« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月29日

GW初日、昭和の日に

世界の英語学校の中で「優良校」とされる学校リストの中に、
25年近く前に通ったイギリスの英語学校があるのを見つけました。
私がそれを言うと、それらの学校群を知る人たちが、
「あ、そこ、授業料高いんですよね。」
「あ、でも、いい学校なんですよね。」

この時、私には二つの思いがよぎりました。

まず、そこに籍を置いたことがある者として。
わずか3ヶ月しか通っていない学校なんですが、素直に嬉しかったです。
自分で選んだ学校。思わず「母校」と思いました。

次に、今の立場で。
おお、まさにそれなのだ。
質を保証するためには、それ相応の授業料設定が必要。
払った授業料以上のものを受け取ることができたら、
学生にとってそれは決して高くはないはず。
授業の内容、質、サービスの内容、質。そして思い出の量。

インターカルトが、卒業生みんなにとって、誇りであってほしいです。

100429.jpg
(成田エクスプレスは表示も放送も四ヶ国語)

さて、世は休日。
なのに私は仕事をして、夜、無事に帰国いたしました。
インターカルトのゴールデンウィークの休みはカレンダー通りなので、
明日は普通に授業があります。

業務連絡業務連絡。私は明日、少し遅れて行きます。

2010年04月28日

事業仕分け

異国で気になり、ネットで検索。

日本語能力試験は「事業規模の維持」。
私費外国人留学生等学習奨励費制度は「現状維持」。

…とありましたが、とりあえずはいいとして、
今後はどうなってゆくのでしょう。

2010年04月27日

コインロッカーに指紋・・・。

世の、一般市民に関わりのある技術も日進月歩、
おじいさんやおばあさんはついていけないだろうなあと思いますが、
自分もかなりそれに近づいているので、緊張を強いられることが度々あります。

指紋認証のコインロッカー。

100427-.jpg

操作の手順が、韓国語と英語と中国語と、少々風変わりな日本語で書かれています。
「保管するにおたり、指紋を繰り返し2回当ててくだちい。」というように。
操作はかなり複雑です。

LOCKボタンを押して、自分がかばんを入れたいロッカーのナンバーを押す。
指を読み取り部分に2回押し当てて指紋を登録する。
お金を入れる。プリントされた紙が出てくる。それを切り取ると鍵がかかる。

人と一緒だから、わいわい言いながら試してみようとするけれど、
一人だったら、重い荷物を転がして歩くのもやむを得ずと断念すると思います。
万が一荷物が出てこなくなったら、どうしましょうどころじゃありませんよね。

同じ理由で、新成田エクスプレスに設置されたダイヤルロック式の荷物置き場も・・・
利用できません。万が一降りられなかったら・・・。

文明の進化に翻弄されること、しばしば。
そして今のような状況では、外国人の気持ちが本当によくわかります。
異国で自分のしたことがないことをする時には、とても大きな勇気が必要です。

2010年04月26日

傘考

ソウルはお昼過ぎからかなり激しい雨だったのですが、
日本もそうだったようですね。

持ってきた傘がホテルに置きっぱなしだったので、折りたたみのをコンビニで購入。
今、日本なら500円が普通でしょうか。でも10000ウォン、つまり約2倍。

が、これ、直径50センチの子供用のようなチャチなのではなく、
測ってはいないけれど、おそらく堂々の65センチ。
傘はこれでなくちゃあと、値段が2倍でも、ちょっと良い買い物をしたと思っています。

2010年04月25日

異食文化

韓国では、自分が頼んだ料理のほかに、いえ、それ以上にたくさんの、
副菜(パンチャン)と呼ばれるおかずが、どどどどど~っとテーブルいっぱいに出てきます。
これら、すべて無料、お代わり自由。韓国お初の時は、本当にびっくりしました。

一方、韓国から来た学生は、
「日本人がとても質素な食事をしているので驚きました。」とよく言ったものです。
(私の元学生たちです。最近の子たちはどうなんだろう?)

