• 219月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    私…なんてタフな!と思うより先に、
    やっぱり、さすがに疲れました。

    昨日の今頃はまだジャカルタの空港に向かう渋滞の中。

    空港ターミナルの新築で近々なくなってしまうであろう、
    昔のまんまのこの空港を出発して、シンガポール経由、
    今朝8時に成田に着きました。
    で、そこから家のある多摩地方までがまた遠い遠い。

    自宅にタッチして(シャワー浴びて)、銀座線方面に戻り、
    1時から5時まで会議。今、帰りの電車です。ふーーーっ。

    ということで、無事帰国しています。

  • 149月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    還暦を過ぎ、趣味に料理を加えた夫が、
    日々レパートリーを広げ腕を上げる中で、
    私の料理をするという仕事の負担は減り、
    和洋中印その他調味料は次々と増え、
    この度、新しい中華鍋と一緒に、
    それを洗うための「亀の子たわし」が
    突然、台所に現れました。

  • 139月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    今年の5月に行ったヒューストンのInoueさんちの
    愛息manato君の蔵書。
    この頃ちょっと絵本づいてますね、私。
    西野亮廣さんに続き、今日はヨシタケシンスケさん。
    で、ヨシタケさんの作品はmanato君の愛読書でした。

    ヨシタケさんの最新作は 『つまんない つまんない』だそうで、
    私も子供の頃はよく「つまんない」と言っていて、
    それを言うと祖母は、
    「爪(つま)がなければ踵(かかと)で歩きなさい」と必ず。

    ちなみに祖母の娘である私の母は
    (これは何度か書いた記憶がありますが)
    「どうせ片付けたってすぐに散らかるのだから」と言う私に、
    「だったら、どうせお腹が空くのだから食べるのやめなさい」
    と。揃ってそういう論理で攻めてくる祖母と母でした。
    (あ、母は健在です。超…健在。)

    そういえば、もうかれこれ何年も、
    つまんないって言っていないし、思ってもいないなあ…と。
    それはとっても幸せなことなのだけれど、
    つまりはとっても変化のある毎日ということで、
    これは結構、とっても疲れるということでもあるのです。

    manato本右端の『かんがえるカエルくん』は、
    この仕事を始めてから知り合ったフランスの方が大好きだった絵本。
    これも良い本。
    ちゃんとじっくり考える時間を持つことが私の課題なのです。
    わかってる。

  • 119月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    今日があと40分で終わるという時間に、
    禁断のモナカアイス。
    どうしても食べたくて、
    帰り道のコンビニで買ってしまったのだから、
    食べるしかない。・・・食べました。

  • 099月

    スシ、テンプラはもちろん、アイキドー、ボンサイ、ツナミ、ヤクザ!?、
    などなど、今、世界で通じると言われる「元日本語(現日本語)」ですが、
    カイゴ(介護)もその仲間入りをするということでしょうか、
    いや、もうしてる?

    9月1日から、外国人の在留資格に「介護」が新設されました。
    対象は留学生として入国し、日本の介護福祉士養成施設で2年以上学び、
    介護福祉士の国家資格を取得した人。在留期間は最長5年、
    問題なければ無制限に更新できる。母国から配偶者や子供も呼べる。
    11月にはさらに仕組みが拡大され、外国人技能実習生の働く場として
    介護が加わる予定とのこと。

    人手不足の解消が目的であることは明らか。
    そして、そこで起こると予想される諸々の問題、思うところあまたですが、
    それらは色々な方があちこちで述べていらっしゃるので、別の視点から。

    たとえば、脳梗塞、くも膜下出血、認知症と診断されても、
    自立支援に向けた介護支援を受ければ、かなりの割合で、
    身体的・精神的・社会的機能の回復の可能性があると聞きました。

    自立支援に向けた介護支援の基本ケアは、
    水分、栄養、排便、運動の、パッケージとしての管理。
    倒れたから即入院または入所。上に書いたようなケアをしなかったら、
    そのまま一人では何もできない寝たきり状態につながる、
    ということだそうです。

    つまり今、人手不足と言っている介護施設にはますます入所者が集まり、
    人手不足はますます加速する、という構図。
    でも、まず自立支援に向けた介護支援をもっと普及させられたら、
    めぐりめぐって人手不足の緩和につながる。

    私はそれを支援したいと思います!

