« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日

帰国

いつでもどこでも割と効率的に寝られるので、
昨夜から今朝にかけてのクアラルンプール→成田でも、そこそこに。

なのですが、成田に着いたとたん、胃は痛いは熱っぽくはなるは・・・。
おそらく、「今年最後の出張」が終わった安堵感から。
家に帰ってきてがっと寝て、今なんとなく回復の様相です。

s-76765_156376411073280_100001027659252_278658_5794694_n.jpg

s-155148_156372861073635_100001027659252_278643_7222566_n.jpg

インドネシアは、私がかねてから知っているインドネシアの通りに、
その進行方法が日本式と違って非常に独特であったのですが、
まあ、物事、なんでも一つ一つ一歩一歩ですから。
面白がり屋の私たちには、可笑しいこともあまたあり、
結構たくさんのネタをもらって帰ってきました。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。

そうそう、帰りに寄ったマレーシアでは、これはもう、
数時間の間に様々なことが(私たちの頭の中で)まとまり、
とても有意義な、滞在時間24時間余りとなりました。

2010年11月28日

We are インチュル。

バンドンでのフェア終了。
インターカルトの略(?)「incul」 がインドネシア語の発音では「インチュル」になる。
インカルよりいいんじゃないか、と思いました。かわいい音です。
高校生たちが「インチュル、インチュル」と連呼していました。

101127-2.jpg 101127.jpg

昨日も一日、来場者たちと記念撮影(モデル)のkidoさん。
私は、うーんなんだか姑みたい。息子とその許嫁(いいなずけ)と。
学校紹介を一緒にしてくれたwawanさんと、今はバンドンに住むdewiさんと。
彼女はen塾で去年かぐや姫のおばあさんを演じた人です。(wawanさんの役は武士。)

s-20101128-2.jpg s-20101128-1.jpg

そして今日はバンドンからクアラルンプールに移動。
飛行機、12:00出発のために9:45くらいに空港着。
が、しかし大幅の遅れ(機体が来なかった)で、遅れに遅れて16:30過ぎにやっと離陸。

クアラルンプールの空港には、ATOZのnishioさんが迎えに来てくれていました。
夜半まで、喋喋喋。

2010年11月26日

Japan Education Fair 2010 in Bandung, Indonesia.

バンドンは軽井沢にたとえられるそうですが、とてもよい気候で心地よい風。
と思っていたら、2,000人以上がどどどっとやってきて、熱気が室温を大幅に上げました。

s-P1070773.jpg s-P1070774.jpg

s-P1070788.jpg s-2010-11-26_09.07.22.jpg

今日の私たちは、wawanさん=完璧、kato=大雑把なインドネシア語で説明、
それを聞き終えた人たちは席を立ってブース脇の空間に移動して、
順番待ちをして、kidoさんと一緒に記念撮影・・・という流れ。

なんだか凄い一日でした。…明日も続きます。

2010年11月25日

日本大好き!…だそうです。

インドネシアのバンドンにいます。

s-P1070712.jpg s-P1070724.jpg s-P1070742.jpg s-P1070743.jpg

日本が大好きで大好きで、一生懸命日本語を勉強している彼らを見ていると、
みんな連れて帰って、本物の日本を体験させてあげたくなります。
こんな風に、日本大好きと言ってくれる人たち、本当にありがたいですよね。

今回の出張は、ずっと他の日本語学校や高校、大学の人たちと一緒、
修学旅行みたいで、これはこれで楽しいです。

2010年11月23日

明日からまた。

今日は、この仕事を始めたばかりの頃に掛け持ちしていた、
渋谷にあった日本語学校の卒業生が日本に来ているというので、
当時の先輩の先生たちと彼(と奥さんと娘さん)と一緒にお昼を新宿で。

一年くらいしか籍を置かなかった学校なのに、
今でもこうやって何かあるたびに会う機会が20数年の間に何度も。
卒業生の彼は、経営する会社の社員と家族と親戚と総勢23名の旅行で、
明日マレーシアに帰ります。

それとは別の便で私は、明日、マレーシア経由でインドネシアに行って、
帰りにマレーシアに寄って30日に帰国します。
今年最後の出張。今度は風邪をひかずに帰ってきますね。

