« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月31日

添乗員さん

今日は、7月サマーコースの修了パーティー。

和洋中印料理にデザートも揃ったホテルのビュッフェで、
みんなたくさん食べて、修了文集と成績表をもらって、
写真もバシバシ撮り合ったので、「さぁそろそろ帰りましょう!」
と言ってはみたが、皆なごり惜しくてなごり惜しくてなごり惜しくて。

・・・すると、レストランの人が、
「すみません、添乗員さん、次のお客様がお待ちなのでそろそろ…」
と、私に。
「あ、はい、すみません。皆さ〜ん!」…とすかさず私。

2012年07月30日

連日、うだるような暑さです。

文化庁の地域日本語教育実践プログラム、
「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の受託は、
今年で4年目になりました。

そのことと必ずしも関連してはいないと思うのですが、
ここのところ、地域の日本語教育のお仕事をいただく機会がちらほら。
今日の午前中にあった打ち合わせでは、ソーシャルワーカーの方も一緒で、
素直に、とても勉強になるなと思いました。

そして、東京の隣県での上記が済んで学校に行くと、
7月サマーコースの発表会と修了式が待ち構えていました。
開講式ではおぼつかい言葉で挨拶した子たちが、ちゃんと日本語でスピーチ。
去年のサマーコースに参加した友達に勧められて来た子、
去年の暮れに10時間近く飛行機に乗って行って学校説明をした大学の学生、
7か国から集まった学生たちが、まるで一つの国の学生たちのよう。
来年でも再来年でも、ぜひぜひまた来てほしいです。

彼らが帰国する8月1日に、8月のサマーコースの学生たちがが来日します。
7月サマーから少し遅れて始まった香港サマーコースはまだ稼働中で、
インターカルトはもう少し、ちょっと忙しい日が続きます。季節労働者。。

修了式後の記念写真撮影の時の中腰で足ががくがくになった私は、
午前午後の移動の疲労もあいまって、帰りの電車で久々の一駅乗り過ごし。
お疲れ〜。

2012年07月29日

断捨離~だんしゃり

・・・なんて大袈裟なタイトルをつけるほどのことはしていないのです。
ちょっと片付けただけ。でも片付ける対象の多さで大ごとになるだけ。

片付けをすると何かが必ず出てくるものですが、
今日はこれ、昔のウォークマン。
こんな大昔のものが出てきてしまうところが、また情けない。。

s-DCIM0260.jpg

重い、厚い。それより何より、
あ、昔のウォークマンて中にカセットテープ入れてたんだっけ?
・・・と、しばし感慨にふけってしまいました。

2012年07月28日

世界一

6月に行われた日本留学試験で、
インターカルトの兪さんが一番の成績をとったそうです。372点。
つまり世界一、偉いですねぇ。

こういうニュースが、いかにもビッグ・ニュースという感じにではなく、
なんとなく流れてくるのがインターカルト。(よくもわるくも)
その辺が広報の下手さ加減(!?)に表れていると思うのですが、
そういう控えめなところがまた、いいところなんじゃないかとも思います。

・・・はは、何言ってるんだか。暑さで頭が朦朧としてます。

世はロンドンオリンピック。あちらでも世界一目指してますね。
なんであれ、一番はやっぱりいいですよね。

2012年07月27日

Facebook

昔はなかったもので今あるものは、数々ありますが、
その中の一つ、Facebookはいろんな意味で生活の一部。
情報の発信も、コミュニケーションも、状況の把握も。
(…私の場合は基本的にお仕事関係ですが。)

Facebookで私が嬉しいなと思う瞬間の一つ、
学生、それもとても短期間在籍していた人だったらなおさらなのですが、
基本データの学歴のところに学校の名前を入れてくれたのを見つけた時。

今日も朝一番でそんなことがあったなと思いながら、これを書いていたら、
いつの間にか、ゴロンと横になって居眠りしてしまって、
目が覚めたら、男子サッカーがスペインに勝っていました。すごいなー。


