑感 Comments: 0

    8B0855F5-8722-40C1-AB11-B86377862558

    個人的にしていた勉強に一区切りつき、
    なんであれ…の達成感と安堵感。

    雪のしんしん降る庭をふすまの向こうに眺める、
    …みたいなところに骨休みに行きたいな、
    と思ったが、出かけて行くのがめんどくさいのと、
    何より、次に‘すること’がどっさり控えているのと、
    来週後半からは、雪国ならぬ、赤道方面南国行き。

    今、あのSARSのときのことを、
    いやでも思い出させる新型コロナウイルス。
    4月の新入生たちはちゃんと来るのか、
    来てもいいのか、4月入学延期の措置は?
    7月生の申請は??

    今日、別のことを指して言われた、
    パッチワークという言葉が胸に残っています。
    一枚一枚の布切れを、全魂込めて織り上げて、
    それらを縫い合わせた大きな布が私自身。
    布一枚、そこに一貫性はあるか。
    いや、そもそも、ばらばらなのがパッチワークか。

  • 241月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    80E9A0A7-2E5D-407F-BA12-504F68DED29C

    朝から味噌カツ丼を食べると、
    お昼になってもお腹が空かないもの…でした。
    しかし、食べた実績が重量に大きく貢献。

    一昨日、大阪に行って、夜、名古屋に移動、
    昨日のお昼ごろ、東京に戻ってきました。
    68430CC1-F3C3-4394-ADE4-0D143ECD1F59

    名古屋では、
    3年前アメリカ/オースティンでのSXSWという、
    EdTechのイベントに一緒に行った皆さんと^^

  • 191月

    EC393471-426C-4A48-813E-13B1C55E12B8

    今日は日曜日なのに、11,448歩も歩き、頭も少し使いました。
    帰って来てから昼寝も2時間ほど。

    駅でドカンと目に入ってきた広告。「へんげ」。
    調べたら、今年、社名を変更したIT企業らしいです。

    「変化(へんげ)」とは、人や動物、あるいは神仏が、
    本来の姿を変えて現れること。
    七変化(しちへんげ)の「へんげ」ですね。
    ヤマトナデシコ七変化♬ の「へんげ」。(小泉今日子の…)

    変化(へんか)とは違う。
    この大きな広告を見上げて、変化(へんげ)の意味を再認識して、
    自分の変化(へんげ)願望も再認識した、本日日曜日。
    七とは言わない、とりあえず一変化でも。

  • 161月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    1F0A9E9A-82F8-48CE-9CEA-874C5903006C

    これは普通のコーヒーですが。
    最近の私の流行、完全無欠コーヒー。
    シリコンバレー発、まったくもう、またそんなことやってる。
    コーヒーに無塩グラスフェッドバターとMCTオイルをいれて、
    ブレンダーで泡だてて飲む。朝はこれだけ。
    つまり、目的は減量です。(頭スッキリの効果もあるらしい。)

    かつて手を染め、一時的効果の後、元に戻った経験は、
    レコーディングダイエットと、酵素ダイエット(プチ断食)。
    今となっては懐かしいです。

    まあ、無駄な抵抗っちゃあ、無駄な抵抗なんですが、
    痩せるのが第一希望だとしても、
    コレステロールとか、中性脂肪とか、健康診断の結果表から、
    そういう聞きたくない言葉を消し去るための活動と思ったら、
    悪いことじゃないですよね。

    日経のサイトにも出てました。私の今の流行を正当化する記事
    そして、こちら、完全無欠のロックンローラー。
    もう40年前?

Recent Posts