« 年齢を判断する方法 | メイン | 誰のため・なんのため »

びっくり

昨日の朝、
大江戸線新御徒町駅をぼーっと歩いていて発見しました。

私たちの学校の案内。もう、本当にびっくり。

080529.jpg

A2出口、どこそこというのは、
ちゃんと認知されている所しか出ないのだと思っていました。
まずは、そのことにびっくり。

案内を出してもらえないかと、駅長さんに交渉してくれた人、
ありがとうございました。
学校の中で、自分が知らない間に、
こういうことがちゃんと動いているということが、
びっくりでもあり、嬉しくもありました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.incul.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/902

コメント

これはうれしいでしょうね。
もう、ゼッタイうれしい。

以前、有名な美容院がJCCの三軒隣に越してきたとき、
広告に、「ジャカルタコミュニケーションクラブのすぐそば」と書かれているのを見て、
一瞬、「むむ、許可なくうちの名前を使ったな」と思いはしたものの、
やっぱりすごくうれしかったことを思い出しました。

でも、地下鉄の案内なんて、
これはもう美容院の広告の比ではありませんね。
Ibu Katoの驚喜がこちらまで伝わってきました。



 このような表示していただけたら
解りやすくていいですね。

 有難い事ですね。

今度見てみます。

 先生の「素敵なワンピース姿」拝見したかったですね。

Ibu Kaikiri、
え、ほんとにびっくりでした。
ところで、そちらも、

 2008年度国際交流基金主催
 「日本語弁論大会」ジャカルタ近郊地区大会
 JCC代表のディディさん優勝!

おめでとうございます!
JCC、今まで何人の優勝者を輩出したのでしょう。
すばらしい。皆さんの日頃の成果ですね。

怜悧さん、
はい、ぜひ見てください。
A2出口に向かって上る最初の階段のところです。

ところで「素敵なワンピース姿」とは?んんんんん?
金曜日にワンピース着て行きましたが、そのことでしょうか?
だとしたら、誰が見て誰が怜悧さんに話したのでしょう?
びっくり。

Ibu Kato,
日本語弁論大会へのお祝いの言葉ありがとうございます。

身内自慢をいたしますと、
これまでの11年で10人出場、ほぼ毎年です。
そして10人全員地区大会で入賞し、全国大会にコマを進めました。
その全国大会で1位か2位になると日本に招待されるのですが、
10人のうち5人が日本行きを叶えました。

さて、今年の全国大会は…?

今日から、インターカルト出身の力丸真耶先生がスピーチの指導に加わりました。

Ibu Kaikiri、
11年で10人出場…、JCCは去年創立10周年だったわけだから、
ほぼ毎年出場ということですよね。さらに1位か2位とは!
力丸真耶先生によろしくお伝えください。彼女の活躍は私たちの誇りです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)