Kato Sanae

2012年07月25日

永久歯が抜けた。

朝、歯を磨いていたら、ぽろっと歯が抜けて洗面台に落ちました。
銀色のが上にかぶせてあった歯で、抜けたからといって痛いわけではなく。

上の歯だから、縁の下に「元気な歯になあれ」と言って投げ入れる、
(※下の歯の時は屋根の上に投げる)
・・・というのは、乳歯が抜けた時、子ども時代にしたことで、
今日はまあ、そのまま台湾のホテルのゴミ箱に捨てるのもナンなので、
ティッシュにくるんで日本に持ち帰ることにしました。

今日これから飛行機に乗って、夜、羽田着。
明日は午後から打ち合わせがあるので午前中は休み、と思っていましたが、
歯医者さんに行かなければいけないんですよね。ああ。

2012年07月24日

本日も晴天なり

一昨日撮った写真なんですが、今日もこんな感じです。

s-DCIM0243.jpg

台北101。
このすぐそばに学校の事務所があって、今そこで出番待ちしています。
事務所の中は冷房で涼しいけれど、外はそりゃもう暑い。

東京も暑さが戻ったみたいですね。私は明日帰ります。

2012年07月23日

慣れ

最近は、海外でのフェアの時は着物と決めていて、
今回も台北で着るために一式持ってきていたんですが、
慌てて荷物を詰めてきたため、
襟芯がない!…は、まだいい。帯枕がない~!!…は一瞬目の前真っ白。

慣れは恐ろしい。
いつも海外用小物セットとして風呂敷に包んであるのをぽんと入れればOK、
でも前回はジャカルタで浴衣だったから、上記二点はセットから外してあった、
・・・のでした。さぁこれでOKは全然OKではありませんでした。

でも、慣れは時にはいい。
着物を着るのもだいぶ慣れてきたので、ホテルのタオルで代用品を作り、
帯の下に隠れるものだし、それでなんとかOK。

良くも悪くも、慣れ。

s-DCIM0242.jpg

台中、高雄、台北と続いた日本留学フェア、無事終了しました。
昨日、台北のブースに来てくれた子の背中の文字がいいね!と思ったので、
これを今回の台湾での言葉に。

昨日の台北で撮った写真は学校のFacebookに載せました→こちらです。
私はもう少し台湾にいます。

2012年07月21日

私たちは皆、インターカルトの卒業生

今日は台湾・高雄で日本留学フェア。
私たちのブースは会場の若干奥まったところにあったのですが、
何人もの卒業生が来て声をかけてくれました。
(声かけ第一号は、正確には昨日の羽田空港の搭乗ゲートでです。)

今日の卒業生の幅は、
1983年入学の目白→代々木→高円寺校(進学課程)を経験したという人から、
去年のサマーコースに参加したまだ10代の子まで。

s-taiwantakao.jpg

私は、頭の中に「記憶のひきだし」というのがあると思っているのですが、
この記憶のひきだしは本当に不思議で、あるきっかけでパッとそのものが蘇る。

今日の場合は、目の前に突然現れて「先生!」と言われた瞬間に、
その人がいた年代から校舎から同じクラスだった学生たちまで浮かぶのです。

普段はついさっきのことも思い出せないことが頻繁にあるっていうのに・・・。
昔の記憶は、ひきだしにきちんとしまってあるから、必要があったらすぐに出てくる。
最近の記憶は、もういっぱいいっぱいで無理やり突っ込んでいるから、
そう簡単には見つからない・・・というのが私の説です。

そして今日は、いつか古い記憶になる人たち、
来月(8月)のサマーコースに参加する高雄や台南の学生たちの
オリエンテーションもありました。

s-DSC01188.jpg

フェア終了後に高雄の会場から駅に戻る車の中で、
今は卒業生の子供たちが来てくれているけれど、そのうち孫が来るようになるね、
と、誰かが言いました。・・・ほんと、そんな日も遠くないような気がします。

さあて、明日は台北。
台湾事務所情報では、1983年よりもっと前の卒業生が訪ねてくれるらしいです。

2012年07月19日

石和温泉 PART2

今週、二度めの石和温泉でした。

朝6時過ぎに東京の西にある家を出て、7時半に東にある学校に集合。
皆とバスに乗って西へ西へと進み(戻り)、9時過ぎ、右手に見えるは私の家。
♫中央フリーウェイ、右に見える競馬場、左はビール工場…♫ の近くです。
毎年のことながら、家を出て3時間後にまた家の前を通るという・・・。