お蕎麦屋さんに行って注文したら、お蕎麦しか出てこない、
かつ丼はかつ丼だけ。たくあんのお代わりをしようとしたら有料だと言われた。
「な、な、なんで~?」と。

100425.jpg
(お肉を包む葉っぱと唐辛子みたいなの、色々)

夕方、ソウルに着きました。
ホテルのロビーに、簡体字(中国大陸)の新聞が無料で置いてあったのでびっくり。
他の国のはないのに。すごいな中国。って、韓国にいるんですが、今。

2010年04月24日

生協の白石さん

昔、教師を専らの仕事にしていた頃の自分自身もそうだったのですが、
先生たちに対していつも願うのは、卒業した学生たちに、
「インターカルト日本語学校で習った先生は〇〇先生」と、
いつまでも名前を挙げてもらえるような、
望むべくはその学生にとってのナンバー1の先生になってもらうことです。

生協の白石さん、ご存じですか? ご存じ…ですよね?

生協の白石さん
4062131676

日本列島津々浦々、あまたある大学生協の中で、「白石さん」と限定される。
冒頭に書いたことは、つまりそういうことです。

日本語教員養成研究所の公開講座
今年はその「生協の白石さん」においでいただいて、
「ひとこと=プラスアルファ」というテーマでお話しいただきます。

教員養成研究所ついでに、もうひとつ。
私たちの学校は、検定対策に対して‘あっさり’を貫いてきたのですが、
今年からにわかに力を入れて、検定の「達人」と「カリスマ」ご両人に、
対策講座を担当していただくことになりました。

どうぞ皆さま、足をお運びくださいませ。

日本語教育能力試験対策講座は、こちら
生協の白石さんによる公開講座は、こちらです。

2010年04月23日

出来る 出来る 必ず出来る

訪問した先で、偶然、河内國平という刀匠の展覧会を見ました。
ご当人、河内先生とお話の機会を得、これも書いていただきました。

100423.jpg

出来る 出来る 出来る 出来る 出来る 出来る 出来る 出来る 必ず出来る

できない理由、しない口実を考えないこと。言わないこと。
やらなかったら絶対に出来ない。やるから、出来る可能性が生まれる。
出来ると思えば必ず出来る。

概ねいつも、そう信じて生きてきました。私。

「今やらねばいつできる わしがやらねばたれがやる(平櫛田中)
これも、作品集の中にあったのですが、そう思うこともしばしば。

なんであれ、朝から得した気分の一日でした。

----------
日本留学支援コミュニティ」にイタリアが加わりました。

2010年04月22日

雨の日はマッコリ

・・・と、いつだったか韓国の学生が言っていたのを思い出して、
冷蔵庫に入っていた、前に買ったマッコリ(の残り)を飲みました。
美味しいですよね。好きです。

100422--.jpg
   (韓国 海雲台ビーチ)

韓国といえば、円とウォンとのレートが大きく変動して、
たとえば、韓国からのウォンでの仕送り60,000円分が、
ある日突然、30,000円分の価値にしかならなくなった。
と、そういうことが目の前で起こりました。つい去年のこと。

先月出張に行った時、両替した10,000円は確か125,000ウォンでした。
けれど、その前に行った時は80,000ウォンにしかならなかった。
さらにその前は、10,000円はだいたい100,000ウォンと計算していた。

大手企業の日本への社員研修がちょぼちょぼと再開し始めたらしい、
というような話を聞き、早く早くと思います。

今、韓国の学生比率が33%になりました。
かつては、7割近くを占めたこともあったのですが。

世界の国の数、190余り。
今、私たちの学校にいる学生たちの国は、その約6分の1です。
リーマンショックのおかげで、均衡のとれた国籍の割合になれました。
(前向き。)

ああ、雨の日はマッコリと、それからパジョンだと聞いたのでした。
パジョンはうちの冷蔵庫にはなく、冷たい雨の音を聞きながらマッコリ・・・。

※パジョンは、韓国のお好み焼きみたいなものです。
※マッコリは、韓国のどぶろくです。

2010年04月21日

着物 キモノ Kimono

“The kimono is a Japanese traditional garment worn by women, men and children.”
(「Wikipedia」英語版)

