« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月31日

2012年1月最後の日

ああ、もう今日で一ヶ月が終わりですね。

2012.jpg

今日はちょっと体が重く(質実共に)、
少し遅れて学校に行こうと思っていたのですが、
携帯にかかってくる電話に出て話してかけて、メールの返信して…。
結局、行かなくてもここで仕事ができるのではないかということで、
行かず。かえって捗った(はかどった、と読む)。

でも、だからといって、これからいつも在宅勤務は、…無理ですよね。

2012年01月30日

今日も一日

元気にいきましょう!
電車、一本乗り遅れました。
混み具合によって間に合うか間に合わないか。
みんな、たくさん着ているし。。

2012年01月29日

日曜日

野菜と魚の一日でした。
胆石の原因は、要は脂質の取り過ぎです。
お肉、若い頃に比べたら今はほとんど食べていないに等しいのに。

普通に一日が過ぎていきます。家でも学校でも。
そのことに気づく時、いや、そうじゃないという気持ちになります。
こういうことを、私の立場の人間がこんな風に書いていいのかどうか。
でも、普通なのではなくて普通にしているだけだということを、
みんなの代わりに言わなくちゃ、と。

明日は月曜日。学校に行ってみんなの顔を見た方が楽です。
楽という字は、楽しい、でもありますね。

2012年01月28日

土曜日の朝です。

昨日は、行くつもりでいて行けないでいた健康診断の再検査に。
胃だとばかり思って胃カメラを想像しながら行ったら、
問題は胆石。(…結果シートをとても雑に見ていた。。)
胃はC、胆嚢がE、他の結果はすべてA。
痛いわけではないので、年に一度石の大きさを見ればいいそうです。
あとは油っぽいものを控えること(←これは大変)。

病院から学校に行く途中の、本郷三丁目の駅。
背筋がぴんと伸びるほどに、正しい日本語。

s-2012-01-27.jpg

今朝は、目が覚めたら携帯がピロピロ鳴って、いきなり地震。
私がいる東京西部は震度4、東部は3だとテレビの画面に出ました。
学生たち、寝ていて気づいていないといいけれど。
地球の地質の変動のことは聞いているけれど、動かないでほしいです。

2012年01月26日

ホチキスの〇〇

このブログを始めたばかりの2003年3月31日に、
------------
ホチキスといえば、あの、中に入っているコの字型のを何て言います? 
私は「シン」。
以前、インターカルト内の身近な人に聞いたところ、
少し若めの方たちは「ハリ」でした。
少し上の方の中には「タマ」と言う方もいました。
------------
と書いたのですが、9年を経た今日、再び同じ話題になりました。
やっぱり若者は「ハリ」で、私は「シン」で、さらに上の人が「タマ」。

「白髪」と「ロマンスグレー」も違うよね、という話題も。
若くても白い髪があったら、それは白髪で、
でも、ロマンスグレーは若者には使わない。

「アメリカ人」=「ヤンキー」かという話題も。
アメリカ人のような風貌の人が「ヤンキー」ではありませんよね。
今、俗に言うヤンキーって不良少年?(…とウィキペディアにある)
だから年配のヤンキーは存在しないと思うのだけれど、
私とそう年が変わらない人のことをヤンキーと言った人がいて…。

2012年01月25日

生業(なりわい)

昨日ここに「言葉を生業にしている」と書いたけれど、
今朝学校に行く途中、商店街を歩きながら、違うなと思いました。
生業にしているのはもっと人生に関わること。そうなのです。なのに。

この二十日の間に、今まで関わることのなかった生業の方達ともお近づきに。
まさに今日まで一緒に歩いてきたのだと思うのですが、
生業がなんであれ誠意をもって力を尽くしたら、より大きな力を生む。きっと。

この二十日間、たくさんの誠意の中にいたと思います。
それを、学生たちからもたくさんたくさん与えてもらいました。
学生と教師とスタッフと、台湾の事務所と代表處と警察と、そして卒業生と、
皆で支え合って支えてもらったから、今日までこられたように思います。

ところで、7月9日から新しい在留管理制度がスタートします。
ちゃんと勉強しなければ。そ、立ち止まっていないで前に進まなければ。

2012年01月24日

やるせない

昨日の夜降った雪で路面がつるつるに凍った今朝のテレビ。
空港で、無言で会釈だけして去ったアメリカ帰りのダルビッシュ。
頭からすっぽりフードをかぶりマスクとサングラスで顔を隠したあゆ。
なんだか気持ちわかるなと思いました。

