« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月29日

横浜に行った甲斐

横浜での日本語ボランティア講座初日、
問題を提起する内容の演劇を見てのワークショップ、という試み。
そのファシリテーターを務めたことは、自分にとっても良い経験でした。

終了後、主催者や劇に出演したソーシャルワーカーの方たちと、飲・食・喋。
久しぶりに、外の人と楽しい時を過ごした…という感じのひと時でした。
(半内輪のような外の方たちとの交流はあるんですが。)

やっぱり外からの刺激は大事。何か新しい可能性のようなものも見えてきて、
土曜日に出掛けて行った甲斐があったというものです。お仕事ですが。

毎日、ほんとうに・・・

いろんなことがあります。
どの仕事でもそうだろうと思いますが、人を相手にしているこの仕事は特に、
じゃないでしょうか、ね、きっと。
あ~あ、いいね、うっ、え~、おお、・・・と、まぁ、喜怒哀楽のあいうえお。

昨日のお昼ご飯。
色々していたら3時半くらいになってしまい、食べ物にありつけるのはローソンくらい、
で、行って見ていたら、いつもは絶対に買わないカツ丼が食べたくなり。

「濃厚だし仕立てのロースカツ丼」。カツ食べて勝つぞ、ということで。
で、「体に脂肪がつきにくい サントリー黒烏龍茶」も一緒に買って飲んだけれど、
カツ丼以前からの脂肪までは落としてくれないのです・・・。

そんなこんなで、昨日もこれ書く余力なくバタンキューで、今書きました。
今日はこれから横浜、日本語ボランティア講座の第一回担当です。

2012年09月27日

先生だった頃

この間、香港に出張したsasaki先生が、
香港在住の卒業生Marianaさんから預かって、持ち帰ってくれた写真。

s-DCIM0372.jpg

うちのテレビの脇に飾りました。(上の人形はうちの飾り物。)

この写真は何かというと、
25年前にインターカルトの学生だった香港の卒業生たちと、
私ともう一人の当時の先生とで、25周年の会を春に香港でしたのですが、
その時に皆で行った先で撮った写真です。

これを撮ってくれたMarianaさんが、大仏と私の構図にひどく感激して、
そうしたら、彼女のご主人がこんな風に加工してくれました。

 

25年前に学生と先生だった、今年の春の皆です。

2012年09月26日

風景とか音楽とか

通り過ぎた記憶を呼び戻してくれるもの。
その時は特に意識もしていなかった普通の風景とか音楽とか。

「外国人が見た台東区」の応募作品がスライドショーで見られます。
こちら。皆の思いがこもっています。ぜひご覧を。

彼らにとっての“今”も、いつかは思い出になるのですよね。

ついでに私が日本を思い出す曲。NHKの「小さな旅」のテーマ曲。➣こちら
NHKの衛星放送で、「海外安全情報」の次、
「ようこそ先輩」と同じくらいの頻度で放送されるような気がします。

日本にいる時、そんなに見ているわけではないのに、
この曲を聞くと日本に帰りたくなる。たった数日の出張中でも。
不思議。

今日は、来年1月生の申請書類を東京入管に出しました。
来週になると、10月生たちがやってきます。
皆、まだ見ぬ、いつか「思い出」になる風景を思い描いてるのでしょうね。

2012年09月24日

Short sleeper の 性格と有名人


少ししか寝ない人。

明るく活発、楽観的、元気、好奇心旺盛、活動的、社交的。
ナポレオン、エジソン、レオナルド・ダビンチ、
野口英世、森鴎外、山岡鉄舟、・・・。

性格、合ってる、有名人、なるほど。私もショートスリーパー。
今、究極の睡魔。コーヒー飲んだけど、 絶対眠れる。

2012年09月22日

っと言う間

あっという間と書こうとして「あ」を忘れたわけではなく、
正確には、「あっという間もない間」です。

何がかというと、一週間。
年取ると時間がたつのが早くなると言うけれど、早すぎ。

もちろん、ぼーっとはしていなくて、濃い時間の連続なんですが。

昨日の金曜日も、
養成講座修了式→校内での大学フェアで挨拶→養成修了パーティー→
学校を飛び出して、→
文化庁主催の日本語教育推進会議、虎ノ門。
終了後に、会議に出席した方達と尽きない話をして、
その後、新宿で夜の8時まで用事をして、

