• 117月

    680A9F73-9725-4FF7-AA0C-C3B43DDE34ED

    喋り出すと止まらない。これ、私の悪い癖。

    小学生のころ、祖母の家に行ってはいろんな昔話を聞いた。
    毎回出てくるおんなじ思い出話がいくつかあり、
    その割合が年とともに増えていった気がする。

    計算してみたら、祖母、ちょうど今の私の年齢…のころ。
    自ら進んで自転車に乗って聞きに行った孫だからいいけれど、
    気をつけなくちゃと思う。
    次の日の朝、早い人だっているのだから。

    教え方のバイブルと思ってきた『実践手引書』を
    久しぶりに開いてみた。
    インターカルトの恩師、山田あき子先生と中村貴美子先生の著。

    第1節「伝えたいこと」。
    到達目標となる目標言語でのコミュニケーション能力というのは、
    送り手である「私」の「伝えたいこと」を言葉という媒体を通じて
    「相手(受け手)」に伝え、
    「相手(受け手)」の「伝えたいこと」を受け手である「私」が
    言葉の媒体を通じて受け、解釈/解読できる能力を言います。
    コミュニケーションは「伝えたいこと」のやりとりです。

    伝えたつもりだったのでしょうけど伝わっていなかった、という問題。
    伝えなくてもいいことまで伝えてしまう、という問題。
    喋り出したら止まらない、という問題。

    で、感染者がまたぐんぐん増えている、という問題。
    どうなるこれから。どうするこれから。

    写真は、一昨日、、久しぶりに入ったインターカルトの応接室。
    zoomでの委員会に参加しながら、ふと見たら、
    カレンダーが3月のまま。3蜜避けてずっと使っていなかったから。

  • 097月

    DA68D2BF-C062-4E63-A938-4779BD4A4169

    本当は、もうすぐ東京オリンピック、パラリンピックのはずだった。

    E6093777-64AA-4B9E-8E36-496716DCEE2D

    5年前の今日の私のキャプション。
    「今日のサマーコースのアクティビティは座禅。
    ああ私も無に…なりたい。」
    すでにもうそんなことを言っていたのだ。

    A57730E0-6F58-4714-A5D9-5FFC5AAFBF27

    一昨年はこんなことを。
    進歩してないわけじゃありませんでした。
    あれから福島にサテライトができて、今、養成講座が動いていて、

    でもやっぱり、無になる必要あるなと思いながら、
    今日も6:46発のライナーに乗って出勤。
    早起きは三文の徳、だといいなあと思う、まだ明けぬコロナの、
    三密避けの朝。

  • 296月

    0ED2F736-52C9-4408-A14E-DE78D65A87E3

    土曜日、半年ぶりに帰った足利までの車中、
    「日本語教育能力検定試験ワンポイントセミナー」を視聴。
    東北から沖縄まで60名近い方が画面上にいました。
    すごいな、オンライン。8月1日からスタートする本番、
    検定試験対策コースはすべて、オンライン配信です。

    今年の担当は、池田悠子先生と櫨佳世先生。
    池田先生は、インターカルトの日本語教師養成講座を
    30数年前に修了した大先輩です。つながる縦の糸。

    そして、横の糸。
    6月23日に2人、昨日1人、memoryになった方たち。

    3377576D-51BF-4CF5-AEAC-F6DC841ADFA6

    あの人が去った今も 私たちは生きている
    あの人が悲しまぬように 私たちはもっと笑おう
    あの人がいたときよりも もっともっともっと
    幸せになろう  by Fajar.

  • 276月

    720C161E-A2C3-424C-9BBB-F91286A0272A

    B03FDBA7-E661-4913-AA4F-038C65AF5534

    3A562728-9EF4-49B1-9E8F-5E186ACA7242

    今週は月曜日から金曜日まで全日、ノーテレワーク。
    こうやって少しずつ今までの当たり前に戻っていくのですね。
    一昨日は日本語学校長期コースの教師会で(zoomで)、
    7月からの通常授業の話、やっぱりこうやって少しずつ。

    写真は、すでに授業が始まっている日本語教師養成講座の
    フェイスシールドと、ソーシャルディスタンスの✖️マーク。
    7月から始まる日本語学校の学生たちのための、
    三密禁止、エレベーターは5階以上の人だけ…のポスター。