私はs.katoですが、k.sato先生がこの春から着物で授業をしています。
いいですよね“日本”。雨の日も着物で来ていました。偉い。
私も、今年の式典は着物でと、卒業式に着て、
入学式にも、当日の朝、家で着かけたのですがタイムオーバーで断念。
着付けはやっぱり、練習に練習を重ねることですね。まだまだ修業が足りず。

100421.jpg

今しているタイの遊学コースの学生たちの晴れ姿です。
ここには載せませんが、学校の写真のフォルダーの中を見たら、
畳の上で品を作って…要は色っぽい斜め座りの写真なんかもありました。
どこの国の学生たちの着付けも、写真合戦。本当に楽しそうです。

去年の秋、香港での浴衣の着付け&盆踊り指導、
イタリアでのゲーム&コミックスフェアから、突然着物づき、
暇を見つけては、デパートの呉服屋さんやネットのサイトを見ています。

守れ、引き継げ、日本文化。かな?
毎年毎年、外国人の学生たちはとても喜んでキモノを着てくれています。

2010年04月20日

大戸屋

「ガイアの夜明け」で、タイで展開する大戸屋のことを放映していました。
大戸屋という店、日本では入ったことがない、
というより、実はまだ店の姿を見たことがない(と思っている)のですが、
タイでは2回か3回、日本の人たちと一緒に行きました。

大戸屋にしても、味千ラーメンにしても、たこ焼きの道頓堀くくるにしても、
(全部、さっきの番組に出ていたのですが)
海外での店の展開の仕方を見ていると、当たり前ですけど、
プロだなと思います。

今日のタイトル、ごく自然に大戸屋としたのだけれど、
自分のところの名前をこんな風にぽんとつけてもらえるのだって、
似たような店はあまたあるわけで、それだけでも大したもんですよね。

偉いぞ、大戸屋。

100420.jpg

海外展開せず、杉並区に一軒あるだけだけれど(おそらく)、
高円寺校の隣の隣にあった「きびや」も偉大でした。・・・よねえ?

2010年04月19日

3Dテレビは寝転んで見てはいけない。

・・・ということが、
3Dテレビを普及する団体のガイドラインに書いてあるそうです。
(3Dとは三次元、3Dテレビは立体映像が見られるテレビのことです。)

100419.jpg

ほんと、書くこと全然思いつかなくて、
写真も、目の前にあった家の私のコースターを携帯で撮りました。

3Dじゃなく、ただホットカーペットに寝転がってるだけなんですが、
ここのところ、それで何時間か寝ちゃって、おそらくそれが原因で腰が…、
これがかなり痛いことにさっき気づきました。

今日は、午前中は学校で会議。
午後は日振協で日本語学校教育研究大会委員会。で、一日終わり。

・・・3Dテレビ、週内に国内販売開始だそうですね。
買いませんが。

2010年04月18日

日本留学支援コミュニティ

海外の提携校、提携事務所とコミュニティを作りました。

100418.jpg

今年の2月に第一回目の合同ミーティングをして、
以降、様々な活動を考えているのですが、その第一弾。
ブログを始めました。→「日本留学支援コミュニティ」。

2010年04月17日

観測史上一番遅い雪

1967年と1969年の昨日が観測史上最も遅い積雪で、昨日それに並び、
けれど、今朝もみぞれまじりの雪が降ったということで、
2010年の今日が観測史上一番遅い雪となったそうです。

・・・が、私は外に出る用事なく、
なんだかひたすら眠りに眠って、起きたのが午後4時半過ぎ。
それが原因だと思いますが、頭ががんがん痛くて頭痛薬を飲みました。

100218-.jpg
  (これは2月18日に降った雪)

ところで、私もメンバーになっている文化庁の日本語教育小委員会、
「生活者としての外国人に対する日本語教育の標準的カリキュラム案」について、
いくつかのメディアで報道されたというので、その一つをご紹介→こちら

・・・あ、頭痛は薬を飲んでかなり良くなりました。

2010年04月16日

話題のひきだし

最近、人と喋るのが仕事です。
今日は、お昼ごはんを食べる時間がありませんでした。

喋るタイプにはいくつかあって、
ひたすら自分が喋りまくるタイプと、
相手の話を引き出しながら、それに合わせて喋るタイプ。

営業トークの場合には特に、自分は後者でありたいと思っていますが、
時としてエンジンが突然かかってブレーキが効かなくなることも。
そういう時は、おそらく相手はにこにこしていても辛いと思います。
反対の立場の時、自分がそうなので。

