当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

佐藤 友圭子さんYukako Sato
入校年月
:2010年10月期生 6ヶ月コース
前職
:会社員
日本語教師の職歴
:2011年7月~
 インターカルト日本語学校 非常勤講師
佐藤 友圭子さん

教師となり、授業は毎回全力投球!
学生との真剣勝負です。

インターカルトに決めた理由は?

自宅から近かった事・対応してくださった方の雰囲気がとてもよかったことがきっかけで受講しました。

養成講座の良いところは?

実習の授業。インターカルトに通っている実際の外国人学生を相手に対学生実習を行えるので、学生がどんな事を言い、どんな反応をし、どんな質問をするのか、目の前でじっくりと見る事が出来た事は、教壇に立つという事の難しさ・面白さを学ぶ上で大いに勉強になりました。

受講してみて良かったことは?

授業の大半が、実際に講師として授業に臨むために必要なテクニックを学ぶ場であった事です。板書の仕方、視覚教材の効果的な使用方法や作成方針、学生との対話における姿勢など、教える場ですぐに役に立つ事ばかりだったと思います。これらを実際の授業に先立って、養成講座を通して身につけることが出来たのはとても幸せな事でした。

日本語を教えてみてどうですか?

授業前はいつも緊張の嵐、授業は毎回全力投球で、終わった後は本当に疲労困憊です。ですが、終わった後に残る達成感はこの職場ならではだと思います。
相手は生身の人間で、あちらも毎回全力で日本語を学ぼうという姿勢で臨んでくれるので、お互いに真剣勝負をしているいい緊張感が、私の気持ちを引き締め続けてくれています。
これからも学生とよい関係を築きながら、学生のため、自分のために日々よりよい物を提供できるように精進したいと思います。

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.