で、昨日のうちにさらに移動して、今、お彼岸で実家に。。

2012年09月20日

第31回スピーチ大会

心地よきもの、スピーチ大会の日の帰りの電車。

私は審査員長で、スピーチの最中、
審査のみならず、発表後に一人一人の講評もしなければならず、
よって、聞きながらそのためのメモもしているのでとっても大忙し。
帰りの電車でやっと、一人のんびり感動に浸ることができるのです。

今日の出場者たち。

 1.イ ヨンジ(韓国) 「私の色」
 2.ジョ リュウ(中国) 「世界が終わるまで」
 3.サギャンポーンパーニッチ パリヤ(タイ) 「新しい経験からわかること」
 4.メーリツ シーム(エストニア) 「隅田川の花火」
 5.ゾロツヒナ ダリア(ロシア) 「「うなづく」というのは・・・」
 6.ライ シガ(台湾) 「日本に来てよかったと思うこと」
 7.エ テイギ チョー(ミャンマー) 「バイリンガル」
 8.ユ シコウ(中国) 「身の回りからの環境保護」 ★優秀賞★
 9.イン トクリュウ(中国) 「子馬は川を渡る」
10.キム インウ(韓国) 「ブランド、好きですか?」
11.チャルーングアム スパピシット(タイ) 「ゆきこさんの教え」
12.グラディセフ フョードル(ロシア) 「写真・・・芸術に触れよう」
13.ラックペッチ スィリー(タイ) 「大丈夫だよ」 ★優秀賞★
14.ホン センチ(香港) 「人生の中で友達は必要?」
15.ファン チョン フイ(ベトナム) 「日本語で困ったこと」 ★最優秀賞★

上位入賞者のスピーチは、近くYouTubeでご覧いただけるようにします。

Facebookに、出場者、聴衆の学生、来賓、審査員の面々が、、
写真やコメントを載せているのを見ては、幸せな気持ちになっています。

今日は今までにないほどたくさんの、外部のお客様が来てくださいました。
審査中にパフォーマンスをしてくださった、
東京女子大の教育実習生有志のみなさんも、どうもありがとうございました。

今日はとにかく、みんなみんなに「ありがとう」です。
みんな、一等賞★

2012年09月18日

明日はスピーチ大会

各クラスでの予選を勝ち抜いてきた精鋭たちの晴れの舞台。

s-2012-09-18-20-23-31_photo.jpg

夏の一泊旅行の大宴会と、このスピーチ大会では、
「ああ、この仕事しててよかった」と毎年毎年思います。

2012年09月17日

似て非なるもの

インターカルトのクリアファイル(上)と、観光庁VISIT JAPANのアプリの絵(下)。

さっき、友達akikoさんのFBにキティちゃんのこれを見つけ、
雷門と富士山と桜!…おっ似てる!と思った次第です。

念のため申し添えますが、
インターカルトのファイルは2009年秋に作りました。
友達の桜珠会の方が描いてくださったんですが、
ハチ公とかオタクとか結構芸が細かいので、クリックして拡大して見てください。

(キティちゃんのVist Japan with HELLO KITTYのアプリは→こちら

故事成語に言う「似て非なるもの」とは、本来、本物と偽物とを比してですが、
この似て非なるものは、両方とも本物、日本に来てくださいという気持ち。
…でも、ここのところの隣国との色々は、それをとても不安にさせますね。
本当に。。

2012年09月15日

葉は花を思い、花を葉を思う。

…と、「相思華」という大きな文字の右上に書いてあります。
花は曼珠沙華(マンジュシャゲ)。
京王線の駅構内に貼ってあった西武鉄道のポスター。

葉は花を思い、花は葉を思う。

曼珠沙華は彼岸花。
今年の秋のお彼岸は来週の水曜日、19日ですね。
暑さ寒さも彼岸まで、暑さ、そろそろ落ち着くんでしょうかねえ。

2012年09月13日

凛と

夜、文化庁の委託事業で縁のできたところが主催するコンサートに、
日本語教員養成研究所のtaniguchiさんと行きました。
「忘れないで3.11」。

コンサートには、美智子様がいらしていて、
私たちのところから遠く斜め前に座られたその凛とした御姿に、
思わず背筋が伸びる思い…。そして畏敬の念。
素敵な晩になりました。

ところで、御成婚の年に近い頃に生まれた私たちの同級生には、
「美智子」さんがたくさん。ミッチー・ブームでしたから。
あの美智子さんたち、みんな、凛と元気にしているでしょうかねえ。