    私自身も徐々に元の生活に。外で食事したり、
    全国移動解禁で、この週末はお正月以来の実家です。

    一昨日、家に帰ったら、
    玄関に大きな段ボールがどかんと置いてありました。
    開けたらものすごい数のティッシュペーパーの箱!
    amazonで間違えて注文しちゃったんですね ←私が~_~;

  • 236月

    80A4193E-9240-4568-BD4A-6B32239C008C

    4月6日から毎日、zoomで専任教職員の朝礼をしています。
    今月いっぱい、私たちはまだ基本テレワーク、
    コロナ前も毎日、3階の事務局前で朝礼をしていたのだけれど、
    目尻の皺まで見えるほど、一人一人の顔が見えたわけでは
    なかったので、画面いっぱいに顔が並ぶ今の一体感、
    なかなか良いなと思っています。

    今朝は、訪問先のビルの入口フロアで朝礼に参加しようと、
    ちょっと中途半端な時間に家を出たため、新宿で空白の時間。
    コーヒー一杯飲みに入ったここ、お客さんは私一人でした。

    三歩進んで二歩下がる。
    下がった理由、なかったんじゃないか、みたいなこと、
    なくはないけど、それもまた人生。
    怖いものなしの体当たり人生は、それなりに大変、
    でもまあ、理解してくれる人がいたら素直に嬉しい。
    今日はそんな日でもありました。…zoom朝礼、あと数日。

    タイトル何にしようか考え、そこですか!ですが、そこで。

    本日、日本語教育の推進に関する法律の、
    「日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に
    推進するための基本的な方針」が閣議決定されました。

  • 226月

    D4BD4072-0787-46EE-A6AB-4229A7F23DDD

    朝一でかかってきた電話、開いたFacebook、zoom会議、
    ・・・しみじみと思い、考えることの多き今日でした。

    096516D7-6DAC-40C4-8616-0987FCA038FE

    日本語教師養成講座は、
    { とうとう やっと ついに } やってきた今日、
    外国人学生を前にしての初級実習。

    感無量。理由は二つあって、
    一つは、コロナのトンネルをくぐり抜けての今日、
    そしてもう一つは、
    東京と福島サテライト、実習の担当講師たちが、
    私の現役第一線の頃の養成講座での教え子たち。
    写真にその姿を見つけて、しみじみと、感無量。

  • 066月

    C1981417-F876-436B-80C4-FD2931F108D7

    フィクションよりノンフィクションの方が好きだな、
    と思うのは、そこに在るのが真実だから。でも、
    エッセイの方がいいなと思うのは、リアルが過ぎないから。

    今朝の日経新聞の記事の中に、茨木のり子さんの名前があり、
    そういえば、前回書いた『浮浪雲』からの引用と同じように、
    茨木のりこさんの詩もよくここに書いたなあと。
    「自分の感受性くらい」。ここにも、ここにも、ここにも。

    昨日の夕方、久しぶりに行った学校の帰り、
    あ、やってると思って久しぶりに寄った新宿のお蕎麦屋さん。
    午前中の出先からの移動でお昼ご飯を食べる時間がなく、
    空腹とは無縁の在宅勤務生活に慣らされた胃袋が、
    ど根性ガエルのTシャツのピョン吉のように、率先して店内に。

    三組しかいないお客さんの一人の質問に答える店員さんの声で、
    6月1日にお店を再開したことを知りました。

    インターカルトの日本語教師養成講座、4月生たちは、
    初日からzoomだったので、実習授業が始まった今週が初通学。
    開講3ヵ月目にして初めて会う同期に歓声が上がり、
    教室のテレビ越しに福島サテライトの同期たちとまた歓声を上げ。

    オンラインも悪くない、と事務局のMs谷口は連日連発。
    オンラインとオフライン、そのメリハリが一つのハーモニーに、
    なのかもしれませんよね。

    向田邦子と、山口瞳と、内田百閒。
    エッセイスト、と呼んでいいのかどうかわからないけれど、
    このお三方が好きです。

  • 305月

    410CD97B-F466-4C14-B96C-30E6AD08AC93

    天災は忘れた頃にやってくる。

    以下、天災以外も含む。
    新型コロナ、東日本大震災、リーマンショック、新型インフルエンザ、
    SARS、アジア通貨危機、地下鉄サリン事件、阪神淡路大震災、・・・
    学校経営に大きな影響を与えた、
    私の日本語教育史上で起こっ{た/ている}こと。