今週の日曜日に見た週刊天気予報では、今日は雨でしたが、
突き抜けるような快晴でうれしい大はずれ。富士山もよく見えました。

s-252685_498938096788603_1274206080_n.jpg

そして富士急ハイランド。夏休み前でお客さんはまだ少なく、
皆、こんなのに乗ってキャーキャーと絶叫していました。
(なぜこんなのに乗りたいか?まったく理解できず。)

s-580798_498952213453858_1880292834_n.jpg

私にとっての圧巻、感動はやっぱりいつもこれです。

s-DCIM0191.jpg

数年前とくらべたら、人数はとっても少ないのだけれど、
おんなじ大広間で、おんなじ浴衣着て。毎年おんなじように涙が出そうになる。

そして、夜の8時35分。
石和温泉駅から、一昨日と同じ特急あずさ34号に乗って家に帰ってきました。

さあて、私は明日から台湾。みんなは続きを楽しんで帰ってきてね。

2012年07月18日

インターカルト日本語教師養成講座の同窓生たち

インターカルト日本語教員養成研究所ができたのは、
日本語学校の一年後、1978年で、今から34年前になります。
当時はまだ日本語教師というもの自体がまったくメジャーではなく、
数少ない短期の養成講座の中の一つだったそうです。

その後、文化庁が420時間の元となる日本語教師養成の指針を発表し、
その直後にインターカルトにも長期の養成講座ができました。

前置きが長くなりましたが、
今日は、アメリカから長期養成講座の2期生(1986年)、小林直人先生が来校、
後輩たちに、アメリカの高校での日本語教育について話してくださいました。

s-kobayashisensei.jpg

ここのところ、続けて先輩たち(うち二人は年下ですが)に会う機会がありました。
写真上段は、上に書いたアメリカの小林先生。
中段は、先々週、インドネシアで会った1期生の須田さん。今ジャカルタ在住。
下段は、もう少し前、香港での同窓会で会った同じく1期生の落合先生。
東京で日本語の先生、K日本語学校の教務部長です。

ss-koji.jpg

今日の小林先生の次男KOJI君は今、ウィークリーコースの学生です。
長男のKEITA君も以前、サマーコースとウィークリーコースに。
来年は、三男のTAKUJI君が入学してくるみたいです。

他の元先生たち、卒業生の皆さんのご子息、ご令嬢もいつでもどうぞ。
一同、お待ち申し上げております。

【お知らせ】
インターカルトの420時間コースは、今年10月に大幅リニューアルをします。
養成講座の間に場数を踏む…実践力重視のカリキュラムになります。
どうぞこちらをご覧ください。

2012年07月17日

石和(いさわ)温泉 PART1

山梨に住んでいるならともかく、そうではないのに、
週に二回も石和温泉に、それも温泉に入らず日帰りで行くなんて、
今後もおそらくそんな機会はないと思います。

今日の石和は「関東甲信越地区日本語教育機関連絡協議会」出席のため。
学校は東京地区ですが、最近、関東甲信越と東京の距離が近くなったので。
(実際の距離はもちろん今までも近かったのですが。)

特急に乗って、ちょっとした旅でした。
今日、関東甲信越も梅雨が明けたらしいですね。
快晴も快晴、暑いの暑くないのって。真夏の空と雲。猛暑×猛暑×猛暑。

s-DCIM0171.jpg

石和温泉駅着。駅を背にして立つと、明後日来るホテル慶山の看板が。
あら、この写真、同じ会に出席の東京R学園のH先生のお姿がありました。

s-DCIM0168.jpg
(この写真はクリックすると大きくなって、H先生が判別できます。)

研修会(事例報告会)の後、皆さんは温泉に入って(私は待ってて)
夜の宴会(・・・の前の写真)。
8時までお食事をご一緒させていただいて、お先に失礼してきました。

s-DCIM0180.jpg

以上、石和温泉第一弾はおしまい。
こんな風に、何事も一歩一歩と思った本日でした。お声がけありがとうございました。

2012年07月16日

海の日~初‘めぐりん’