凛と在りたいなと思います。でも難しいです。
気がみじっかいので…。

2012年09月12日

佐竹商店街~灯台もと暗し

昨日、取材のために学校に来てくださったA社のmurakamiさんが
facebookに載せた学校近くの佐竹商店街のノスタルジックな写真が人気で、
murakamiさんのとこと、シェアした私のとこと、合わせて75人くらいの人が、
「いいね!」を・・・。(写真→こちら

私も改めて、ものすごくいい感じの町に学校があるんだなと再認識しました。
まさに、灯台もと暗し。夜になるとこんな感じです。↙

murakamiさんの写真についたコメントにあった、
「そこからちょっと脇道に入った居酒屋「真澄」オススメだよw」の店はこれ。
「もつ焼き」のお店の隣、電気のついた二つの看板の向こう側です。

夜も9時をまわっていたので、というか、暗くなったら脇道はいつもこんな感じ。
灯台もと暗しっていうより、夜はこりゃほんとに暗いわ…ですね。
風情、あり過ぎ。

でも夜は暗いもんですからね。
東京23区にもこんなところがあるということで。
しかし、それよりなにより、学校を9時に出たら、家に着くのは10時半過ぎ。
おお ┐('~`;)┌

2012年09月11日

あり得ないもの

キュウリの冷たいスープ。

いや、冷たかろうが熱かろうが、
キュウリを水に入れて、その水飲むなんて。
(今日、お昼に買ったお弁当についてきた。。)

2012年09月10日

偶然〜今昔物語

今日の午後から夕方まで、文化庁の委員会でですが金融庁のビルにいたので、
松下金融相の訃報を帰りの電車の中で知った時はびっくりしました。

最近、こういう偶然のようなことが、自分のまわりでよくあります。
今朝も、学校の机の向こうに落とした写真を拾って、
そこに写っている人(学生と彼のお母さん)の話をしていたら、
その本人が目の前に現れてびっくり。
先週は、あることに関連する人々が次々と目の前に現れて物凄くびっくり。

とっても昔、小学校低学年の時のことなので数十年前、
日赤のような病院でも玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えていた時代に、
確かレントゲン室の前の椅子に、母と一緒に座って順番を待っていた時、
次から次へと現れては椅子に座る人のスリッパに書かれた数桁の番号の末尾が、
22だったか55だったか、とにかくみんな同じ番号のスリッパばかりが並んで、
母と二人、気味が悪いけれど可笑しかったことも思い出しました。

冒頭に書いた偶然は、お気の毒な出来事で何も申し上げられませんが、
二番目に書いた偶然、今朝の、写真に写っていた彼とお母さん、
去年、彼の国で彼に会った時、彼のお母さんもそばにいたのですが、
日本語で私と話す息子の成長した姿を見たお母さんが感激して、涙涙…。
私は、ああ自分はいい仕事してるな、と素直に思って、
そこに彼の先生として居合わせられた偶然に、私も感謝感謝だった、
ということも、芋づる式に思い出しました。

2012年09月09日

四国・九州 上陸宣言

今、セブンイレブンが四国に進出というNHKのニュースを見て、
ああ、今まで四国にはセブンイレブンがなかったのだ…と、
反対にその事実を知りました。

そういえば、四国でセブンイレブンを見なかったなと言えないのは、
最近行っていないからではなく、一度も行ったことがないからです。
…ということ、前にもここに書きましたね、確か。

四国のみならず九州にも上陸したことがなく、
今年は行くぞ!と、今年になってからのいつだったか宣言したことを
この間思い出して焦りました。今年、あともう三ヶ月余り。。

長旅は無理だから、せめてタッチだけでも。
・・・それも無理かな、どうかな。

2012年09月08日

俎板の鯉ーまないたのこいー

お昼少し前に歯医者さん。
全体の流れを今一つ把握していなかったため(前に説明を受けたと思うのだが)、
いきなり麻酔の注射をされてびっくり(もちろん注射しますよとは言われたが)。

あとは正に俎板の鯉。
一つおきに抜けた左上奥歯にブリッジをかけるため、
歯を削るための麻酔の注射だったみたいです。1時間くらいかかってぐったり。

今日の二つ目の用事は新宿で。
すでにエネルギーをかなり使ってしまっていたので、京王線は爆睡で。
しかし、もともと充電不十分なのだから、そう簡単に満杯にはならず。
麻酔もなかなか切れず、左頬と上唇と鼻の感覚がほとんどないまま。
でも、行った先でそれなりに元気に見せられるのは先天的な性格です。

