当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • オンライン学習
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語教師養成講座 > 
  3. コラム > 
  4. 未経験から日本語教師になる方法

未経験から日本語教師になる方法

年齢や学歴、経験に関係なく誰でも目指せる日本語教師ですが、子育てを終えた主婦や、早期退職して第2のキャリアを作りたい社会人に人気の職業です。とはいえ、未経験者から日本語教師になるにはどのような方法があるのでしょうか。日本語教師になる方法や、資格取得後の求人の探し方、採用面接でチェックされること、キャリアアップについてまとめて紹介します。

未経験から日本語教師になるには?

日本語教師になるには、下記3つの条件のうち、いずれかをクリアする必要があります。
 (1)日本語教師養成420時間講座の修了していること
 (2)日本語教育能力検定試験の合格していること
 (3)大学の日本語教育課程、主・副専攻を修了していること
日本語教師を目指す方の多くは、(1)または(2)を選択する傾向にありますが、日本語の教育に関わったことがない未経験者なら、(1)の日本語教師養成420時間講座の受講をおすすめします。

なぜ未経験者に日本語教師養成講座が良いのか?

未経験者に日本語教師養成講座をすすめる理由には、日本語学校への就職を希望する際、採用面接にて高い確率で「模擬授業」を実施しているためです。模擬授業とは、実際どのように生徒に日本語を教えるのか、疑似的な授業を行いその指導力をチェックするために行われます。また、模擬授業の中で、面接官は以下の項目をチェックします。
<面接官がチェックするポイント>
 ・日本語教育の基礎的な知識を持っているか
 ・学生に分かりやすく教える力はあるか(話の仕方、声の大きさ、板書の書き方など)
 ・授業の遂行に柔軟性はあるか(予定外の出来事へのアドリブ対応など)
日本語教師になるには、採用面接にて上記の視点で、教師としての指導力をチェックされます。日本語を教える知識があっても、一度も教壇に立ったことがなければ、未経験者にとって模擬授業は高いハードルです。しかし、日本語教師養成講座なら、学科以外にも実際に指導する実習や、就職対策として模擬授業もカリキュラムに組まれているため、日本語指導の知識を現場で生かす実践力が身につきます。他にも講座を主催する日本語学校では、就職サポートも充実しているので、就職を強く希望する人におすすめです。

未経験者が日本語教師の資格を取得したら

前項では、養成講座を修了し資格を取得した後の、採用面接における模擬授業について紹介しましたが、採用面接までに辿り着くまでには、求人情報をくまなく収集し就職先を絞り込むことが必要です。ここでは、未経験者が求人を見つけるコツについて紹介します。

未経験者が求人を見つけるコツ

日本語教師の求人の多くは、経験者を求める傾向にあります。しかし、未経験者でも可能な就職先もありますので、まずは未経験者でも応募可能な求人を探しましょう。ネット上の求人サイトも数多くあるため、とにかく多くの求人情報を見ることがコツです。求人サイトを毎日または週に数回はチェックする習慣をつけて、求人を探す際には希望する勤務地や勤務条件など絞り込み、自分に相応しい就職先を探し出しましょう。

未経験者応募可の求人内容について

日本語教師の未経験者応募可の求人では非常勤としての勤務が多いです。なぜなら、常勤の場合、日本語の指導だけでなく、学生の生活・進路指導、テスト作成など仕事量が多いため未経験者では対応しきれない可能性が高いからです。一方、非常勤は、授業での指導のみに集中し、その他の仕事に関わる必要がないため、はじめは非常勤として、1~2年程度の指導経験を積んだ後、授業の数を徐々に増やしながら、最終的には常勤へとキャリアアップを図っていくことが理想的です。

大事なのは長く活躍できる日本語教師になること

日本語の指導力がある教師は、どの日本語学校でも重宝されます。日本語教師として指導力をアップするには基礎が重要です。基礎がしっかりと身についていないと、その後のスキルアップも多くの時間を要します。今、日本語教師を目指して勉強しているなら、インターカルトがおすすめです。日本語教育の知識はもちろんですが、生徒に教える技術も学ばなくてはなりません。インターカルト日本語学校では、教える技術も指導しながら現場で活躍できる日本語教師の育成に力を入れています。詳しくはこちらのインターカルト日本語学校をチェックしてみてください。

お気軽にお問い合わせください。
03-5816-5019
営業時間:月〜金曜日 9:00〜17:30
日本語教師養成講座 コースお申し込み
通学コース お申し込み
通信コース お申し込み
無料相談会・資料請求など
個別無料相談会 無料セミナー・講座説明会
パンフレットダウンロード
資料請求
通学コース お申し込み
通信コース お申し込み
個別無料相談会 無料セミナー・講座説明会
パンフレットダウンロード
資料請求
インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2022 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.