• 197月

    11D3D69C-8857-4043-B512-1FC9E5DDC3E6

    私の記憶が間違っていなければ、2001年、
    今に続く夏の全校あげての一泊旅行を始めた年。

    その大半でお世話になっている石和温泉の旅館の、
    五百畳の大広間にだーっと並んだ学生たちの姿を見ては、
    毎年気持ちを新たにしてきました。

    E1F4C89B-C607-44F2-B657-B9321A297818

    旅行18年、学校42年。
    毎年思う、自由の中にある規律。
    私たち学校は学生たちのために在るのだという、
    当たり前のことを改めて思いながら、富士急ハイランドへ。

  • 206月

    E1DA6066-9820-450B-B8E9-768092D40158
    戦略的IOTマネジメント

    私の現在進行形の恩師の著書。
    先月、日経新聞朝刊の「やさしい経済学」に、
    「IoT時代のイノベーション」という連載をしていらした先生です。
    自分のしていることの科学的裏付けのためにと思って始めた勉強ですが、
    いやいや、そんなに甘くはなかった。なにより時間捻出問題 >_<

    183F23C7-ADEB-4623-8C2E-49A6D02371E3

    で、裏付けがほしい自分のしていることはこれです。
    インターカルトの三つ目の柱。

    ベストエフォート、最善の努力。
    理想を求めるのではなく、限られた制約の中で最善の努力を尽くす。
    何を優先して何を割り切るか。うーむ。
    あれもこれも、やりたいことが優先席に鎮座ましましている感じなのです。

    ところで、おまけ。
    写真の左下。一緒にピースしているのは、
    私の亡父の亡姉の亡息子の長男。平たく言うと私の従兄の息子。
    昨日、EDIXの会場で遭遇。ほんとびっくりしたので載せました。

    ベストエフォートについては、
    今のドタバタが収まったら冷静に考えようと思います。が、いつ?

  • 106月

    4E39A606-BBCC-4943-8BE2-7328CCD5EA1D

    縁をつなげていただきました。
    縁は、自ら進んでつなげるもの、もしくは自然に偶然につながるものと
    思ってきましたが、自分の周りの人たちがかつてつながっていたという、
    そういう縁で、自分を含むその後の人たちがつながりました。

    さかのぼること30数年前。
    今回訪ねた沖縄の学校ICLCを創設した金城先生が、
    インターカルト日本語学校の創設者、故山内理事長に縁を投げかけ、
    私の養成時代の恩師であり上司となったインターカルトの先生たちが、
    その学校の日本語教師養成講座創設期に講師として赴いて講座を担当した、
    という歴史、縁。

    それから30数年。
    この間の日振協のトップセミナーの分科会でたまたま隣の席になった
    金城先生が私に声をかけてくださり、それで再びつながった縁です。
    ああ!そういえば、私が駆け出しの教師だったころ、
    中村壽子先生や山田先生、酒入先生、中川先生が、
    沖縄に行くと言って出かけて行っていたなあと記憶がふぁあっと。

    インターカルトを作った山内理事長も、縁を投げかけていった人でした。
    日本語教育といったら水谷修先生だ!(と誰かに聞いたのだと思う)、
    訪ねて行って、日本語教師を養成する学校を作りたいのだけれどと話し、
    それで41年前に、インターカルト日本語教員養成研究所の土台が、
    水谷修先生のご指導によりできたと聞いています。

    縁を結ぶという方が美しいけれど、縁を投げかけるという、
    より主体的な行動が、新たな縁を作っていくのですね。
    そしてそうやって作られた縁は、一度途切れてもまた、
    こうやって強くつながるのだと実感した沖縄でした。

    韓国→台湾→(一日置いて)→沖縄。
    タフなのか無茶なのか、ですよね、まったく。

  • 194月

    76939D71-05A6-45FD-9661-EB33A66913BF

    昨日は、今年の4月生たちの「先輩と話す会」。
    学校中の教室が言語別の部屋に変わり、
    新入生たちはそれぞれ自分の母語の教室に行って、
    同じ言葉を話す先輩たちとあれやこれや。

