• 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語学校 > 
  3. 長期コース

長期コースの特徴

  • 1年に4回(4月、7月、10月、1月)入学のチャンスがあるので、
    勉強を始めたいと思ったらすぐにスタートできます。
  • ビジネス日本語クラス、日本留学試験(EJU)対策、
    日本語能力試験(JLPT)対策など、目的にあったクラスがとれます。
    冬学期には、「外国人のための日本語教師養成講座」を開講します。
  • クラスに担任教師がいるので、
    一人一人にきめの細かい指導ができます。
  • 過去の受験データに基づく徹底した進学指導が受けられます。
    大学院進学相談室を設置し、大学院に進学したい人へのサポートも万全です。
  • レベルそれぞれに、非漢字圏、漢字圏のクラスがあるので、
    漢字のない国の人でも安心して勉強ができます。
  • 日本人との交流会や様々な文化体験を定期的に開催しますので、
    クラスで勉強した日本語を実際に使ってみる機会も数多くあります。
  • 日本留学試験(EJU)模擬試験と日本語能力試験(JLPT)模擬試験は、
    当校のオリジナルです。

レッスンについて

授業の構成について

一言で「日本語を勉強したい」と言ってもその目的は様々です。
インターカルト日本語学校の長期コースは
学生一人一人のニーズに応えられるよう目的別に授業を選択できるようになっています。
授業の構成は総合日本語・目的別授業・漢字に分かれます。

総合日本語

・日本語のレベル別クラスです。
・文法表現などの知識、「話す・聴く・読む・書く」の総合力を養うためのクラス
 です。

目的別授業について

日本の大学、大学院に入りたい、日本語能力試験に合格したい、
ビジネス日本語を勉強したい、日本の文化をもっと知りたい。
日本語学習の目的はさまざまです。
目的別授業では自分の目的にあった授業を選択し受けることができます。
目的別授業はレベル3から始まります。

漢字クラス

レベル別に「漢字圏・非漢字圏」学習者でクラスが分かれます。

<1週間の時間配分>

初級クラス レベル1・2

総合日本語
漢字

中級クラス レベル3〜4

目的別クラス
総合日本語
漢字

上級クラス レベル5以上

目的別クラス
総合日本語
漢字

学習期間と到達レベル

レベル 日本語運用能力の目安 JLPT
レベルの
目安
CEFR
レベルの
目安
初級 各レベル3か月 1 日常生活上の単純で直接的な会話ができる。 N5 A1
2 基本文法終了。日常の会話に加えて、意見や推論を述べることができる。 N4 A2
中級 3 通常のコミュニケーションが自由にでき、会話を続けることができる。 N3
4 複雑な会話に対応でき、場面や相手に応じて話し方が変えられる。 B1
5 新聞や雑誌の趣旨が理解でき、自分の意見を述べることができる。 N2
上級 6 議論や交渉などに対応でき、表現や語彙などを正確に使うことができる。 B2
7 論文や小説などの要旨を述べたり、複雑な文を読んだりすることができる。 N1
8 通常日本人が読んだり聞いたりするものに関して、問題なく理解できる。 C1
9 広範な話題に対応でき、抽象的で複雑な議論を進めることができる。
10 大学の講義を理解し、論文を書くことができる。 C2
11 すべての技能にわたり、日本語母語話者に近い同様の能力がある。

入学時のレベルは、クラス分けテストにより決定します。

目的別クラス科目一覧

試験対策系

科目名 春学期 夏学期 秋学期 冬学期
日本語能力試験対策 N1
日本語能力試験対策 N2
日本語能力試験対策 N3
EJU日本留学試験  聴解/聴読解
EJU日本留学試験  読解
EJU日本留学試験 記述
EJU日本留学試験 総合科目
小論文の基礎
大学院準備講座

ビジネス系

科目名 春学期 夏学期 秋学期 冬学期
ビジネスコミュニケーション力をつけるⅠ
ビジネスコミュニケーション力をつけるⅡ
ビジネスコミュニケーション力をつけるⅢ
ビジネスプレゼンテーション
自己PR力を磨く(書く・話す)
ビジネスマナーとビジネス文化
ビジネス敬語~待遇表現~
ビジネス資料を読む・調べる・考える
ビジネス電話
ビジネスVTR
ビジネス場面で書く
ビジネス語彙

教養系

科目名 春学期 夏学期 秋学期 冬学期
日本人の気づかない日本語
東京事情
日本の地理
日本の文化
大人のまんが
歌で覚える日本語
漢字パズル
大阪の言葉
本を読もう
季節で学ぶ日本語と文化
時事入門

実力アップ系

科目名 春学期 夏学期 秋学期 冬学期
楽しい漢字~苦手な人の実力アップ
発音クリニック
時事・視聴覚
聞く
読む
正しく書く
どんどん書く
楽しく書く
話して書く

日本語教師養成

科目名 春学期 夏学期 秋学期 冬学期
外国人のための日本語教師養成講座

クラス数等の関係で、開講できないこともあります。

先輩の声

進学について

進学と言っても、大学に進学するか、専門学校に進学するか、あるいは大学院に進学するかによって、準備がまったく違ってきます。インターカルトでは、大学・専門学校進学者向けの進学指導はもちろん、大学院進学希望者向け専用の相談室を設け、あらゆる進学のニーズに応えます。

進学サポート
進学実績

料金・開講時期・授業時間について

学習期間 選考料 入学金 授業料 教育活動費 施設維持費 保険加入費 合 計
1年 ¥20,000 ¥60,000 ¥700,000 ¥36,000 ¥24,000 ¥10,000 ¥850,000
1年3カ月 ¥20,000 ¥60,000 ¥875,000 ¥48,000 ¥30,000 ¥13,300 ¥1,046,300
1年半 ¥20,000 ¥60,000 ¥1,050,000 ¥54,000 ¥36,000 ¥15,800 ¥1,235,800
1年9カ月 ¥20,000 ¥60,000 ¥1,225,000 ¥69,000 ¥42,000 ¥17,900 ¥1,433,900
2年 ¥20,000 ¥60,000 ¥1,400,000 ¥72,000 ¥48,000 ¥20,000 ¥1,620,000

奨学金制度

出席率、授業態度、成績ともに良好な人には、奨学金をもらえるチャンスがあります。

留学ビザを取得し入学する場合の受付時期と学習期間について

留学ビザを取得し、長期コースに入学する場合、
申請書類を揃えるのに時間がかかりますので
計画的に準備を進めましょう。
(長期コースの入学までの流れ)
日本国内での申請書類の受付時期は
入学時期のおよそ半年前です。
海外から申し込む場合は留学事務所へご連絡いただくか
お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

入学時期 コース 受付締切(日本国内受付)
4月 1年コース 前年の10月下旬
2年コース
7月 1年9か月コース 2月下旬
10月 1年6か月コース 4月下旬
1月 1年3か月コース 8月下旬

授業時間・クラス人数について

授業は50分×4で
午前クラスか午後クラスのどちらかです。
午前か午後かは日本語のレベルで決まっていて
学生が選ぶことはできません。
初級から中級前半が午後クラス、
中級後半から上級レベルが午前クラスになります。
1クラスの人数は最大20名です。

午前クラス

1時限 9:15~10:05
2時限 10:15~11:05
3時限 11:15~12:05
4時限 12:15~13:05

午後クラス

1時限 13:25~14:15
2時限 14:25~15:15
3時限 15:25~16:15
4時限 16:25~17:15

学校の様子や日本での生活について

行事・イベント・アクティブティ
入学までの流れ
宿泊施設のご案内
日本での生活について
インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.