今日から、ちょっと新しいことを始めました。
新しもん好きなので気分はうきうき、何を?はそのうちに。
三日坊主じゃなかったら。

2012年09月06日

眠気に負けた日

今朝、というか明け方目が覚めたら、リビングの床に寝ていました。
あとで家族(夫)に聞いたら(責めたら)、
何度起こしても起きなかったので、そのまま放置…だったとか。
(学校でそれを言ったら、起きないって子供みたいと言われた。)

で、明け方、目が覚めた時に見たiPadに届いていた写真。
1988年に、インターカルトで私が初めて教えたアメリカの学生たち、
JさんとDさんの最近の写真。当時一緒に仕事をしていたsaito先生から。

写真見てから、今度はちゃんとベッドで眠ったんですが、
そうしたら、Jさんと、Dさんと、Saito先生が、うちに突然やってきて、
寝ている私を起こして、再会を喜び合って、
三人でタクシーで帰って行ったという…夢を見てしまいました。

今日の夜は、6月末から7月にかけて行ったインドネシアで一緒になった、
N専門学校のKさんとUさんと、落語家の笑松さんと四人での打ち上げでした。
日々、充実し過ぎていて、疲れ果てて、それでうたた寝。
今晩はしないように。。寝る場所は選ばなくちゃ。

2012年09月04日

今週は長いぞ。

まだ年末は先ですが。
昔、年末に流れていた胃腸薬のCMにこんなの。
♫毎度毎度のお誘いに、いやだいやだとホホホイノホイ♪

数十年前の、私が就職したての頃のCMで、
それを見ては「ああ、私のこと」と思っていました。

今、年末でもなく20代前半でもまったくないのですが、
今週は月、火、木、金…と、連日のホホホイノホイ。ふ〜っ。

2012年09月03日

麹町、蛎殻町

夕方、麹町(こうじまち)で道に迷いました。
今日に限らず、麹町に限らず、しょっちゅう迷っているので、
わざわざ書くほどのことではないのですが。

麹町には、確か日本テレビがあって(今は移転した…?)、
子供の頃、懸賞か何かの応募で日本テレビ宛にハガキを書いたとき、
麹町の麹とは、なんと変わった字だろうと思ったものでした。

麹町で思い出したのが、蛎殻町(かきがらちょう)で、
子供の頃そう言って遊んだ「東京都日本橋区蛎殻町ぶた屋のおつねさん」。
腕をつかんで、「東京都」で指一本、「日本橋区」で指二本で腕を撫で、
(くすぐったい)、〜昔は日本橋区というのがあったのですよね、
「蠣殻町」と言いながら爪で掻き(痛い)、
「ぶた屋の」で手の甲をぶって、「おつねさん」でつねり上げる。
(これ、向田邦子も書いてますよね。)

うちの父方の祖母の名前が「つね」で、
私が生まれた時にはすでに亡くなっていなかったのですが、
これをするたびに、写真でしか知らないその顔を思い浮かべていました。

奇しくも今日は父の誕生日。
亡くなった人の年は数えるものではないと言いますが、
五十八で亡くなって、生きていれば今年は八十四でした。

先月書きませんでしたが、母は元気に喜寿を迎えました。
親がその年ですから、はぁ、私も年をとるはず。。

2012年09月02日

今日も雨宿り

今日は、日本語教室ボランティアの振り返り&学び合い講座。
文化庁が出した報告書についての第一部は私が講師だったのですが、
いつもとは違うこういう場で、得たもの、大きかったです。
受講生の皆さんからも、会の運営委員の方たちからも、
第二部でお話をされた、かつて支援を受けた側の様々な立場の方々からも。
いい機会をいただきました。

そして、帰ってきたら、今日も雨宿り。
多摩の北部には大雨洪水警報が出ていたとかで。
「バケツをひっくり返したような」という表現がぴったりの土砂降りでした。

こうやって一日一日。
そういえば今日は、♪オーシンツクツク オーシンツクツク…と聞こえる、
(晩夏から初秋に発生するセミ、)ツクツクボウシの鳴き声を聞きました。
ほんにもう、今は晩夏、そして初秋、ですねえ。

2012年09月01日

秋を告げる雨

朝起きて空を見たら、こんな空。100パーセント秋の空。

女心と秋の空(元々は男心と…だったとか)、
天高く馬(いや私)肥える秋。

お昼になんなんとする頃、いきなり雷、大豪雨。
歯医者のついでに買い物をしていた私は、しばし雨宿り。
雨宿りなんて、何年ぶり。でも、その後すうっと涼しくなりました。

明日は日曜日。でもお仕事です。
「日本語教室ボランティア 振り返り&学び合い講座」→こちら