でも、この間、喋りまくられているのにきつくなく、
10時半から、気づいたらいきなり12時だったということがありました。

部下を連れて挨拶にいらした取引先の方。喋る喋る。

介護・看護と農業を、今後外国人に依存せずに日本人が担っていく方法、
中国とアメリカと日本の、勤務時間終了の瞬間のリアクションの違い、
間違えて渡した多額のチップを受け取ったバリ島のホテルのスタッフは・・・、
駅構内の1000円の床屋と街なかの理容室の時間当たりの料金の差、
  :
あと何だったか忘れてしまいましたが、出てくる出てくる。
どうして時間を忘れてしまったかといえば、
一言、話が面白かったからです。まるで落語か漫談を聞いているかのよう。

彼は営業マンです。かなりの大手企業。で、実はかなり上の管理職。
ガンガンと機関銃の弾を浴びせて落とすのではない、
北風と太陽の太陽方式だなと思いました。気づいたらコートを脱いでいる。
おそらく私たち、次に何かあったらそこを頼ると思います。(落とされた。)

普段、1発当てるために100発撃ってはいるけれど、
「北風と太陽」から学ぶ営業法を身につけたいと思います。
そのためには、なんといっても話題のひきだしの中身の豊かさ。
上述の彼、胸ポケットの中のネタ帳にびっしり書かれた文字が見えました。
(ああ、ネタ帳ももしかしたら演出。。?)

100416.jpg
(画像をクリックすると、キャラ弁の「北風と太陽」。)

小雪もちらついたという今日も、たくさんの人に会いました。
目指せ、無敵の営業woman。

2010年04月15日

つぶやく人

ツイッター(Twitter)の登録利用者が全世界で1億577万8710人!
1日平均30万人のペースで増えている、…のだそうです。

いつだったか、国会議員が議会の最中に情報発信をしたか何だかで
話題になった時、私も登録してみました。なので、1/105,778,710。
しかし、使い方さっぱりわかりません。何がおもしろいのかも。

いつか、こういうのが生活の一部になるのかもとちらっと思いますが、
画面を眺めれば眺めるほど、それは嫌だなという気持ちになるのは、
「今」だからなのか。
いつか私も、年がら年中、携帯片手につぶやいてしまうのか。

100415.jpg

今日は、午前、午後一、午後二と、学校内や出かけて行って、
いわゆる「営業」を含め、たくさんの外の人と会いました。
機械相手にじゃなく、人を相手にしてこそコミュニケーション、
仕事の喜びみたいなのもあるし、醍醐味みたいなものも感じられるし…。

なんであれ、今日はおもしろい一日でした。

2010年04月14日

わたくし雨

今日の日経新聞に(ウェブ版で見たのですが)、
天城地方には、自分の周りだけに降る「わたくし雨」という言葉がある、
とありました。美しいですねぇ、天城は「天城越え~♪」の天城ですよね。

記事の内容は雨ではなく、わさびのフルコース。
鼻に香りがつんときて美味しそうですが、
これを読んで、すっぽんのフルコースを思い出しました。
新卒で就職した職場を退職する時、送別会は何がいいかと聞かれて、
希望しました。お刺身、唐揚げ、鍋、そして‘生き血’付き。

後にも先にも、すっぽんはあれ以降食べて(血も飲んで)いませんが、
胴上げというものも、後にも先にもあの時だけ。
同期の男子たちによって宙に…(同期女性の中で最後の退職だったので)。

100414.jpg
         怒!

と、思い出話はいいとして、わたくし雨。ではなく、わたくし寒(さむ)。
皆さん寒いのでしょうけど、私はもう腹も立てているのでもっと寒い。
明日は今日よりもさらに寒くなるのだそうですよ、加えて雨!!!

