« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月28日

平成生まれ

元号が昭和から平成に変わって以降、
何年と言うとき、元号で言うのは苦手で、たいてい西暦で言います。
今年、西暦2013年、平成24年(ですね?)。
   →と一度書いてアップしたんですが、平成25年でした。訂正。

今日、仕事で会って話をした人は平成生まれでした。
いよいよそういう時代になってしまったかと・・・感慨深い。

♪貧しさに負けた いいえ世間に負けた♪
昭和を代表する「昭和枯れすすき」。漂う暗さ。

♪なんだとこんちくしょうで おまわりさん スリに けんかに かっぱらい
・・・ラメチャンタラギッチョンチョンで パイノパイノパイ♪
異様に陽気な大正時代「東京節」。

♪ままにならぬは浮き世のならい 飯になるのは米ばかり
 ・・・ア オッペケペー オッペケペッポー ペッポッポ♪
さらに陽気な明治時代「オッペケペー節
(リンクをはったYouTubeには、日本人最古の歌声とありますね。)

平成を背負った人たちが、未来をどう切り開いていくか。
今日会った平成の彼はとても頼もしく思えました。

枯れるにはまだ早い昭和としては、平成とタッグを組んでもうひと働き、
それは大いにありだと、一日を振り返って思っています。

2013年02月26日

祝10周年!

何が10年かというと、このブログです。

10年前の2003年2月26日の記録。
----------
2月26日(水)
「日記をつけ始めて8年め!」と自慢しようとしたら、
「私は10年めです」「あら、私は何年か前まで20年間つけてたわよ」―
今日の午後、インターカルトの先生二人と交わした会話です。
このページは、今日が第一日めです。
----------

あの時10年めと言ったHさんに追いつき、Yさんの20年まであと10年。
あと10年、2023年。何をしているのか、これを書いているのか。。
でも、なんであれ、10年続けたのは偉い。継続は力なり〜!

pengin.jpg

鴨川シーワールドのペンギン。
11年めも、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年02月24日

トンネルを抜けると、そこは熱気の雪国だった。

今朝、6時前に家を出て向かった福島県。
大宮から乗った新幹線がどこかのトンネルを抜けたら、いきなり雪景色。
昨日まで雪はなく、今朝起きたらこんなに積もっていたという大雪だそうです。

午前中の日本語ボランティア研修会は、私の担当。
福島県各地から日本語教室のボランティア指導者の方たちが、雪の中を。
お昼を挟んで、午後行われた日本語教室ネットワーク会議では、
福島大学の先生たち、福島日本語学校の方たちも加わって、
地域の日本語教室の課題として取り上げた三つのテーマについて話し合い。
私も、オブザーバーで参加させていただきました。

縦横斜めの、まさにネットワーク、
それを県の国際交流協会が牽引さている。いいね! ですね。
本日、大雪の中で熱気に包まれたよい一日となりました。

以上、新幹線にて。
書いている間に、外には雪の気配もなくなりました。
すごいな日本列島。すごいな福島県。

2013年02月21日

「あかぬける」考

今日、久しぶりに「あかぬける」という言葉を聞きました。
あかぬけるは、垢抜ける。漢字、かなり生々しいですね。

ある作品の作者に向かって
「あかぬけてる!」と絶賛した人がいたのですが、
褒められたご本人は、なんとも言えない顔をしていました。
うーん、センスがいいと言うほうがぴったりだし、
作者もそのほうがうれしかったかも。

brochure_e.jpg

でも、あかぬけたは昔の古い言葉?
いえ、あの人あかぬけたよね、なんて言いますよね。
つまり、その人、前はちょっと垢にまみれたイメージだった。
たぶん。

あかぬけるとか、やぼったい(野暮ったい)とか、
忘れ去りたくない、大事に残しておきたい日本語だと思います。

2013年02月20日

新宿西口地下広場

こんばんは。
今日は遅くまで学校にいて、今、帰りの電車の中です。

新御徒町から大江戸線で新宿西口、
そして地下を突っ切って京王線まで来たんですが、
この時間になると、段ボールを抱えた人々が結構たくさん。
寝場所確保の皆さんです。

