• 299月

    最近ずっと気になっている日本語があります。
    それは、「…てございます」。
    「このようになってございます」「こちらに用意してございます」
    「ただ今、検討してございます」「そのように書いてございます」

    「ら抜き言葉」(見れる、食べれる…)の流行が若者発だったのと違い、
    官庁やその出身者、時に企業の偉いちゃんとした方がお話になる場で
    多く散見(散聴?)されるのが厄介なところかと。

    かつて、優美で上品とされた宮中に仕える女房の言葉が、
    将軍家に仕える侍女、武家や町家の女性、そして男性へと伝わり、
    今では誰もが使う言葉(おかず、しゃもじ…)になっているように、
    言葉は生きているのだと思います。

    しかし。
    私は、ら抜き言葉も、冒頭の「…てございます」も気持ち悪い。
    言葉は生きているのだからと言わないで!市民権を与えないで!
    と、強く思ってございます、じゃなく、思っているのでございます。

    ※しかしながら、ら抜き言葉とされる「来れる(これる)」を
    我が故郷では普通に使うので(方言と呼ぶか?)、
    我が主張に矛盾ありとおっしゃる輩(御仁)もいらっしゃいます。

    F181B3F9-0B8B-45E9-A1D2-C3500FFC3931

    ところで、昨日は、学校法人長沼スクール 東京日本語学校の
    創立70周年記念講演と祝賀会にご招待いただき、渋谷に…。

    日本語教育界をまったく知らない方に、
    「日本語教育史に載る、最も歴史ある日本語学校です」
    としてきた私の説明、形容は正しかったなと終始思うひと時でした。
    今日のタイトル「日本語・日本人・日本文化」は、
    記念講演をされた近藤誠一 元文化庁長官のお話。沁みました、心に。

    そしてそして、なんとも美しく耳に届いたのは、
    長沼現理事長の「大変嬉しゅうございます」などなどの言葉遣いでした。
    「…しゅうございます」(懐かしゅうございます、美味しゅうございます)を
    他の方に違和感なく自然に使いこなせるようになりたいけれど、
    北関東で空っ風に吹かれて育ったのでね…と言い訳している私にとっては、
    さすが長沼直兄先生の末裔でいらっしゃるという思いに浸ることのできた
    ひと時でもありました。

    追記。
    調べたら、なんと!創設者 長沼直江先生は群馬県伊勢崎市出身と!
    空っ風吹く北関東の、言うなれば同郷出身でありました^^

  • 079月

    D0FE08A0-78B0-47E6-9964-C1881B1202DF

    昨日の朝、4時に起きてテレビを見たら、北海道で地震というニュース。
    台風で閉鎖した関西空港に続いて、千歳空港も全便欠航という中、
    9時の便で羽田から福岡に飛んできて、一泊して博多で迎えた朝です。

    日本列島のあちこちで、そして世界中で様々な被害に遭われている
    皆様に、まずは心からお見舞い申し上げます。

    C42D9B44-F122-436A-93BB-D6B370D288ED

    あちこちで日本語教育と日本語学校について話をする機会をいただき、
    その度に、ああ私は日本語学校に生きる人間なのだと認識します。
    ※日本語学校「で」という点の意識ではなく、
    広く、場、世界という意味合いであえて日本語学校「に」…です。

    そしてその日本語学校も全体で言えば一つの点で、
    同じく、学生たちが向かう未来への過程の中の一つの点である、
    大学との連携が、昨日の大学向けセミナーでの、
    私の担当部分のテーマの一つでした。

    議連で検討されている日本語教育推進基本法案も、
    新たな外国人人材受け入れのための新たな在留資格創設も、
    すべてが私たちと強く密接に関係することで、
    そのためにも、私たち、点である日本語学校一つ一つも含め、
    それぞれがばらばらであってはいけないのだと改めて思います。

    昨日聞かせていただいた私以外のパートで話された様々な分析の
    内容とその方法は、ああ、こういう風に考えるのだな、
    考えなくちゃいけないのだなと、とても私自身の勉強になりました。
    やっぱり、広く世界と接すること、大事ですね。
    ありがとうございました。

  • 228月

    A3AA9C65-3067-46C5-9AA5-2D45259263B2

    ある意味、大きな政治力を持つ、ある世界の改革をしてきた方に、
    「どうして政治家にならなかったんですか」と聞いたら、
    「自分の生き方に合わないから」という答え。
    生き方に合わないって、なんてかっこいい答え!と思い、
    愚かにも、軽はずみにも、その後こっそり何度か使ってみました。