2010年11月22日

今年もまたこの季節

午前中は、韓国の〇〇大学から日本研修の皆さんが来校。
日本語の特別授業を受けた後、会食しながら養成の学生たちと交流。
インターカルトの卒業生で、その後学校で一緒に仕事もした、
今は彼らの日本語の先生であるwhiteさんが一行を引率してきてくれました。
学生さんたちは皆社会人で、公費で日本語研修を受けているとか。
とっても明るくてうきうきした様子で、羨ましかったです。

午後は日振協で、来年度の日本語学校教育研究大会第一回委員会。
開催は、2011年8月8日と9日です。(手帳に書き込んでください。)

s-2010-11-22_17.11.27.jpg s-2010-11-22_17.10.57.jpg

s-2010-11-22_17.25.24.jpg s-2010-11-22_17.30.09.jpg

日振協から新宿駅南口に行く途中のサザンテラスのイルミネーション。
こうやって、毎年毎年、日振協からの帰りに写真を撮っています。
もう何年になるんでしょ。

2010年11月21日

七五三、二五八

家の近くにある大國魂神社には、七五三の親子連れがたくさんいました。
ご承知の通り、七歳と五歳と三歳のお祝いだから七五三。

一昨日テレビを見ていたら、平成教育なんとかという番組の予告編で、
二五八の意味は何かというのが問題になっていました。
近江の方言で、「二五十(2×5=10)」に満たないことから(2×5≠8)、
いい加減、大体、まあまあという意味だと言っていました。

二五八、ありですよねえ。

・・・(もちろん絶対にダメな場合もあります!!)

2010年11月20日

NG!

買いかぶりか思い違いか、自分は、
あがらない、緊張しない、心臓がバクバクしない人間だと思っていました。

それが昨日、とある映像の撮影があり、
一人で‘カメラの方を見ないで喋る’というのをしたのですが、
ダメでした。何度も何度も何度もNG。その度に、
よくテレビで放映している「NG集」に出てくる俳優さんたちのように、
「ああ、ごめんなさい」とか「すみません、もう一度」とか、
ちょっと横向いて早口で台詞の練習とか、肩と首を回すとか。

最後、「はい、完璧」と声をかけられて終わったのですが、
いやぁ、違うと思う。適当なところで手を打たれたのだと思います。絶対。

P1080917.jpg

私の前に撮影された真ん中のMr.sasaki先生は、
明るくてリラックスしていて、とっても良かったと褒められていました。

いや、私、違うな。
あがったとか、緊張したとか、心臓がバクバクしたとかではなく、
自分がイヤになった。です。

2010年11月18日

「伯方の塩」&「扇雀飴本舗」

この粗塩が好きです。(全然おしゃれじゃない。)

s-p_arashio.jpg

しかし、昨日だったか今朝だったか、とてもおしゃれな容器入りの、
名前も「フルール・ド・セル」とおしゃれに変身した伯方の塩のCM。
HPによると「 グラスボトルデザイン審査員特別賞」を受賞とか。 )

そして今日、日振協で「はちみつ100%のキャンディー」が話題に。

s-honey100.jpg

会議に出席していたほとんどの人が、美味しいと絶賛していました。
中の一人の「作っているの、扇雀飴本舗ですよ」に、一同「お~っ!」。

老舗だとか伝統だとか、そういうのに胡坐かいてちゃダメなんだなと、
他の人たちは何を思ってキャンディーの話をしていたかわかりませんが、
私はそれを胸に刻んで気持ちを新たにしました。・・・以上。

2010年11月17日

謝謝你真誠。

さて、問題です。これは何でしょう。

101117.jpg

答え。ワイシャツの破れた胸ポケットです。

今日、学校を訪ねてくれた人が、応接室で私と話している時に、
胸ポケットから携帯電話を出そうとして出しそこない、
無理やり引っ張りだそうという力に負けたポケットが、
ビリビリビリッと音をたてて破れました。

結構真面目に話している時に起こった事件で、
破った本人も、いやぁまいったなぁとか何とか言いながらも、
バツが悪そうにスーツの上着をかきあわせたりしたので、
私も何とフォローをしたものやら、しかし可笑しくて笑いたくて…。

