• 0212月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    53654EC9-0BE1-4416-AFA2-2E533397CA87

    一昨年、セミナーで行った福島県須賀川市の車中から撮った写真。
    須賀川は円谷プロダクションを創設した円谷英二氏の生まれ故郷、
    ということで、ウルトラマンや怪獣が道端のあちこちにいました。

    最近の私はウルトラマンのごとく、しゅわっちではなく、
    しばしばエネルギー切れの赤ランプぴこぴこ。
    私もちょっとウルトラの星にひとっ飛び、といきたいもんだ。

    前は、ドラえもんのどこでもドアがほしかったけれど、
    今、必ずしも移動しなくてもこと足りる、というか十分OKという
    時代になったのは、本当にとてもありがたいことです。
    これ、新しい当たり前ですねー。

  • 0112月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    10B48CE2-7834-4476-A01E-7966801EF1A9

    この間の日曜日に行ったヨーロッパ。
    じゃないのは左の端に「止まれ」が映っているからわかりますね。
    高田馬場にこんなのが!…結婚式場らしいです。

    結婚式は昔々の37年前、
    巫女さんに注いでもらう前に相手の残りを飲み干した三三九度。
    お色直しの退場、相手を従えて前を歩いた。・・・。

    巣篭もりのうちに来賜う師走かな

    今日から12月。思わず俳句みたいなのが口をついて出てきて、
    そうだ!ここで紹介しようと思いました。詩人、阿蘇豊さん。
    東京、台湾、マレーシア、ベトナムで日本語教師をした後、
    今は、故郷の山形県酒田市在住、オンラインで日本語を教えている
    旧知の阿蘇さんが、高山樗牛賞を受賞されたそうです。
    「長いことやっていると、いいことあるんですね」ご本人の弁。
    こんな今年だからなおさらいいニュース。おめでとうございます!

  • 2911月

    4B5511BA-E23F-4174-BFBB-4B04789F5343

    ゾウは大きいです。
    ネズミは小さいです。
    ・・・って言えますか?と聞かれたとき、
    ん?何聞かれてるの?って思いました。

    ゾウは大きい? でも、恐竜よりは小さい。おそらく。
    ネズミは小さい? でも、バッタより大きい。
    ・・・って、そういうことで、
    ただネズミの絵や写真を見せて、
    「ネズミは小さいです」と言って「小さい」を教えるの、
    それ違うでしょ、ということでした。

    なるほど!と、こういうことから始まった私の今。
    日本語教師は多文化共生社会の要、
    と最近はそんな主張をたくさんしているんですが、
    日本語教師の魅力はまず、言葉のおもしろさとの共生、
    と思っていると、一応ここで言っておこうかなと。

    Aウディさん、Bウさん、登場いただきすみません。

  • 2711月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    9CE66806-F3E4-4C52-8F58-3065F3C1B660

    まあ、今年はいろんな意味で、
    踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂、なんだけれど、
    あちこちの人と会ったり、会わなかったりしながら、
    話すと、どこも皆さんで。。
    しかし、同病相憐れむ、ではなく、同病相励ます。
    fight一発で (^.^)v

  • 2611月
    Categories: 海外, 雑感 Comments: 0

    去年の今日は、朝10時にインドネシアのバンドンを発ち、
    お昼過ぎにシンガポールに着いて、一仕事して、
    マレーシアのジョホールバルに移動。
    夕方から留学説明会。そして、ATOZの皆さんとお疲れ様会。

    46BF382D-8BC4-42CF-83D0-109C4EBBD3B7

    ああ、嘘みたい。

    D78F550A-CE81-4716-B3D5-799B9D8F4622

    いつも書いてる、私が唯一信じてる占い。
    「あんまり敏感になりすぎないで大丈夫です」ってありました。

    来年の今日また、ああ、嘘みたいって言っていたい。
    今年のような今日。
    写真は、京都大原三千院〜♬ らしい。うちのカメラマン撮影。

  • 2511月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    312CFFD7-ABEB-48F4-859A-0F6D25F22A02

    明日もう三の酉。
    実はほとんど、どの酉の市にも行かないのだけれど、
    今年は、しない、できない、「〜ない」が多すぎて。

    NOと言うのがいやなので、色々引き受けてしまいます。
    〜について書いてくださいというのを、土日土日にしていて、
    ようやくできたのだけれど、
    タイトルは英語でもつけてというの、これ、本当に困ります。

    生活者としての外国人のための日本語教育、その第一歩は、
    困難にぶつかったとき、助けてくれる人を見つける能力、
    と、講座で言ってる自分がそれしてギリギリセーフ。

