当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

福田 恵子さんKazuhiro Iwamoto
入校年月
:2010年10月期生 6ヶ月コース
前職
:会社員
日本語教師の職歴
:2011年7月~
 養成講座修了後ベトナムサイゴンランゲージ
 スクール勤務(提携校)
福田 恵子さん

いつも心がけているのは
「教科書で教える」という言葉。

インターカルトに決めた理由は?

勉強を始めたいと思った時期と、講座開講時期が同じであったこと。
少人数で、半年間同じクラスメイトと勉強できるということ。
なにより説明会へ行った時の、学校の雰囲気、スタッフの方々の対応が非常に温かく、安心できたことです。

養成講座の良いところは?

たくさんの講義がありましたが、一番役立っているのは、実習です。場面、この文型を言う意味、勉強して何ができるようになるのか、を常に考えながら教案を作っています。実習、講義でよく言われていた、「教科書で教える」という言葉を忘れないよう、心がけています。

受講してみて良かったことは?

高いプロ意識を持つ先生方に教えていただいたこと、それから、同じ目標を持って前へ進もうとする仲間に出会えたことが大きな財産になっています。
クラスメイトが、日本語学校の学生と交流する会を企画してくれたので、学生の話もたくさん聞くことができました。学生がどんな気持ちで日本の生活を送っているのか、知ることができたので、とても勉強になりました。

日本語を教えてみてどうですか?

先輩先生方に、たくさんのアドバイスをいただきながら授業を組み立てています。さまざまなレベルを担当させていただいているので、語彙、ティーチャートークのコントロールが難しいです。ベトナム人のライフスタイルを知らないと、学生に身近な話題が考えられません。今はまだ手探りで大変なことが多いですが、毎日新しい発見があるので、とても充実しています。

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.