本日の日本列島、猛暑で661人が熱中症で搬送されたそうです。
確かに暑かった・・・私の一日。

s-today.jpg

(左下)今日は、きのう来日した香港サマーコース軍団の開講式でした。
(右上)式とオリエンテーションとプレースメントテスト終了後に、皆で浅草に。
     私は初めて、台東区の乗合循環バス「めぐりん」に乗りました。
(右下)浅草で香港からの引率Vさんたちと食事をした後、…ここから私用。
     長蛇の列、フェルメール展を開催している東京都美術館で、
     義父が入選したという毎日書道展を見た後、祝いの宴。
(左上)・・・で、これは何かというと、指輪の大きさを測る道具です。
     今日の教訓。「体に脂肪がついたら指も自ず​と太くなる。」
     私の薬指は、#9から#10になっていました。

海の日はこうして暮れていきました。
今週は、石和温泉に二回行って(研修会と学校の旅行で)、週末から台湾です。

2012年07月15日

今年の夏、ヒマワリとおみくじの恵み

野菊のようですが、ヒマワリです。

s-himawari.jpg

「日に向かい咲くと書きし向日葵(ひまわり)を 植えんと求む種 年の瀬に」
と、種を買って詠んだ(←私が)、そのヒマワリの花です。

今日は、お江戸上野広小路亭というところに、
ジャカルタで知り合ったしゅんぷうていしょうまつさんの落語を聞きに行き、
その後、秋葉原に行ってそんさんとお昼を食べました。
そんさんは、浅草寺でひいたという「大吉」のおみくじをお財布に忍ばせ。

その間、ぼうさんとささきさんは成田空港。
来週からサマーコースに合流する香港の学生たちが来日しました。
学校がさらに賑やかになります。・・・ありがとうございます。

今、サザエさんが始まりました。しかし三連休なので明日の月曜日は休み。
でもでも、香港サマーコースの開講式のため、10時に学校に行きます。
だから、三連休ではありません。。

2012年07月14日

週末

7月になって2週間。
今年のサマーコースの午後と週末のアクティビティと学校訪問のスケジュールは
とっても複雑で、どうなってしまうかと危惧していたのですが、
順調にちゃんと進んでいるようで、動かしている皆、ほんとに偉い・・・です。

私はというと、午前中は美容院に行って髪を切りました。すっきり。
(というほどばっさりではないが。しかし気分は変わる。)

そして夜は、天ぷらを揚げました。家で自分で揚げるなんて何年振りか。
結構うまく揚がったと満足していたら、最後に油が左の薬指にかかり、
今もまだ痛い痛い痛い。ずっと氷水で冷やしています。

今日は今年一番の暑さだったとか。そうだ、海の日だ。
皆、夏バテしないでね。(と、自分に一番言っておいたほうがいいな。。)

2012年07月12日

経験したことのないような大雨

今朝、九州を襲った大豪雨のニュースを、今見ました。
そして、大変な被害だったということを改めて知りました。

端的にわかりやすく伝えたいとして気象庁が用意していたという、
「経験したことのないような大雨」という表現が初めて使われました。
「50年に一度あるかないか」という意味だそうですが、
経験したことがないような…では、人によって様々な想像をするから、
「〇〇(たとえば東海豪雨)に匹敵するような」という風に言うほうがいいとか、
いろいろ意見があったようです。今日の今日の話ですが。

私も今朝のニュースで「今日は経験したことのないような大雨」と言うのを聞いて、
じゃあ、きっと午後6時からの外での会議はなくなるだろうと思って家を出たのですが、
関東地方のことを言ったのではなかったみたいで、会議は予定通りありました。

民主党を抜けたOさんが作った新しい党の名前は、「国民の生活が第一」。
これは民主党のサブタイトルのようなものだったのですよね。
…でもなんでも、うーん、党の名前に使いますか。
いや、誰が使っても、何と名づけてもいいですけれど、
それは、本当に国民の生活が第一と思って、それを実行すればの話ですよね。

いまひとつ伝わりきっていないこれらの言葉より、今日一番心に響いたのは、
卒業生がFacebookでシェアしていた、これです。・・・ほんに、これ。

s-angry.jpg  (クリックするとリンク元に)

2012年07月10日

きらり☆日本語

今日、新しいテキストがでました。

s-kirari%20N5.jpg
(クリックすると紹介ページに飛びます。)

