当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

藤野 康雅さんYasumasa Fujino
入校年月
:2010年10月期生 6ヶ月コース
前職
:会社員
日本語教師の職歴
:2011年7月~
 インターカルト日本語学校 非常勤講師
藤野 康雅さん

語学的アプローチからコミュニケーション。
多種にわたる授業はここならでは!

インターカルトに決めた理由は?

私自身も海外で英語を学ぶうちに、外国語の先生をやってみたい気持ちがわき、日本語教師を目指しました。学校を選ぶ際にいくつか見学したのですが、良いところばかりを並べる学校ではなく、日本語教育における状況や気になる今後のことなど真摯に説明していただき、この学校は信頼がおけると思い選びました。

養成講座の良いところは?

特に役に立っているのは実習の授業です。教える内容の教案づくりから、実際に学生の前で授業するところまでサポートして頂けるのでとてもいい経験になりました。他の方の実習を見ることで自分もこうしようと感じることもできましたし。本当の学生に対しての授業なので、生の反応が見られ、新鮮な気持ちでしたね。

受講してみて良かったことは?

一つは素晴らしい講師陣に教えていただいたところです。日本語の成り立ちから、異文化のコミュニケーションまで多種にわたる授業で、日本語っておもしろい!と感じました。もう一つは仲間に出会えたことです。一緒に学校で勉強した仲間は海外で活躍する人も大勢いて、卒業後もお互い刺激し合えることが多いです。インターカルトを選んで本当に良かったなと何度も思います。

日本語を教えてみてどうですか?

私が初めに担当したクラスは、ゼロからスタートの学生のクラスだったので、自分が間違った日本語を教えたらどうしようというプレッシャーもありました。それでも学生たちは元気に発言をして私の授業を助けてくれました。学生はみんな暖かくて、一生懸命。苦労している場面を見るとこちらも頑張ってほしい!と応援したくなります。様々な国の学生から多彩な文化を感じることもできますし、その学生が成長していく様子を間近で見られる日本語教師はやりがいがあります。いつか日本語を教えた学生が日本語を使って活躍する場面が見られたらうれしいです。

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.