底冷えのする寒さ。
それぞれ事情があってのことだと思うのですが、
暖かいところで寝たいですよね。

・・・。

2013年02月19日

ぱちぱち

おはようございます。

駅に向かう途中、着ていたジャケットが
ぱちぱちと音をたて始めました。
何?と思ったら小さな氷の粒、雹(ひょう)でした。
寒いはず…。

車中、暇にまかせて「ぱ」で始まる擬音語・擬態語。
ぱかぱか、ぱきぱき、ぱくぱく、ぱさぱさ、
ぱたぱた、ぱちぱち、ぱつぱつ、ぱふぱふ、
ぱらぱら、ぱりぱり、ぱんぱん・・・。

日本語を勉強する人にとっては難しいけれど、
でも、ちゃんと使えたら楽しいですよね。
実際、興味津々の学生は多いです。

興味津々の津々は、しんしん。
雹が雪に変わって、静かに音をたてずに降り続いたら、
それも、しんしん(深々)。。

2013年02月17日

ほぼ日ブログ

ほんのちょっとご無沙汰しました。
よそ様のブログを見てみると、時々更新という方あまた、
だと思うのですが、糸井さん同様に「ほぼ日」できたので、
ちょっとサボると目立つ・・・みたいです。

blog.jpg

旧正月前の餃子交流会に来てくださったボランティアの方と。
ブログ見てますよとおっしゃってくださったので、一緒に写真を。
ありがとうございます。写真、載せますね。

旧正月明けたら春がくるかなと思っていたのに、さにあらず。
空気の冷たさ、半端じゃありません。明日も寒そうです。
春よこい♪ 早くこい♬

2013年02月14日

お雛様の季節は

おはようございます。通勤電車の中からです。
昨日の夜あった老酒会(らおちゅうかい)、
~中国で日本語教師を経験した養成講座修了生の集まり~で、
電車の中からの投稿を話題にしていただいたので今朝も。

昨日は、3階の事務局の前に飾り付けられた雛壇を見ながら、
老酒会へ。いつもながらの楽しい会でした。
(老若男女の集合写真は明日。)

ohinasam.jpg

お雛様、いいですね。やっぱり。
かつては女子学生数完全優位だったんですが、
ここのところ、男子の方が多いですね、インターカルト。
5年前の移転時の学生比率でトイレを設置したのですが、
男子たち、いかがでしょう、今。

ところで、さっき電車に乗り込んだ瞬間、鼻水が~。
お雛様の季節は、花粉の季節のはじまり。┐('~`;)┌

今日は明大前で井の頭線に乗り換えです。

2013年02月10日

長く寝ると夢を見る。

ある人が、中国の人は眠れない時に餃子を数えると書いていました。
「水餃」と「睡覚」の発音が似ているから…だとか。真偽は不明です。

私の場合は、眠れないことはほとんどなくバタンキュー、
なのですが問題は睡眠時間で、日頃の不足の穴埋めをするべく、
この三連休も一生懸命寝ています。それで、
今朝、はたと気づいたこと。・・・長く寝ると夢を見る。

いい夢だったらいいんですが、今朝のは、学校で、
雑誌を読み散らかしたと、Sさんと私がKさんに叱責されている夢。

難しいですね、睡眠時間(=眠りの深さ)と夢のバランス。
もしかして、これ、旧正月の初夢ですか!?

yuhi.JPG

今日の夕日です。朝日もいいけど、夕日もいいですねえ。

2013年02月07日

春節の準備

春節、旧正月がもうすぐです。
帰るとき、壁やエレベーターの入り口に赤い飾り付けが。

syunsetsu.jpg

中国では一家団欒の象徴として、除夕の夜に家族そろって餃子を包み、
水餃子としてゆでて食べるのが習わしです。
・・・ということで、インターカルトでも餃子づくり。

gyouza.jpg

参加をお待ちしています。・・・とFacebookでお知らせしたら、
早速、台湾やイタリアの卒業生たちから「行きたい」の声。あ〜、無理。残念。

2013年02月06日

「マリア様みたいですね。」

18年前の日本語教師養成講座の授業の時に、
N山さんという受講生の方に私が言った言葉だそうです。
その日、ロングスカートをはいていたその姿を見て、とのこと。
「今でもよ〜く覚えています」というメッセージをいただきました。