まずはどうぞお手にとってご覧ください。
実は、まだ私も実物は見ていないんですが…。
(今日は仕事であっちこっちで、学校に行かなかったので。)

アドレナリンの出しどころ

このタイトルの、「出しどころ」は私の言葉で、なぜ「アドレナリンの」かと言うと、
今日、「アドレナリン出しすぎてるんじゃないの」と指摘されたからです。

ジャカルタの後、少し元気を失っていたのですが(…熱気による疲労のために)、
でも、昨日あたりからまた突然スイッチが入って。
しかし、実はスイッチ不要というタイミング、それでアドレナリンのという指摘を…。

アドレナリンは、adrenalineです。 分子式はC9H13NO3(…とウィキペディアに)。
その作用は、交感神経が興奮した状態、
すなわち「闘争か逃走か (fight-or-flight)」のホルモンと呼ばれる。
動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった
状態に相当するストレス応答を、全身の器官に引き起こす。

だそうです。アドレナリン、しょっちゅう出していたら、そりゃ疲れるわ…ですね。

ところでサマーコース。アクティビティも学校訪問も順調に進行中のようです。

s-120710.jpg

今回、学生に体験のチャンスをくださっている専門学校の皆々様、
本当にどうもありがとうございます。(Facebookに写真があります→こちら。)

2012年07月07日

七夕

大雨ですねえ。

サマーコース、週末の引率が今日からスタート。
今日は、両国からお台場に水上バスで(・・・だそうです)。
昼間は天気が良かったからよかった。でも、蒸し暑かったでしょうねえ。

私は今までで経験したことがないほどの全身痛(プラス虚脱感)、
そうだ!薬を飲めばいいんだと気がついて、さっきようやくおさまりました。

今まで経験したことがないと言えば、
先週の土日のジャカルタでのイベント参加中のポカリスエット、
生まれてから飲んだ量をはるかに超えるほど飲みました。
あまり好きな味ではなかったのに、水よりもずっと体が受け入れるのですね、
飲むと体全体に浸み込み、汗になって全身から発散。
結果、トイレにはほとんど行かず。

s-summer%20cource%20201207.jpg

昨日のサマーコースの開講式での面々。
雨で七夕の願いは聞き入れてもらえなくても、こんなに学生に来てもらえたこと、
心から感謝しています。送ってくださった皆さんにも心から。

多摩地方、雨のおかげで

昨日の話です。

朝5時20分に起きて外を見たら、しゃあしゃあと降りしきる雨。
昨日は、7月生の入学式と7月サマーコースの開講式がダブルで。
こういうイベントは着物と決めていて、すべての準備をしていたのですが、
止む見込みまったくなしと思えたので、ワンピースで出かけました。

で、東京を横断して西の端の学校近くに行くと、雨どころか青空さえ見える。
…なんだこりゃ、着物でよかったじゃないか!と思いましたが、
さにあらず。

もし着物なんかで出かけていて、入学式と開講式の部屋の間を何往復もし、
その後出かけて歩き回ったりなんかしたら、おそらく、
ぶっ倒れて(倒れてじゃない)、這っても家まで帰りつけたかどうか…、
と、帰宅してから思いました。

12時間眠って起きた今も身体中が痛いです。
(理由の一つに、一昨日ふと思いついてラジオ体操第一と第二と、
ヨガ(の真似)をYouTubeを見ながらしたことにあることもわかってはいる。)

今日と明日、この土日の休みは神の恵み。
出張帰りでその元気、タフだと褒められましたが、
サービス精神旺盛なのと、調子者なだけです。

学校は、サマーコースのアクティビティと、
今年のコースの初企画である専門学校での体験と大学ツアーのため、
8月末まで土日も予定びっしり。担当者を中心に他の皆も交代で引率です。
20年近く前に、台湾を中心に夏期遊学コースを始めた頃は、
ごくごく普通に私もあっちこっちに引率に行っていました。…が、もう昔の話。

健康第一で、コースに参加の学生たちも引率の教職員ご一同も。。

2012年07月05日

インドネシア、日本、インターカルト

7月11日がジャカルタの州知事選挙とのことで、
町のあらゆるところに選挙ポスターが貼ってありました。

・・・が、変。これです。

s-DSC01032.jpg

4は(おそらく)政党の番号だと思うのですが、
こんな風に、1も2も3も、写真に写っている人の胸に釘が刺さっているのです。
~このポスターを発見した人に教えられ、一同騒然。落選祈願の藁人形のようなもの?