報道の人たちは、本当にすごい。
今回の私たちは現地メディアが主でしたが、彼らの主張は「仕事」。
こんな時にするそんなことが仕事だったら、哀しい仕事ですよね。

事実に反することが一番困ります。
おそらく現地の報道を見た日本の方が(決して悪意ではなく、でも)
「学校は相談を受けていたそうですから」と書いているのを見ました。
でも、そういう事実はないんです。

と、こんなことを書きながらも、
この話題を書いたきっかけを思い出すと、ただ、やるせないだけ。

久しぶりに写真を載せます。
s-2012-01-24_07.00.37.jpg

今日は、日振協の日本語教育機関事務連絡協議会。会員校が全国から。
かなり雪が解けた午後、行って、そこで今回の件の報告をしました。
言葉を生業にしているけれど、言葉って本当にむずかしい。
あんな風に話したけれど、ちゃんと伝わったかなと思っています。

2012年01月23日

雪ですね。

天気予報が、関東地方に大雪注意報と言っています。あら。
でもFacebook上では学生たちが、雪だ!雪だ!と競って写真を載せてます。

今日は午前中の外での仕事を終えて、お昼過ぎに学校へ。
一階のエレベーター前で会った学生は地中海沿岸の暖かい国から。「寒い寒い」。
次に来た学生の生まれ故郷は「そんなに寒くないけど日本より寒いですー」。
次は北の国から。(ちょっと自慢げに)「My countryは今マイナス30℃だよー」。
一同(三名)「えーーーー~!」。
四人で一緒にエレベーターに乗って、私だけ三階で下車。皆は授業へ。

一週間ぶりの学校。

2012年01月21日

新年快楽!

台湾でするべき大きな仕事を終えることができたので、
予定を一日繰り上げて、大晦日の明日、日本に帰ることにしました。
お正月を見られないのは残念ですが、改めてまた出直します。

まだまだ色々は続いていて、思いはずっと消えることはないのだけれど、
明日大晦日を迎えるこの地と一緒に、再度一年を締めくくろうかなと思います。

日本では、皆で餃子づくり。400個も作ったらしいです。
「新年快楽(シンニェンクヮイラ)!」
「あけましておめでとう」だけれど、年末には「よいお年を」という意味で。
新年快楽。心から。

2012年01月20日

旧正月前

台湾は今日、今年の仕事納めだそうで、
新幹線は都会から地方に帰省する人たちで席がほとんど埋まっていました。
22日の土曜日が大晦日で、23日がお正月です。

午前中事務所にいた時に、知らない方から電話がありました。
私たちの学校を、応援していますという内容だったそうです。
今回のことがあってから、学校にもたくさんの電話、そしてご家族への御香典。
日本の方たちは、震災の時に応援してくださったお返しにとおっしゃいました。
(ご存じのことと思いますが、去年3月11日の大震災の時、
台湾の方々は200億円を超える義援金を集めて日本に送ってくださいました。)
そして、同じ台湾人留学生としてと、
わざわざ学校にお花を届けてくださった他校の学生さんもいました。

ありがとうという言葉が口をついて出ますが、切ないです。

今日、東京は雪だったそうですね。
皆様、風邪など召されませんよう。心穏やかに週末を過ごしてくださいますよう。

2012年01月19日

伝言

今日の午後は、日本から葬儀に参列するために台湾に来た
クラスメートたちと一緒に過ごしました。
四人のうち二人は台湾出身で、二人は中国の学生です。
この四人と今回被害に遭った一人はとっても仲良しで、いつも一緒でした。
彼ら四人と台湾事務所の三人と私の計八人で、
円卓を囲んで食べて飲んで喋って、その後ぶらぶら歩いて・・・。

「もう泣かないで、笑って」。
昨日の葬儀の後、ご両親から学校の皆に向けて預かった伝言の通りに。
日本にいる皆も、加油!・・・無理しないで少しずつでいいから、加油!