2010年04月13日

「新日本語能力試験」合格点と基準点について

どうなっているのかと問い合わせたら、こうだと言われたそうです。

1.合格点、基準点とも現段階では決まっていない。
  9月初旬(=最初の受験者に合否の通知を発送する時期)に発表の予定。
  →初めてなので、試験を行ってからでないと決められないとのこと。
  つまりN4・N5は来年になるらしい。
2.今までの試験で合格したレベルにある人(1級7割、2級6割)が合格できる
  水準にするつもりである。
3.基準点は、科目ごとに異なる可能性もある。

日本語能力試験は、日本語学習者にとって非常に権威のある試験。
なのに、何も決まっていないって、それ、ないですよね。

100413.jpg
咳を止め痰を切る「八仙果」(台湾)←本文とは関係ありません。

ところで、今日の私の服装。昨日の真冬のとは打って変わって、
ノースリーブのワンピースの上に荒い編み目のカーディガン。
体の調子、本気で狂います。

2010年04月12日

寒い。寒い。

午前中は学校で過ごして、
午後は、まず日振協と東専各との懇談会。
(東専各は、東京都専修学校各種学校協会の略。)
その後、日本語学校協同組合の理事会。

100412--.jpg
「理事会終了後」レトロ版。。

真冬に戻ったような底冷えのする寒い一日でした。
これってないんじゃない…?という気持ち。

2010年04月11日

一応「営業における信条」

お正月に、ちょっとしたものを買った実家近くのお店からDMが届き、
それにつられて、今日、ふと日帰りで実家に帰ってきました。

「1発当てるために100発撃つ」というのが信条なのですが、DMもまさにそう。
撃てば私のように当たる人がいる。でも、撃たなければ絶対に誰にも当たらない。

100411.jpg

自宅から駅に行く途中にある大國魂神社のしだれ桜。
リヤカーと竹箒とのコントラストがなかなか。春らしい暖かい一日でした。

2010年04月10日

世界地図

アメリカの世界地図はアメリカ大陸が世界の中心で、
イギリスの地図は大西洋中心でイギリスが世界の中心にある。
オーストラリアの世界地図は南北が逆で(ジョークらしいですが)、
日本の世界地図は日本が中心にあり、
世界各国、おそらくその国で作られた中心にはその国がある。

ということを、日本の世界地図を見ながら思い出しました。

100410.jpg

山崎直子さんは、今まだ宇宙。

うたた寝

昨日の晩は、ホットカーペットの上で、うたた寝。
3時間くらい寝て(長い)、ちゃんと寝て、目覚めて、今です。
ここ1カ月くらいの間、うたた寝をする時間もなかったので、
結構気持ちよかったです。

100409.jpg
(入学祝に専門学校さんから届いたお花)

うたたねに 恋しき人を みてしより 夢てふものは たのみそめてき

と、小野小町は歌っていますが、最近私は夢もみず、
枕に頭をつけないうちに爆睡 → 朝です。

でも私は、寝てみる夢よりも、起きてみる現実の夢のほうが楽しいので、
最近している夢集めで、もしかしたら楽しめるかもと思っているところです。

2010年04月08日

明日は「東京に薄紅色の雪」

と、洒落たことをどこかの局の天気予報で言っていました。
長く長くもった今年の桜が、いよいよ散り始めるということですね。

日本語学校の長期コースは、今日から新学期。
「総合日本語クラス(ホームクラス)」+「目的別クラス」+「漢字」という、
今までの授業体制をさらに進化させた新カリキュラムがスタートしました。
レベル別の目標設定も評価の基準も、すべてを見直しました。

うまく進みますようにと念じながら、私はウィークリーコースのクラス参観。
長期コースとはまた全然違う、短期であるがゆえの雰囲気を体感しました。
少人数、多国籍、会話中心のカリキュラムで、今週は5クラス稼働しています。

午後は、虎ノ門と銀座。
まずは文化庁の委員会。その後、連携して仕事をしている会社に。

100408-1.jpg 100408-2.jpg
(歌舞伎座のカウントダウン。あと23日だそうです。)