で、聞いてみたら、なんでもインドネシアでの選挙の投票は、
写っている写真に釘で穴を開けるのだそうです。(文盲の人が多いからとも…)。
なるほど。

ところで日本は、パンダに赤ちゃん誕生だそうですね。
こういうニュースは本当にのどかで平和。いつもこんなならいいですよね。

インターカルトは、7月生のオリエンテーションとサマーコースの空港出迎え。
〇〇からの学生たち到着、△△からも入国、◇◇入寮しました・・・、
と、各所に散った担当者たちから教職員共通アドレスに頻繁に報告のメール。

今日は一日休んでのんびり、・・・でもなくて、洗濯と出張のまとめ。
でも、学校の皆がきっちり動いている様子を離れているところで感じるのは、
なんというか、とても感動的で、胸にぐっと刺さる…ではなく、
ぐっとくるものがありました。お疲れ様。

2012年07月04日

ただいま、日本。

Terima kasih untuk Indonesia、ありがとうインドネシア。
ss-DSC01052.jpg

Thank you for Singapore、ありがとうシンガポール。
ss-DSC01111.jpg

そして今回はマレーシアから出張のサポートをしてもらったので、
+ Thank you for Malaysia、ありがとうマレーシア、です。

シンガポールから赤道を越えてジャカルタに戻って、
そこから帰国する予定を変更して、シンガポールから直接帰ってきました。
そりゃあ、もちろんその方がいいですよね。

色々なところをまわって、
そこで日本語を勉強している人たちに接するのも楽しいですが、
そこで日本語を教えている人、さらには学校を経営している人に会って、
様々な話を聞くことは、何よりも自分の刺激になります。

三国三者三様、それぞれの方がそれぞれの信念をもっていて…。
皆が、「ガイアの夜明け」、「カンブリア宮殿」、「プロフェッショナル」級。
今回もとにかく凄かったです。

私は明日一日、がーっと休んで、
明後日の7月生入学式とサマーコースの開講式に臨みます。
学校の面々は、今日は新入生の出迎え、明日はオリエンテーション。
みんなも、お疲れさま!

2012年07月01日

男結び・女結び

初対面の男の人に、着物の帯を絞めてほしいと頼まれました。
今日のイベントの司会を務めるという、在住日本人の方で、
私に背中を向けて両手を水平に肩まで上げて。

イベントで今までにも何度か男結びの経験はあるのですが、
まあ、そのたびに適当に。
それで今日も、適当にやっても誰もわかりませんよと、
その人も言うので、実力の範囲内で精一杯。
何度もお礼を言われて、一件落着…のつもりでした。

s-DSC00963.jpg

でも、プロが見たらわかるんですねえ。当たり前ですが。
同行の落語家さんに、司会の人の帯、私が結んだんですよー
と言ったら、女結びだなと思ってました、
と言われてしまいました。

あやぁ、女結びというか女結びの小さいの、
蝶々みたいな感じ、それがでんとした腰の辺りにちょこんと。

さすがプロは鋭いなと、ほんとに当たり前のことなんですが。
落語家さんはその後、男結びの指導をしてくださいました。
まあ適当っていうのは駄目なんですよね。何事も。

電力問題

まずはその前に、今日はJLPT日本語能力試験。
みんな、がんばれー! \(*⌒0⌒)b♪

さて一昨日、ジャカルタに着いてから突然、
日本の企業T芝さんから大型テレビを借りられることになり、
急きょ画像や動画をDVDに落としてもらって、
当日に備えました。
(海外で仕事をする時は、この突然や急きょへの対応能力は
必須ですよね。)

:
:
:

しかし、当日(昨日)、電気がなかなかきません。ほんとになかなか。
(そう、この、想定外への精神的対応能力も必須。
ある意味、この時の交渉能力など以上に。)

結局電気は、ちょっとずっとたってからついたのですが、
電気って大事なのですね、と改めて。
あの地震の時、そして今まだ大きくある日本の電力問題にも
思いをはせました。