今日は色々あって、夕方までこのことを忘れていたのですが、
(おそらく開き直った)ご本人からこの写真が送られてきたので、
今日のblogのテーマにすることにしました。

本当に今日は色々あって、目を吊り上げっぱなしの一日だったんですが、
そのさなかのこのポケット事件、一瞬私を心穏やかにしてくれました。
ありがとうございました。某ホームステイ会社のKさん。

そして、今日のこの話には登場しないのですが、もう一人、
心から感謝と敬意を表したい人のこと。ここに詳しくは書けないのですが、
海を隔てた向こうのビジネスパートナーSさん。表す言葉がありません。

2010年11月16日

三歩進んで二歩さがる = 一歩進む

今日は、4つも会議をしました。校内でです。
いろんなのがたまたま重なったというだけのことですが、
会議の多い組織=できない組織、というような構図も浮かびます。
いや、いいか悪いかではなく、どれだけの実りをもたらす会議であるか。

s-P1070556.jpg
     sakuhin

いつのどこのどの会議でも、少なくとも一歩は前に進みたい。
今日の会議×4、何歩前に進めたか。

2010年11月14日

眠い。

たとえば、電車でも飛行機でも、お風呂の中でもPCの前でも、
ほんの少しできた時間に深く眠る=効率的に睡眠をとる、
という特技または習性があるのですが、
この数日の眠気はただものではないような気がしています。

昨日ここにも書きましたが、目が覚めたら午後4時とか、
今日の千葉への往復お見舞い小旅行での電車でも、
乗り換えるたびに、席については即座に熟睡…の繰り返し。

春眠ならぬ、初冬眠暁を覚えず。(-_-)zzz

2010年11月13日

平たい顔族

舞台はハドリアヌス帝時代、西暦130年代の古代ローマ。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
ヤマザキマリ
4047261270

「平たい顔族」、それはアジア系有色人種の未来の姿。
すなわち現代日本人であり、
ルシウスは浴場を使ったタイムトラベラーとなっていたのだった。
(Wikipedia あらすじ)

イタイアでy.nishiokaさんとこの漫画を話題にしていた
n.kidoさんが貸してくれました。
ファッション、メイク、ネイル、ヘア、アニメ、マンガ、オタク・・・、
そういう世界が私の間近に突然現れた数年前から、
私の人生はちょっと変わった、というか、広がったような気がしています。

今年も残すところ、あと1ヵ月と半分。
来年をどう過ごしたらいいか、来年以降をどうするか、
そういうことのヒントを与えてくれる人がまた、私の身近に何人かいて、
新しい手帳を前に、平たい顔族の一人はちょっとウキウキなどしています。

この倣り(おごり)のない平たい顔族のすっとぼけた様子が、
逆に何とも腹立たしい!(第4話)

今日、目が覚めたのは午後4時でした。

2010年11月12日

ウォッグ・レーマー

これをすると暖かくていいよと、ある人が言いました。
音だけで記憶をたどると、こういうことになってしまうんですね。
言いたかったのは、レッグ・ウォーマー。
Leg warmer―足を温める。理屈で考えたら絶対に間違わないのに。

2010年11月11日

水を得た魚たち・脂ののった魚たち

今日も、色々な価値観、ライフスタイル、ライフプラン…の人に会いました。
人と会って話して得ること、本当に多いですよね。

s-P1070675.jpg

日本語学習中のエットレさん(伊)の「魚」。書き順は芸術を超えていました。

今日のお昼、六本木で食べた金目鯛は脂がのっていて本当に美味しかったです。
人間も魚も、からっからには乾いていたくないですよね。

2010年11月10日

予め定める。

二週間ぶりに学校に行きました。学校の前で学生が皆、挨拶してくれて、
・・・ああ、忘れられていなかったというような気持ちで嬉しかった。

何人かの人との電話やメールのやりとりで、
あっと言う間に来週の予定表が埋まってしまいました。

あらかじめさだめる。当然のことながら、予定。
予定がなくなったら寂しいでしょうけれど、隙間がないのも寂しい。。

s-P1070693.jpg
(昨日の夕方、うちのベランダから見えた富士山)