    私たちは何を話しているかわからない、が、それでいい。
    つい3ヶ月前に新入生だった学生が、
    先輩の顔して参加しているのもまた、とても良い光景。

    A34161F0-372C-4027-A17F-AA5F3DAA72CA

    そして今日は、さまざまな思い出を一気に蘇らせてくれた、
    ミャンマーのレイレイさんが9年ぶりに。
    あの時があったから今がある。
    あの時があっても今がある。
    お昼に一緒に焼き肉食べられて幸せでした。

    で、あと9年後、
    私はいくつになっているかと考えるとぞっとし、
    私はどこで何しているかと考えると、それはそれで
    それなりにわくわく。
    9年前と今とそんなに変わっていないのだから、
    9年後も誰彼構わず思いを語って、夢追いかけて、
    でももういい歳だから、嫌がられてるかもしれない。
    いや、本当に~_~;

  • 094月

    F480378E-126C-46CD-AE4E-3490012AB857

    「アジア・太平洋地域 輝く女性たちの多様な生き方・働き方」
    写真の下段左から二番目は、西尾亜希子さん。
    マレーシアで、語学学校ATOZ Language Centreを経営する、
    インターカルトの日本語教師養成講座修了生。

    養成講座の、おこがましいけれど私の教え子です。
    (私、ものすごく厳しい先生だったらしい。)
    何百はいる教え子の中には、何人もの「出藍の誉れ」がいて、
    西尾さんもその中の、かなり目立つ部類の一人です。

    8E25F8AD-C7F4-4296-8F6E-697EB4BF78EE

    この西尾さんへのインタビュー記事のこの部分、
    「ロールモデル」は、この私だとお知らせをもらって、
    いやいやそんな、と思いながらも、
    結構、かなり、とても、すごく、非常に・・・。
    藍ももうひと頑張りして、青よりさらなる青を目指そうかと。

  • 064月

    最近は以前にも増して、いつ寝たかわからないほどの寝付きの良さ。
    だからiPhoneとiPadのアラームで起こされた時も、
    当然、朝という自覚あまりなく、気づいたら、あらもう今日!の毎日。

    水曜日の、香港HELLO JAPANのエディさん来校打ち合わせと会食。

    A50CF01B-CEFB-4B53-9D3D-9B9185956770

    昨日の、久留米ゼミナール理事長、学科長来校打ち合わせと、
    日本電子専門学校の理事長はじめ皆様合流してくださっての会食。

    CC174DB8-CC1B-4B6F-88AD-A89208C5A03D

    どこにでも参加して食べて食べての私。
    口に入れたものは、ただひたすら肉となり肉となり。
    ε-(´∀`; )

    ところで、若い頃からずっと、
    明日がくるのが、一年後にどうなっているのか、とても楽しみでした。
    それが、変化も刺激も挑戦もルーティン化し、
    なんとなく人生のゴールもちらちら見えてきているように思う今、
    (そういうことを言うなと皆々に言われるが)
    しかし、どどっと老け込むこともなく、
    今まで通りの自分の気分でいられるのは、
    暖かくお相手してくださる皆様のおかげなのですよねー。
    m(._.)m

  • 034月

    08433576-2DAE-46FE-A568-4131DA356282

    インフルエンザの後の大風邪の時に消えた声が、
    未だ完全に戻らぬ今、四月の寒気。
    冬物一切合切を、週末に張り切ってクリーニングに出したため、
    薄物の重ね着で寒さを凌いでおります。春よ来い早く来い。

    BB875D0D-547C-4AC6-B7CF-55E6698E7E4A

    しかし陽気に関係なく、春は春で、様々新しいことがスタート。
    その中の一つ、
    文科省「スーパーグローバル化牽引型大学」に採択されている、
    東洋大学の事業の一環で開講される、4キャンパスでの
    日本語課外講座を当校が受託、その講師たちも動き出しました。