昨日、ローマのことを書きましたが、今日のローマは一気に躍進。
昨日悩んだローマと、今日躍進したローマは、同じローマなんですが。

「東京が一番美しい時」
と、冒頭に書いた番組の画面の上の方に書いてありました。
誰だか知らないけれど、詩人になりきってますね。この番組の人。

2010年04月07日

老若男女 切磋琢磨

日本語教師養成講座の4月期生の皆さんです。
今週の月曜日に載せませんでしたので、遅ればせながら。
皆さん、早くももう3日間終了です。

100407.jpg

ところで、日本語学校の入学式で通訳をしてくれた在校生の自己紹介で、
一人が「ローマは一日にしてならず」
一人が「二兎を追う者は一兎も得ず」という言葉を引用していました。
(この段階で、今回は4人全員がことわざを言うという趣向かと思いました。
が、違いました。2人だけ。…というのはどうでもいいことで。)

ローマは一日にしてならず、は、まさに本当に。
物事、そんなにうまく、何でもかんでもとんとん拍子には進みません。
わかってはいるけれど焦ります。がっかりもします。でも根気強く。
今私が言っているのは、海外での新規開拓についてなんですが、
まあ、他のことも多かれ少なかれ、ローマは一日にして…ですね。

二兎を追う者は一兎も得ず、は、そうかなぁという気持ち。
年中、何兎も追ってそれ以上の兎を捕まえようとしているので。
まあ、いろいろなタイプの人がいますよね。
私は同時にいくつもタイプ。…なんですが、これ結構疲れます。やっぱり。

キムタクコーチ逝去のニュースは本当にショックでした。
どうしてこんなにショックかと自分で思うほど、本当に…です。
自分より若い人は、自分より先に死んではいけないですよ。

4月8日、明日はお釈迦様のお誕生日、花まつりですね。

2010年04月06日

Intercult. Endless Discavery. …入学式でした。

(五十音順に)
アメリカ、インドネシア、オーストラリア、韓国、ギリシャ、
シンガポール、スウェーデン、スペイン、タイ、台湾、
中国、チリ、ドイツ、フィリピン、ブラジル、香港。

16の国と地域からの日本語学校長期コースの新入生たち。
日頃交流会に来てくださっている日本人ボランティアの方々や、
何組かの親御さんたちも来てくださいました。

100406.jpg

日本を訪れる外国人観光客に向けての、国交省の新しいキャッチフレーズが、
「Japan. Endless Discovery.(尽きることのない感動に出会える国、日本)」
と発表されたというニュースを見たので、

今日のタイトルを、「尽きることのない感動に出会える学校、インターカルト」
としてみました。…それを祈念して。

2010年04月05日

前年今日……

「去年の今日、香港に帰りました」という意味の写真。by アンジェラさん。

100405.jpg

それを見たタイのエッグさんが「懐かしいよね!!」とコメント。
Facebook上での卒業生同士の会話なんですが、・・・いいですよねぇ。

明日入学式を迎える新入生たちも、こんな卒業生になりますように。
今日は、日本語教師養成講座の開講式でした。総勢21名。
よーいどん。

2010年04月04日

位置について、よーいどん!

英語では、On your mark! Get set!Go!
世界を相手にした大会でのスタートの出遅れを防ぐため(確か…)、
日本の大会でも「位置について、よーいどん!」ではなく、
「On your mark set!」が使われるようになるというようなことを、
さっき見たニュース番組で言っていました。

日本人なんだから「よーいどん」でいいじゃないのと、
聞いた瞬間は思ったのですが、それこそ瞬間的な判断ということを考えると、
やっぱり慣れたほうがいいのかなと、これを書くまでの間に考えを改めました。

しかし、
災害の時に必要な日本語をどう教えるかというような話がありますが、
その時には、まずは母国語、自分の言葉で情報を得る環境をどう作るか、
そういうことじゃないかという指摘があります。

・・・そうですよね。
2008年の年末に、太平洋に浮かぶ島で全島停電に遭ったのですが、
真っ暗闇の中で、ホテルまで乗せて行ってくれたタクシーの運転手さんが、
ラジオを日本語の放送に合わせてくれて、そこから流れる説明を聞いて、
停電していること以上の何も、誰もわからない状態なんだということがわかり、
ほっとしたという経験があります。
わからないということがわかったと自信をもって言えるのはかなりの能力。
自分の能力不足でわからないのではないかと不安になりませんか?普通。