明日の朝は六本木ヒルズに立ち寄り(!?)後、学校です。

2010年11月09日

現況

2010年、まだ1ヵ月と20日くらいあるというのに、
私の身体は、この一年の総決算をし終えたような勘違い態勢。
今までの不摂生のツケがまとめてどっときたような。

あんなに出ていた咳は、
お医者さんでもらった薬のおかげでピタリと止まりました。さすが。

2010年11月07日

手ぬぐいの効用

今朝、無事帰国しました。
無事なのですが、ひいた風邪をいまだに引きずっていて咳がグェングェン。
インフルエンザ全盛期ではないからいいものの、それでも機内での咳は憚られ、
しかし薬イマイチ効かず、マスクなし。

s-P1070689.jpg

で、持参のこの紫地に白の渦巻きの手ぬぐいを縦に三つ折りにし、
口と鼻をふさいで頭の後ろで縛り、マスク様にして11時間弱を過ごしました。
見ようによっては猿轡(さるぐつわ)。

手ぬぐい、最近ちょっと流行りのようで色々な使い方が巷に出回っていますが、
これは我ながらgood ideaでした。

それで思い出して検索してみたら、30周年記念のインターカルトの手ぬぐい、
今もまだ見られました。これ
嗚呼、あれから3年。…しかし、感慨は後にして、私はまず休養。。

2010年11月06日

"L'ultima cena" in Italy.

「最後の晩餐」というような意味。
google翻訳でイタリア語にしたんですが、正しいかどうかは定かではありません。

s-P1070684.jpg
日本と日本文化と日本語が大好きな人たちと。とっても遅くまで。。

部屋に戻ってfacebookを見たら、
">インターカルトの学生寮の紹介(by Mr.kihara)がYoutubeにアップされていました。

ではでは、明日の朝ヴェネチアを発ちます。パリ経由で成田着は7日(月)の朝です。
Grazie!

2010年11月05日

イタリア、あと二日

心躍ったルッカの後、

s-P1070483.jpg s-P1070497.jpg

ミラノで二日過ごし(仕事をし)、

s-P1070535.jpg s-P1070581.jpg

今日パドヴァに来ました。

今回の出張はその行程のほとんどを、
私がこの仕事を始めて少したった頃の年齢の女性たちと過ごしています。
しばらく忘れていた頃のことを語らせられること、しばしば。
私自身も刺激を受けています。

が、ここにきて少々気が緩んだのか、ちょっと風邪をひいてしまいました。

2010年11月02日

Lucca 終了

ヴェネツィアやミラノの大雨の被害は大変なものだと、テレビのニュースで見ました。
今年のルッカは4日のうち2日が雨、それでも10数万人は集まったらしい。

s-P1070485.jpg s-P1070529.jpg
今日の我ら。                    終了後ochacaffeフルキャスト記念撮影。

明日は、大雨で電車が止まっているかもしれないというミラノに向かいます。

2010年11月01日

今年も“Lucca Comics & Games” in Italy.

10月の最終土曜日までがサマータイムとのことで、
今朝、午前8時に朝食に集合したつもりが、今日からそれは午前7時…でした。
昨日更新できなかったので、二日分まとめて。

s-P1070335.jpg s-P1070387.jpg
昨日の私たち(Lucca郊外のホテル前)。   日本語中級の授業と日本語教授法ワークショップ。

s-P1070344.jpg s-P1070348.jpg
Lucca市全体(城壁内)がフェスティバル“Lucca Comics & Games”。

s-P1070407.jpg s-P1070396.jpg
私たちはJapan placeで。            夜はV大学のtollini先生と甥子さんと。

s-P1070399.jpg s-P1070423-.jpg
今日の私たち&シルビオ校長とよしえさん。tanizakiさんは虎、私は豹柄のキモノ。

s-P1070425.jpg s-P1070442.jpg
日本への留学紹介(by Ms.kido)。今年のサマーコース参加のアンナさんが推薦のコメント。
昨日は、フェデリカさんも来てくれました。

去年は4日間で16万人くらい集まったこのフェスティバル。
今日も、雨だったけれどたくさんのCosplayerと自称otakuたちでにぎわっていました。

ハロウィンに加えてサッカーの試合もしているみたいで、夜は夜でまた騒がしいです。
私たちは明日もLucca。明日はアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の吹き替えをします。