    もう20年くらい前の同じ時期に、知り合いの母君と、私の祖母、
    ちょうど同じ年頃の二人が、同じような怪我をして入院しました。
    うちの祖母は負けず嫌いで生きる気満々、
    それで、言われてもいない自主リハビリまでして完全に社会復帰。
    けれどその方の母君はそのまま寝たきり、そのうち呆けも入り…。

    これを読んでくださっている皆様、もし私にそういう事態が訪れたら、
    私を上に書いたようなことに対応している施設に送ってください。
    祖母の孫ゆえ、回復の自信ありますので。

  • 089月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    2012年に、100年前の姿に復元された東京駅。
    先週、撮りました。美しいですよね。

    古いのに新しい。威厳があるのに威張っていない。
    いつ、どこから見ても、凛としている。
    なんか、覚悟があるように見えます。素敵です✨

    月曜日にタイから帰ってきて、それからずっと、
    夜更けまで明日のための色々をして、
    終わったらまた、全く別のことのためのあれこれを
    朝までして、あっち行ってこっち行って、
    火曜日、水曜日、木曜日、金曜日。

    今日は、
    黒ニンニクと、セサミンと、QPコーワゴールドに加え、
    ユンケル黄帝液をもらったので、それも飲みました。
    どう見えているかわからないけれど、
    自分としては、凛としているように見せているつもり。
    だけど。

  • 069月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    出張に行っている間に、さつまいもから茎と葉っぱがでていました。
    来週末からまた出張。今度は花が咲いているかも。

    いやあ、休む間なくて、はーひーふーへーほーって感じ。

  • 059月
    Categories: 雑感 Comments: 0

    なんとなくぼんやりと、
    キングコングの西野亮廣さんという芸人さんが
    描いている絵本がとてもいいという話を聞いていた。
    と、申し訳ないけれど、その程度の認識だったのだけれど、
    一昨日までのタイでのEXPOで西野さんの作品展があり、
    そこで縁あり(というか運よく、というか要領よく)
    買った本にサインをいただける機会に遭遇。

    で、帰りの飛行機の中で読んでみたら、絵が美しいだけでなく、
    ストーリーが深いではないか、心にじんとくるではないかと…。

    さらにそんなところに、西野さんのブログ。
    小学生が書いた、この本の読書感想文が載っていました。
    そこから伝わってくるものは、…大元の絵本以上でした。

    西野さんのブログ→こちら「ひなた君へ」。

    ところで、この西野さんが随分と叩かれているという。
    好き嫌いはもちろんあるので、嫌いなら嫌いでもいいのだけれど、
    人のしていることの批判をしている人たち、
    それで気分がいいのか。自分が恥ずかしくないのか。
    他の芸能人や政治家のバッシングをし続けている人たちも同じ…。

    いつもは、そんな人たちのことは無視。
    今日はいい気分で、絵本のことと読書感想文のことを
    書き始めたのだけれど、こんな結末に m(._.)m
    でも、そんな人たちへのメッセージもこの絵本にあるのでは
    ないかと思って、最後に書きました。

    実は『えんとつ町のプペル』、ここで無料公開されています。

  • 248月

    忍者を祖先に持つ知り合いが何人かいます。
    その中の一人が、
    「自分は決して表には出ない。
    情報を集めて、人や物事をつないで、結果、世の中を動かす。
    そういうのが得意なのだ」と。
    なるほど、その方まさにそんな生き方です。

    私も人と人をつなぎ、物と物をつないで今日まで。
    でも、忍者との違いは、自分自身もつながって、
    そのまま表面に飛び出てしまっていることですかねー~_~;

    「つなぐ、つなげる」は、
    インターカルト日本語学校創立40周年の総合テーマです。
    すでにお伝えしている12月の大同窓会の前後に、
    公開講座、記念公演、研究大会、フォトコンテストと、
    企画している色々、まもなく詳細のお知らせをしたく。

    こちら、nisshinkyoの縁の下の力持ちの皆さん。
    あ、縁の下の縁、縁があるの縁ですね。
    (縁はえんです。緑(みどり)じゃないです、念のため。)

    なんであれ、裏があるから表がある。表があるから裏がある。
    両者揃って、これ世の中なり。ですよねー。

  • 238月

    車で通勤時間12分という人が、
    「そのおかげで、できたことって多い。」と。
    それに対して、通勤時間1時間40分の私、
    「そのせいで、できないことって多い。」。
    ちーん ~_~;

    私の毎日の旅の出発点。
    参勤交代の皆さんは、何を考えながらここを歩いたのだろう、
    などど思いながら駅に向かいます。

    否応なくかかる1時間40分。
    iPhone 6plus(大きいの)を片手で操る技を身につけて、
    満員電車の中、こうしてブログ更新したりメールの返信したり、
    あれやこれや考えながらメモしたり。

    その時々のマイブームのBGMをイヤフォン越しに聴いています。
    ここのところは、中島みゆきの「糸」と、井上陽水の「少年時代」を、
    交互にひたすら繰り返し繰り返し。

    「せいで」か「おかげで」かは、捉えよう、心の持ちようと、
    まあ、そうでも考えないと、やってられない
    (^.^)v