100404.jpg
     (バンコクの病院)

2007年にタイで足を負傷した(!?)時に連れて行っていただいた病院では、
すべての国の患者さんのために、すべての言葉で対応するシステムが完備、
日本語堪能な私の通訳さんは、高円寺にある日本語学校の卒業生でした。

しかし、だから、つまり。話はあっちこっち飛びましたが、
短距離走のスタートに関しては、意味を考えている時間はないので、
「On your mark set!」と言われたら飛び出すということを体に覚え込ませる、
その必要があるからそれで練習したほうがいいんですよね、きっとという、
そういう結論です。

さて、明日は日本語教師養成講座の開講式、明後日は日本語学校の入学式です。
On your mark! Get set!Go!
何をゴールとするか、どう走るか、みんな、あなたたち次第。。ですよ。

2010年04月03日

富士フィルムの化粧品

4月に入ってお正月の話題というのも、ナンですが・・・。

お正月のCMといえばフジカラー、「 お正月を写そう ♪ 」。
以前は写真の現像、それがデジカメの登場で元気がなくなり、
その後、デジカメのプリントは専門店でというようなのになって、
去年の12月、いきなり「アスタリフト」という化粧品が登場。

「富士フィルムが化粧品?」と驚いていたら、妹がいいと言うので、
トライアルキットを買って使ったら、いい(ような気がしています)。

説明書曰く、
写真で「人を美しくみせること」を追求してきた、その独自技術を、
今度は「人そのものを美しく映し出すこと」、
つまりは「美しい肌づくりに生かす」取り組みをはじめました。

上手いなあ、実は生き残りのための宣言。物は言いようだなあ。

と思ったのですが、
写真フィルムの体積の半分を占めるコラーゲンを女性の肌に生かす。
ということなのだそうです。フィルムがダメだったら次は?で、
今までしてきたことを土台に、発想を転換したのですよね。

とても勉強になります。(・・・と、1年の4分の1が終わった今頃)

100402-2.jpg

タイのサマーコースの学生たち。築地市場で美味しいもの食べました?

2010年04月02日

ゆるゆる歩く すたこら走る

朝10時からのタイのサマーコースの開講式に出て、
11時までに飯田橋にあるO日本語学院に行かなければなりませんでした。
新御徒町-飯田橋間は、大江戸線でわずか7分の距離、余裕と思いきや・・・。

タイと日本の時差、2時間。
2時間まではいきませんでしたが、集合時間にいきなり時間差攻撃。
サワディーカ~ or サワディーカップと優雅に現れた彼らに、
いきなり挨拶をして、最後に行うはずの写真撮影。
で、学校を飛び出して飯田橋へ。

100402.jpg
(「ようこそ」とタイ語で残して(書いてもらって)、出かけるつもりでした。)

冒頭に書いたように、タイは今、サマー。
時間は日本より後なのに、季節は先に行っちゃうんですね。
明日は、築地市場から始まって浜離宮とかどこかとか・・・だそうです。
のんびりゆっくりじっくり見て回ってくださいね。

夜には、4月生の最終便、台湾からの一団がやってきます。

2010年04月01日

ワンピース

新入生たちがぞくぞとやってきて(ぞくぞくほどではないので、ぞくぞ)、
学校には新鮮な匂いがぷんぷんと漂っています。

で、何を書こうかとさんざん考えたのですが、これというのがなかったので、
突然頭をよぎったワンピースのことについて。

何年も前、ちびまる子、サザエさん、こち亀と続いた日曜の夕方、
こち亀が終わって、その後に始まったのがワンピースでした。
こち亀が好きだったので、反抗的にワンピースは見ず。
で、ワンピースって何の意味だろうとずっと思って今まできました。

ワンピースとは、富と名声と力の「ひとつながり」という意味で、
それを「ワンピース」と呼び、大秘宝ワンピースを追い求める物語、
ということだそうです。(知ってる方には常識ですね。)

100401.jpg

去年、イタリアで見た「ワンピース」の人々。
イタリアのコスプレイヤーの年齢はかなり高かったです。
この方たちも…。おそらくご夫婦同士じゃないかと思うんですが。
私もいつか、コスプレして変身したいような。。