    飲み会ウィーク2日目の昨日は、平均年齢70歳超えの4人グループ。
    もちろん私はその中で断然平均下げの役割でしたが、
    真に若輩者の、駆け出しの自分をこの世界で育ててくださった方たち、
    年齢の上下も、経験の長短も、学校の設置形態も、規模も、
    すべてを取っ払った勉強会でした。

    そんな中で育ててもらったおかげかどうか、
    今、世間からしばしば、きれいごとばかり言うと言われます。
    こうあるべき。これを目指す。理念はこれ。
    名誉とか栄誉とかそんなものはどうでもよく、
    かっこよく答えられなくても、
    でも、自分の生き方は貫きたいと思いながらウィーク3日目、
    今晩は平均を大きくつり上げる役目です^^ きっと。

  • 218月

    65EDE366-E076-484D-8636-773391A5A165

    大学と日本語学校の連携。
    コンソーシアムを組んだ学校仲間と大学と、
    緩やかだけれど、一歩一歩前に進む。

    東武東上線の東武練馬。
    22から23の一年間、住んだことがあるところです。
    その後、志木に12年間、川越では4年仕事をしました。

    人と人、学校と学校、
    個人的には、思い出の駅と今もつながって、
    いろんな縁を感じながらの夏休み明け初日、
    午後から夜半まででした。

  • 306月

    500億ギガバイト。
    人間の歴史が始まってから人間が作り出した情報量。
    今日人間が生み出す情報量は、昨日までの全ての情報量の50%。

    その原因は、ソーシャルメディア。
    ソーシャルメディアとは、双方向のコミュニケーション、社会的相互性。
    例えば、世界中で1分間に50万人がアクセスしているというFacebook。
    我が愛するインドネシアでは、電気が通じている家庭に住んでいる人より、
    Facebookのアカウントを持っている人の方が多いのだとか。

    昨日の早稲田大学での當作先生(カリフォルニア大学)の講演会、
    「つながる、かかわる、かわる、ソーシャルメディアと日本語教育」
    での冒頭のお話。

    梅雨だって、
    いつ始まったかわからないうちに明けてしまいましたものね。
    ぐずぐずしてはいられない。
    地に足つけて急がなくちゃと思った昨日の午後。
    主催してくださった李在鎬先生、ありがとうございました。

  • 016月

    「一週間のご無沙汰でした」は、玉置宏ですね。
    と言って、わかる人、おそらく少数。

    あっという間に金曜日。そして6月ですねー。
    忙し自慢はしたくないけれど、超超超超超。
    一週間を振り返ります。

    29日(火)は日本語教育推進議連の総会に。
    聞きながらノートはとったものの、プロにはかなわない。
    よって→こちらをどうぞ。
    私としては、会の最後に挨拶されたN会長代行、H事務局長が、
    完全に体をこちらに向けて(こちらとは日本語学校関係者席)、
    基本法成立後の日本語学校と日本語教育のこれからについて
    話してくださったこと、そのことに、今後の期待をかけたいと
    思いました。
    いろんな意味で非常に複雑な私たちなので、単純にはいかない、
    それわかります。…まず一歩踏み出したのだと信じたいです。

    その後の水木金は、会った会った会った、いろんな人に。
    話し合った、考えた、作った、中期経営計画。
    食べた、飲んだ、喋った、千駄ヶ谷、新御徒町、神楽坂で。

    めでたかった💕のは、20年以上前の養成修了生、
    ケニヤからエジプトに日本語教育の舞台を移した「Mr.個性」、
    tawaraさんがお嫁さんを連れて来てくれたこと。

    人間、伴侶によってこうも丸く穏やかに変わるのだ…を実感^^

  • 253月

    土曜日に京都に行ったのは、
    日本語教育学会の関西支部集会で、
    文化審議会国語分科会(日本語教育小委員会)がまとめた
    報告について話すためでした。
    「日本語教育人材の養成・研修の在り方について」。

    小委員会の委員、10年務めて、今年度で満期退任。
    委員任期中の最後のお仕事、
    でも、3月2日に公開されたばかりのこの報告書についての会は、
    今回、記念すべき!?本邦初!…光栄なお仕事でした。

    報告のポイントは3つ。
    ①日本語教育人材の役割・段階・活動分野ごとに求められる
    資質・能力、教育内容、モデルカリキュラムを提示
    ②日本語教師の専門性を明文化
    ③日本語教師の養成段階での教育内容として「必須の教育内容」を
    提示。そして教育実習を必須としてその指導内容を提示

