« バンコクでリハビリ | メイン | ネット社会の憂鬱 »

先生の日

20日にバンコクからホーチミンへ、21日の晩、ホーチミンを発って、
今日、日本に帰ってきました。ふーっ、寒。

11月20日、ベトナムは「先生の日」でした。
訪ねた先のSaigon Language School(SLS)には、お花がたくさん。
で、これ、

071120-1.jpg

私がもらったお花です。
左は、SLSの経営者ご夫妻から、そして右のお花のバスケットは、
着任5ヶ月になる、インターカルト養成修了生mizusawaさんのクラスの学生たちから。
mizusawaさんにはもちろん、授業見学に入った私にも調達してくれました!

071120-2.jpg

上の写真、真ん中でピースをしているmizusawaさん、わかります?
小さい体から大きな声、ぐいぐいと学生を引っ張っていました。
先生も学生も明るくて元気、とても雰囲気のいいクラスでした。

下の写真、こちらは19日です。
タイのJeducation Centerに着任1ヵ月の修了生、yamaguchiさんのクラス。

071120-3.jpg

「写真!」と言ったら、どどどっと前に集まってくれました。
右端のyamaguchiさん、スカートはいて先生らしかったです。
(養成の時代に、スカートをはいているのを見たことがなかったので。)

そしてこれは17日。
バンコクでの日本留学フェアの会場に来てくれたtakaiさんと。
協力隊の派遣で、バンコクの北、スパンブリーにある高校で教えています。
クラスの人数、40人、50人は普通だそうです。

071120-4.jpg

みんな、ちゃんと先生。
国内以上に、適応力、臨機応変に対応することを求められる海外の先生たち。
今回会った海外で活躍する修了生たちは、
それぞれ悩みながら試行錯誤しながら毎日を過ごしているようなのですが、
とても頼もしくて、とっても大きく見えました。

もしチャンスがあるなら、
海外で日本語教師、やってみたらいいと思いますよ、絶対に。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.incul.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/593