2012年01月18日

PCの画面越しに学生や教職員の顔を見ました。
学校でお餅をついて、お汁粉を食べて。
笑って写っている様子は健気。でも頼もしいです。

明けない夜はない。・・・ですね。
私は、仲のよかった友人たちと台湾事務所のスタッフと一緒に、
学校を代表して彼女たちにお別れを言いに行きます。

・・・台湾にて。

2012年01月16日

時は、

時に何かを薄めてくれます。きっと。
でも、時に何かをより深く大きくしたり、また、時には何かを蘇らせたり。
さざめく波があっちからもこっちからも。でも、私はなぜか淡々。。

明日、学校は毎年恒例の鏡開き。
10:00からお汁粉の下準備をして、11:30と13:30からお餅つきだそうです。
皆と一緒に食べたいけれど、早起きをして出かけます。
みんなはいっぱい食べていっぱい楽しんでね。

2012年01月15日

明日から

新しい週が始まります。
朱さんと林さんのご両親がおっしゃってくださったように、
私たちはこれから前に向かっていきます。…いかなくては。

ついさっき、明日から始まる冬期遊学コースに参加する学生たちが、
台湾からやってきました。
明日開講式。一ヶ月の間、午後様々なアクティビティもあります。
在校生の皆も一緒にそれらができたらと思います。

一歩一歩。無理しないで一歩一歩。

2012年01月14日

一歩一歩

昨日から日本語学校長期コースの冬学期が始まりました。
午前のクラスも午後のクラスも、授業が始まる前に全員が1階ラウンジに集合。
私から今回のことのあらましを話し、その後全員で黙祷しました。

思いはそれぞれ、一人一人。
これから皆、自分にとって一番無理のないスピードで一歩一歩だと思います。

。。。一緒に今日を迎えられなかった朱立婕さん林芷瀅さんのご家族から、
葬儀の後に、在校生と学校宛のお手紙をいただきました。
(ご両家の了解のもとに掲載しています。)

皆様、ありがとうございます。

2012年01月11日

ご報告

本日1月11日、
当校学生の朱立婕さん、林芷瀅さんの葬儀を執り行いました。

ここに改めて、今回命を落とした学生たちの冥福を心からお祈りいたします。
私たちはこのような痛ましい事件が二度と起こらないことを心から願っています。

これから私たちは、在校生と共に通常通りの毎日を始めます。
どうか、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(なお、ご遺族のご希望により近親者と校内の親しい友人、教職員、
及びごく近い関係者のみが参列する形で葬儀を行うことにしたため、
事前に公表することを控えさせていただきましたことをご了解いただきたく
お願い申し上げます。)

2012年01月08日

皆様へ

朱さんと林さんの冥福をお祈りしながら、
皆様からの温かいお言葉、励ましに感謝しています。
今私たちは、私たちが今できることを精一杯しています。
そして、一日も早いすべての解決を心から願っています。

2012年01月04日

からみ餅、ああからみ餅、からみ餅

お正月はお餅、お餅はからみ餅。

s-DSC00800.jpg

仕事始め。
なんだか今日は、からみ餅みたいな一日でした。

2012年01月03日

初泳ぎ・初富士山

初泳ぎ…なんて言うことができるのは、いつも泳いでいる人ですね。
一年(以上)ぶりに!うちの隣の隣の!フィットネスクラブに行って、
泳ぎました!!

去年は結局一度も行かず。会費を寄付(したようなもの)。
そのお返しに日々もらった贅肉を返品しに…(^_^)v hahaha.

s-DSC00796.jpg

今日の夕方の富士山。ねえ、きれいですよねえ。うちのベランダから。
初日の出にもこんな富士山にも、思わず手を合わせてしまいます。

明日は2012年の初仕事です。
去年のことは去年のこととして、すべてが「元年」のつもりでいきます。

2012年01月02日

佳き年に

お正月にしか食べない、おめでたいもの。
ちょうろぎ」と「やつがしら」。
ちょうろぎは「長老木」「長老喜」「千代呂木」等と書くんですよね。
やつがしらは「八つ頭」。里芋の親芋+子芋=大仏様の頭のようなお芋。

で、お正月って案外忙しいものですよね。
昨日と今日あっちこっちをまわって、さっき家に帰ってきました。
うちの近くの大國魂神社の境内を通ったら、まだ開いているお店が少し。

s-DSC00786.jpg

今年もきっとあっちこっち。
結局今年になってから書き始めた年賀状に「佳き年に」。
元日の夜から日にちをまたいで午前三時まで書いていて、
その後、がーっと寝たので、初夢・・・たぶんみていない。。

2012年01月01日

2012年(平成24年)の初日は、

初日の出を見るために早起きしました。

1-1-1.jpg

1-1-2.jpg

1-1-3.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

20120101.jpg

年末に訪ねたドイツに住む日本の方が、
日本は、高い技術力や信用性といった良いところを
ブランドとして世界に売り出していくべきだと思う、
決して安売りすることなく、ただ手を広げることなく…
とおっしゃっていました。
インターカルトもそうありたいと思います。

個人的には、…できるだけたくさん寝る、ですかね。