Facebookは便利です。

この間載せた写真、他の方たちも一緒に写っていて、
タグされた他の方の友達だったN山さんが私にコメントしてくれた…。

人の様子を見て想像をめぐらして、「マリア様みたい」と言ってしまう、
そういうところは今も昔も変わらないなぁと、自分のことなのに感慨深く。
それを知らせてくださったN山さんに感謝です。

今日は雪。万一に備えて授業は休講に。
私も(ちょっと体調良くなく)休みました。
でも、休んだのだけれど、結局一日PCと向き合って仕事を色々。

おかげでちょっと進展ありでした。
今、新しいことをいくつか始めようとしていて、その準備。
でも、手をつけられないその他の仕事がいくつもあり…。まいった。

N山さんをマリア様と言った18年前も相当に忙しかったのだけれど、
今はもっと追われている感じ。
ノリにノっていた30代、若かったから何でもこなせたのか。。なぁ。

2013年02月04日

あいうえお

というお店が新宿二丁目にあって、
17、8年くらい前に何校かで合同でしていた研究会の中の、
五つの日本語学校の五人が、10年くらい前から時々、
このお店に集まって、飲んで話して・・・をしています。
今日は3、4年ぶりの会でした。

aiueo.JPG

皆の都合が合うのが今日しかなかったのだけれど、
週の初日からの飲み会、まいったなあと思って行ったのですが、
さにあらず。いつも通りの大笑いの会で楽しかった。

いわゆる仕事の話はほとんどしない、
このメンバーではこの店でしか会わない・・・という会です。

2013年02月03日

開かれた、海の恵み

先月の15日にここに書いた、
ジャカルタ訪問時の安倍首相のスピーチ…の原稿です。
ⅣとⅤに、JCCとen塾の甲斐切さんとファドリのことが書かれています。

開かれた、海の恵み

アルジェリアでの事があっての取り止めという事情が背後にあったので、
ここに載せるのは控えていたのですが。

甲斐切さんと知り合ったのは1993年。
甲斐切さんがインターカルトのインドネシア校の先生として赴任した、
そのきっかけの部分でです。あれから20年。
JCC(Jakarta Communication Club)を立ち上げて、en塾を結成して、
ジャカルタに甲斐切あり、ですよね、今や。

enjuku.JPG
      en塾公演「我が輩はニャンコである」(2012)

切磋琢磨の20年。しかし時を経ても、
甲斐切号にブレーキなし。加藤号アクセル全開(と、いきたい)。

とか言ってる間に、ああ日曜日が終わり。
インドネシアとの接点、つながり、en(縁)をもっともっと。

2013年02月02日

寒中見舞い

色々なことがある中で、ああ、あれからもう何年と思うこともあり、
そして今日は2月2日。

saru.jpg

今年は猿が温泉につかる様子が見られる地獄谷が大人気のようで、
私たちの冬季遊学コースの学生たちも、昨日一昨日と一泊で行きました。

温泉に入っているのが犬や猫や、キリンとかカバとかだったら、
こんなに人気にはならない(=売り物にはならない)でしょうね。
そこは猿と人間。
子孫が先祖を見に行くような気持ちにさせられるんですよね。きっと。

mamemaki.jpg

そして昨日は節分の豆まき。
クラスの時間帯に合わせて、午前班と午後班。いやぁ毎年、潔い。。

年末年始にさぼった年賀状書き。
先週末から寒中見舞いのための表書き印刷をしているんですが、
プリンター、一年くらい使っていなかったせいで、止まる止まる。
機械も人も、ちゃんといつも動いていないと、こうなるってことか。。

春がくる前に、寒中見舞い出さなくちゃあ。