    2007年、リーマンショック直前の絶好調に乗じて、
    ウィークリーコースのための校舎を飯田橋駅前に出しました。
    しかし、当てにしていた欧米系のビジネスマンがごそっと帰国、
    内装にかけたお金をどう回収するか、と苦手な計算をしつつも、
    でも、どうにかなるんじゃないかという、得意の楽観主義的性格。

    そのとき、「すぐに引き上げなさい!」
    私の人生で、親にもあんなに怒鳴られたことないという怒号。
    90年代に私たちの経営危機を救ってくださった当時の株主、i弁護士、
    あの時に、「引く」勇気を教えていただきました。
    (が、その後も私は「押す」専門^^;)

    そして、コロナ真っ只中のつい先日、そのi弁護士から突然の電話。
    「加藤さん、インターカルトは大丈夫ですか。みんな頑張ってる?」
    大きな病気をされて少し出にくくなっている声が、
    顔と一緒に受話器から飛び出てくるかと思うような、
    好好爺の声。涙。

    いつかこんな好好婆!?になれるよう、もう一踏ん張りするしかない。
    写真は、今もう好好爺、好好婆であろう恩ある方たちと。
    2004年の株主総会後。於 明治記念館。

  • 155月

    D1AF9159-B6DB-4C78-A1CB-63F8064AC760

    加藤さんは私のジェダイマスター、と言っていただいたんですが、
    ジェダイマスターって何? え?もしかして、この人?と、ギョッ。
    スターウォーズは知っているものの、映画はほとんど見ないので。

    数年前に、ジャカルタ行きの飛行機でご一緒したこの方、
    名前はヨーダ、でしたね。教えてもらったサイトを見たら、
    マスター・ヨーダ、さまざまな名言を残しているのでした。

    その通り!と共感できたので、メモとして残しがてらご紹介します。
    (みどりさん、ありがとうございました!)

    1.覚えたことを、全て忘れるのも大切
    2.「やってみる」ではダメ。やるか、やらないか。
    3.逃げるな。挑め。
    4.忍耐強く。忍耐強く。
    5.恐怖に打ち勝つ。
    6.すべては解釈次第。
    7.知識は大切
    8.負けたら工夫する
    9.考えるな!感じろ!
    10.子供のように曇りなき心を。

    85D36492-9D4B-43A4-AB3D-9086FE38E332

    今日は、日本語教師養成講座の受講生たちと、
    日本語学校の在校生、コロナで未だ母国待機の新入生たちとの
    「こんな状況だからこそオンラインで話そう会」。

    スウェーデン、オランダ、アメリカ、メキシコ、インド、中国の学生と、
    養成講座の東京校、福島サテライトの日本人の受講生との交流会。
    途中、参加者23人が4つのブレイクアウトルームに分かれて密に話も。

    入学前の母国にいる学生たちとも、こういう風に繋がれるんだ、
    というのは発見。コロナ終息後も、したらいいですよね。
    午後のオンラインクラスがある在校生たちは、終了後クラスに行きました。

    ヨーダの教え6、すべては解釈次第。コロナも解釈次第。

  • 135月

    「こんな動画授業を作っています」というのを、
    アメリカから送ってくださった方がいて、
    これ、いわゆる日本語の授業の動画ではないんですが、
    (あ、でも言葉は日本語です^^)
    昨日と今日、二日続けて、朝、起きがけに見ました。

    構成とか、作り方とか、話し方とか、全てが勉強になります。
    でも、何より、その方の動画が成功してるなと思えたのは、
    1本20分なんですが、早送りなどすることなく20分、
    思わずじっくり、真剣に見入ってしまったからです。

    日本中、世界中の先生たちが奮闘しているのですよね、今。
    インターカルト日本語学校の先生たちも、
    zoomでの双方向の授業と、動画での授業の制作、それを日々。
    皆皆皆皆皆さんに、拍手です。

    C6B4B659-EB12-4BDB-B93D-51399FDAFEF1 1F23A81E-E5E9-4208-AF3A-60A1194BCA8D

    インドネシアの姉妹校、Jakarta Communication Club、
    JCCの「Weekly Report」の真ん中右側の
    「Conversation Room」のゲスト、Next Week、
    いえもう、This Week、明日登場します。

    こういう時期のこういうお声がけ、ほんとに嬉しいです。
    Terima kasih! ありがとうございます。