« ラッキーセブン | メイン | 消費の切り札・人材の宝庫? »

これは!というCM

そういうのに出会うことは、めったにありません。
反対に、どういう神経でこういうのを作ったんでしょ、とか、
社内で会議開いて、こういうのを選んじゃうわけ?とか、
そういう類のCMは多々。

‘そういう類の’の、そういうとはどういうのかと言うと、
無難なの、特に特徴のないCMです。
だから、そういうのは絶対に好きなCMにはなり得ないのですよね。

で、私は何が好きかと言うと、いつも言ってるようにソフトバンク。
「白戸家「校長」篇」。え?お母さんが校長先生?まさかの展開。
最近の、「白戸家「同窓会」篇」。白戸が犬になるとはな。
見たことない人は、こちらで。

それから、オリックス生命。「しっかりしなきゃ「占い師」篇」。
最後の、のだめの上野樹里さんがうんうんとうなずく様子が好きです。
それは、こちらで。(便利。こうやって簡単にこれと言える。)
あら、上野樹里さんのプロフィールによると今日が誕生日。
同じです。おめでとうございます。

そして今日、カルビーの新しいCMを見ました。
「Jagabee Style篇」。が~まるちょばです。こちら
髪の赤い方の彼は養成コース修了生です、頑張ってますね。
(彼の期は特に、各方面で活躍する人がたくさん。)

どうせ作るなら、心に残るCM、好きと言われるCMをと思うのですが、
それがどうしてそうならないかと言うと、これは聞いた話ですが、
物凄いCMは、物凄すぎて、
それを理解できない会社の幹部たちに潰されてしまうのだそうです。
それで、無難なCMに。

なんたること。
それを聞いた時、そうはありたくないなと強く思った私でした。
というわけで、明日からまた新しい一週間。どっこいしょ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.incul.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/897