    報告書が公開されているので、関係の皆様はぜひご覧ください。
    こちら

    B社の書籍販売ブース。たくさん並べてくださっていました^^

    こちら今日の桜。何かが始まる予感、だから好きな春の始まり。
    しかし、ほんとのほんとに、色々色々、次から次へとで、
    以降、桜を見上げる余裕、ない模様 (・_・;

  • 243月

    ♬あの頃の生き方を あなたは忘れないで
    あなたは私の 青春そのもの(松任谷由実)

    私が学生代表に卒業証書授与をした後、会場中で、
    クラス担任が学生一人一人に、証書を読み上げ手渡しします。
    あっちこっちでわあわあわあわあ。
    ここで会場に入って来た人は、
    おそらくまだ始まっていないと思うだろうなあと、
    その様子を見ながら思いました。厳粛<自由。

    今年は、正装と普段着(!?)に混ざって、袴や振袖姿が何人も。
    卒業生全員が一人一人壇上で一言ずつ話をし、
    教職員も全員が一人一人、ビデオメッセージに登場しました。
    ビデオのプロデューサーはMs.田栗先生。

    去年の創立40周年大同窓会には、招待されなかった在校生の彼ら、
    50周年同窓会に来てくださいね!…に皆、頷いていました。
    10年後、皆、どこでどうしているのでしょうね。まあそれは私も⁉︎

    今日はこれから京都に行きます。
    いろんなお仕事の機会をいただきありがたいです。
    が、ぎりぎりまで、ばたばたで、本当に申し訳ないです m(._.)m

  • 082月

    不本意ながら、流行の最先端B型インフルエンザにかかり、
    ほぼ回復ってあたりで、昨日は、お世話になっている
    J日本語学校の名誉理事長K先生の叙勲と学校の30周年記念の夕べ。
    じゃじゃじゃーん!帝国ホテル。
    お客様の顔触れ、国会中継やニュースで見る皆さんがたくさん。
    学校それぞれに、それぞれの歴史、有り様、顔、カラー。
    堅苦しいところの全くない、素敵な会でした。

    そして、明日から今年初の出張、
    特技は無理と無茶…を卒業して、ちょっとのんびりと、
    他のあの学校、この学校、その学校のどれでもない、
    我らのありたい姿など思い描きながら長い空の旅…の予定です。

  • 099月

    スシ、テンプラはもちろん、アイキドー、ボンサイ、ツナミ、ヤクザ!?、
    などなど、今、世界で通じると言われる「元日本語(現日本語)」ですが、
    カイゴ(介護)もその仲間入りをするということでしょうか、
    いや、もうしてる?

    9月1日から、外国人の在留資格に「介護」が新設されました。
    対象は留学生として入国し、日本の介護福祉士養成施設で2年以上学び、
    介護福祉士の国家資格を取得した人。在留期間は最長5年、
    問題なければ無制限に更新できる。母国から配偶者や子供も呼べる。
    11月にはさらに仕組みが拡大され、外国人技能実習生の働く場として
    介護が加わる予定とのこと。

    人手不足の解消が目的であることは明らか。
    そして、そこで起こると予想される諸々の問題、思うところあまたですが、
    それらは色々な方があちこちで述べていらっしゃるので、別の視点から。

    たとえば、脳梗塞、くも膜下出血、認知症と診断されても、
    自立支援に向けた介護支援を受ければ、かなりの割合で、
    身体的・精神的・社会的機能の回復の可能性があると聞きました。

    自立支援に向けた介護支援の基本ケアは、
    水分、栄養、排便、運動の、パッケージとしての管理。
    倒れたから即入院または入所。上に書いたようなケアをしなかったら、
    そのまま一人では何もできない寝たきり状態につながる、
    ということだそうです。

    つまり今、人手不足と言っている介護施設にはますます入所者が集まり、
    人手不足はますます加速する、という構図。
    でも、まず自立支援に向けた介護支援をもっと普及させられたら、
    めぐりめぐって人手不足の緩和につながる。

    私はそれを支援したいと思います!

    もう20年くらい前の同じ時期に、知り合いの母君と、私の祖母、
    ちょうど同じ年頃の二人が、同じような怪我をして入院しました。
    うちの祖母は負けず嫌いで生きる気満々、
    それで、言われてもいない自主リハビリまでして完全に社会復帰。
    けれどその方の母君はそのまま寝たきり、そのうち呆けも入り…。

    これを読んでくださっている皆様、もし私にそういう事態が訪れたら、
    私を上に書いたようなことに対応している施設に送ってください。
    祖母の孫ゆえ、回復の自信ありますので。

Recent Posts