    そして今日は、日本語学校の4月生たちが団体で来日、
    日本語教師養成講座420時間コースの開講式もありました。
    と、景気のいいことを言っているけれど、実は様々反省点あり。
    ああ本当に、「これで完璧」っていうことは簡単にはできない。

    しかししかし、
    可能性は♾(無限大)ーChallenge your limit!
    (※東洋グローバルリーダープログラムのパンフレットより)

  • 293月

    07FB42DB-3C7F-4C88-A0D9-3ED7694553D7

    この春開講の日本語教師養成講座 久留米サテライトでの
    実習担当、久留米ゼミナールの先生方がいらして、
    授業内容をはじめとする打ち合わせ。
    やっぱり、面と向かって膝付き合わせて話をすると、
    一気に距離が縮まるものですね。

    私は外で大きな会議があったため、夜の懇親会から参加。
    学校の近くの台湾料理「新竹」、今日も心落ち着く味でした。
    アルコールは、連日の呑みでさすがに体が受け付けず~_~;

    F69B6D4A-B567-4240-A05B-ECEEE8114B10

    一昨日の晩放映のWBS、ワールドビジネスサテライト。
    福祉大のことを含め、留学生を取り巻く問題を、
    冷静な目で広い視点から捉えて伝えていきたいという
    ディレクター氏の思いを信じて取材を受けました。
    今まで何度かメディアに裏切られてきたのだけれど、
    …杞憂。反対に番組制作の皆さんとの良き出会いにも。

    日本に来ることを望まない人たちが世界中に増えたら、
    日本が成り立たない。
    住みたい国、人に勧めたいと思ってもらえる国に、日本。

  • 253月

    7B53FBF5-9715-4595-BF06-FFFA9A9F3E05

    今日は日本語教師養成講座の修了式。
    前に立って挨拶をしながら、
    人生の半分以上をここインターカルトで
    過ごしていることに気づきました。

  • 243月

    467B4D94-EE09-44BD-9DBE-FED7B8221AE1

    今年の卒業式で、またこの話をしてしまいました。
    『虫のいろいろ』。ハチとノミの話。
    自分の可能性を信じて飛んでみて!自分で限界を作らないで!
    という、自分で言うのもナンですが、なんとも私らしい十八番(おはこ)。
    2007年4月2日のブログに、その筋書きを記してるのでよかったら。
    しかし、2007年といったら12年前の亥年ではないか!嗚呼 ー ー;

    もしかしたらボケたかもしれません。
    一昨日の卒業式、卒業式ともちろんわかっていたのに、
    会場の前で会った学生に、本気で「新入生?」と聞き、
    おそらく冗談を言われたと思ったその子の「いいえぇ」という答えに、
    なんと「あ、通訳ね〜」と。…で、その瞬間、あ!卒業式だ!

    他校様の卒業式の写真を見ると、
    学生の皆さん、スーツでビシッとキメているか、美しい民族衣装…
    というのと比べると、当校の場合、非常に自由度が高いです。
    それが校風と思っているのですが、
    今年は袴姿の女子が何人かいて、それも嬉しかった。時代ですね。

    下の写真は、今年の皆勤賞たち。精勤賞たちとは写真撮り忘れ。
    右上のは、私が着ていた着物の柄です。清少納言か紫式部。
    府中の伊勢丹の古着屋さんていうのか、そこで一目惚れ。
    元の持ち主は踊りを踊る人じゃないかという、お店の人の話の通り、
    一昨日の帰りに乗ったタクシーの運転手さんに、
    「お客さん、踊りの先生ですか?」と言われました。ははは。
    (着物の柄ではなく、着物着てカート引いてるのを見て…と。)

    こういうの、日本語学校の式だから着られる。
    おそらく今度の入学式で着る、濃いピンクの絞りの着物も。
    と、どうでもいい話を打ちながら、お鍋を焦がしました。まずいな。
    清少納言だったら、枕草子に気の利いたこと書くんでしょうねえ。