    できないと言えるとか、弱音を吐けるって、
    それも一つの能力なのかもしれないって考えると楽かも。

  • 2411月

    コロナ禍で「我慢の三連休」と言われたこの週末、
    私は模範国民、一歩も外に出ずに過ごしました。

    43E66C92-9E66-44F6-B45F-DB2908D79FE2

    初日の土曜日は、PC2台仕立てて。
    生活者と海外赴任の日本語教師研修、文化庁の事業は
    来年3月までこんな具合に忙しい。…不亦楽乎。
    それもまた楽しからずや、ということで。

  • 2311月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    昨日の夜の地震、巨大な警報音にびっくりして、
    震源と画面に出た福島(茨城だったらしいけど)の知り合い、
    というか、一人は友だち、一人は同じ仕事の仲良しに、
    大丈夫?とLINEしたら、前者、中学のときからの友だちから、
    干し柿を送ってもらえることに話が発展。得した。
    これ、干す前だそうです。

    B3A0AC07-8716-46A3-9A67-D1E617DC9AC9

    何より好きなぶにゅぶにゅの柿は実家から届きました。
    美味(^o^)v

    92ED993A-4B72-4AF2-B21A-D1DEE1DE3F55

    なんだかんだで今年は、ものすごく柿を食べてます。

  • 1411月

    大江戸線の新御徒町駅から学校に行くのに通る佐竹商店街。
    12年前に校舎移転してきたときにあった古いお店が姿を消し、
    その代わりにできるマンションやB&Bらしき建物。

    今、ブルドーザーが入って取り壊し中のところは、
    元「ふしぎどう」という不思議な洋品店。
    ワンピースでもジャケットでもほとんどが百円台でした。

    FF6FDCE4-0B10-4E81-A99A-ACD615FABBC6 7AB4ECC0-BD66-48AC-BF92-FC8A23DF6998

    商店街でお店を守るのはおじいちゃん、おばあちゃんで、
    あんなに見かけていた外国人観光客の姿はなくなりました。
    前者は重大問題。後者はコロナによる一過性の現象、たぶん。

    7BE50D59-F4FB-46E6-A1AB-71781BB3EC48 5DBFA789-7E11-4C9D-BAE2-07B98F0DCD4F

    商店街を途中で抜けて脇の道に入った突きあたりにある
    疫病終息祈願の旗を掲げる秋葉神社で、手を合わせ、
    少し行くと、火の用心。
    毎朝6時20分、年中無休のラジオ体操会場という公園。
    今も毎日??…その時間に通らないからわかりません。

    今日の土曜日は、呑気に写真を撮りながら学校に行って、
    文化庁の生活者としての外国人に対する初任教師プログラム、
    その普及事業の講座をして帰ってきました。
    (先週しに行ったのは海外赴任者研修。二週続けての出番。)

    受講生は全国各地、一部海外からも総勢140名。
    皆さんの顔が写る大きなモニターに向かってする授業、
    私、おそらく完全に慣れました。前と楽しさ変わりません。

    東京の教室に集まることが大前提だった以前の講座では
    絶対に顔を合わせることができなかった皆さんと、
    ごくごく自然にやりとりできるようになったのは、
    テクノロジーの発達、時代の大きな変化で、
    コロナによる一過性の現象ではないです。これ、確定事項。

    今までしてきたことの大転換と、これからへの新たな大展開。
    転換と展開。できるか否かで未来が確実に違ってきますよね。

    佐竹商店街は、これはもう、時の流れに身をまかせ…♫

  • 0111月

    IMG_6818

    スマホの中にあった、去年の9月に大阪で撮った私の影。
    コロナのせいで写真を撮る機会が大幅に減り、いよいよ過去の影まで。
    一年の三分の一くらい海外に行っていた頃があった…なんて、嘘みたいです。

    でも、私たちのまわりは少しずつ動き始めています。
    4月に来るはずだった新入生たち(の一部)が来日、
    フランス、台湾、スイス、ロシア、中国、韓国、ベルギー、タイ、香港の皆、
    同じ宿泊先(の個室)でちゃんと2週間の隔離、待機中の模様。

    去年の今日は、久留米ゼミナールのセミナーとmpiのフォーラムのために福岡、
    戻って8日から台湾、戻って22日からインドネシア、シンガポール、マレーシア。

    その隙間の週末は修論の追い上げ。その都度都度に買った本が目の前の本棚に。
    イノベーションのジレンマ、「グローバル人材」再考、反共感論、言葉とは何か、
    多文化世界、未来を創ることばの教育をめざして、組織開発の探究・・・等々。
    脈略ありやなしや。

    来年の今頃は、影じゃあなく、しっかり足跡を写せたら。
    コロナ禍に進めているあれやこれやの。