« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月30日

イタリアに着きました!

品川のホテルを出てから、ちょうど24時間後にピサのホテル着。
一泊して、今起床。10月30日午前6時。
睡眠に対してテキトーなポリシーしか持ち合わせていないので、
たぶん時差ボケはありません。
朝ごはんを食べたらルッカに移動します。

2010年10月28日

東京~京都~東京

早起きして京都へ。
京都御所の近く、有栖川邸の隣のホテルで、日振協の日本語教育セミナー。
テーマは、「日本語学校の教員の採用と育成-多様性と専門性の観点から-」。
シンポジウムでは、能力検定試験、教師養成講座、研修、地域性、評価について。
私も検定試験について話しました。

終了後の懇親会の途中で、東京にトンボ返り。
品川のホテルに泊まって、明日はここから成田に直行です。

「何もしなければ何も変わらない。何かすれば何かが変わる。」
京都のセミナー初日、シンポジウムでのsendagaya・koyama先生の言葉。

とにかく何かをしてきます。
行った先からも、できるだけ更新を試みますね。では~。

2010年10月27日

ドタバタという音が聞こえてきそうな今日。

なんだぁかんだで、夜の10時半過ぎまで学校で「自転車操業」。
私のほかにも何人か、それぞれ別々の「自転車操業」。
まあ、そうやって一つ一つ乗り越えて、それで今があるのですよね。
さっさとちゃんとやることやればいいだけの話なのですが。

明日は日振協の日本語教育セミナー。京都に行きます。
本当は一泊二日の研修なんですが、明日一日のみの参加で東京に戻り。
でも、ゆっくりとどまることなく、明後日の午前中には欧州に発ちます。
去年のことを思い起こすと、香港から戻って成田泊、翌日欧州へ、でした。
来年はね、どうしているんでしょうね。

s-58483_158244700859065_100000206086422_543533_3068767_n.jpg
(学生たちの写真 from facebook・・・楽しそう。)

では皆さま。特に学校に皆さん、いない間よろしくお願いします。
行ってきます。11月7日に帰ってきます。

2010年10月26日

旅館之嫁=どんど晴れ

実は「どんど晴れ」(2007年のNHK朝の連続テレビ小説)、
見ていなかったんですが、今、台湾で放映されて大人気だそうです。

s-2010-10-26_12.56.07.jpg

台湾でのタイトルは「旅館之嫁」(非常にわかりやすい)。
写真は、今日会った台湾からのお客さんLさんが見せてくださったチラシです。
Lさんは、ウェブ・キャンペーンの他、PRの仕事もしていらっしゃるとのこと。
こうやって、日本の文化がどんどん海外に出ていくといいと思います。

さて日本。
北の方では雪が10センチ以上も積もったところがあるとか。
東京も、帰りは寒くて寒くて。みんな、縮こまって歩いていました。
ついこの間まで全身汗まみれになって歩いていたのに。秋よ、いずこに。

2010年10月25日

夢の中へ

♪ 探しものは何ですか? 見つけにくいものですか?
カバンの中も つくえの中も 探したけれど見つからないのに ♪

井上陽水です。
なぜかこの歌は、高校時代に学校のテーマ曲のようになっていて、
何か行事がある度に、学校中の皆で声を合わせて歌って、というか、
歌わされていました。(無理やりという意味じゃなく。でも進んででもなく。)

♪ 探すのをやめた時 見つかる事もよくある話で、
踊りましょう 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか? ♪

実はこの数日、まさにこの状態。
ちょっといろんな探し物をしているのですが、していると、
それは出てこないのに、前々から探していた別のものが出てきて…。
で、今探しているものも、次に何か探した時に出てくるだろうと、
探すのをやめました。

昨日と今日、出てきたのは、
人にあげようと思って準備しておいた記念クオカードのセットと、
台湾の友人からもらった携帯用のお箸。(よかった、あって。)

それじゃあ、ちょっと早いけれど夢の中へ。。(昨日あんまり寝てない。) 

2010年10月24日

肌寒い日曜日

今日は京都に行く用事がなくはなかったのですが、
一昨日までにしなければならなかったとか、
今日中にしなければならないとか、仕事が山盛り残っていたので、
行かずに家のPCの前で過ごしました。

京都は、結局行ったほうがよかったのか行かなくてよかったのか、
微妙な結果に終わったので、この時間になってもまだ終わらない仕事を、
少しずつでも家で片付けた今日の選択は間違っていなかったと思いつつ、
ああ、どうしよう・・・の今です。

今週木曜日は日振協の日本語教育セミナーで京都へ。
(そ、いずれにしても京都に行くんです。)
そしてその日のうちに東京に戻って、翌日からイタリアです。

s-P1060324.jpg
(台北のかき氷。本文とは関係ありません。)

2010年10月23日

暑いのと寒いのと

どちらが好きですか。と聞かれたら、
そりゃあもう、暑いほうが断然好きです。
今年のような猛暑、酷暑でも、寒いよりはマシです。

これから、寒い季節に向かうかと思うと憂鬱になりますが、
その途中、頬をさらっと撫ぜて行き過ぎる風の心地よい今の季節、
暑いでもなし、寒いでもなし。

こんな風に、肌で四季を感じられる日本はいいなあと、
つくづく思います。だから、ニッポン頑張れ。

2010年10月21日

占い頼り

フジテレビ「めざましテレビ」の占いCount Down、
今日の双子座は、第7位。
「強引に物事を進めて失敗。流れに身を任せて危機回避。」

前に見ていた別局の占いよりも的を射ている気がして、
毎朝、結構真剣にチェックしています。
占いに頼って、気持ちをしゃんとさせたり勇気を得たりっていうのは、
なんとも他力本願のようで、私らしくないと思うのですが、
何でもかんでも強引に突っ張ればいいものではないぞというような、
今日の占いの言葉は、今日だけではなく日頃の己を省みさせてくれます。

それで今日はというと、
じんと心に沁みるような出来事に心からありがたいと思い、
自分もそうありたいと思える人に出会った、・・・そういう一日でした。
感謝。

2010年10月20日

ほとほと

ほとほと、もう××…という気持ち。
人生、七転び八起きったって、転んでるつもりはないんですが。
でも、転がるようなことが起こるから、また起きなければなりません。
嗚呼、こういう日は早寝に限る。

101020.jpg

気休めに、ひまわり(向日葵)の写真を載せます。。

2010年10月19日

七転び八起き

世の中の状況、世の中の流れ、いろいろ、
起きても起きてもまた押されて転んでしまうという、
なんだか、ここのところ、それの繰り返しのような。

s-P1070131.jpg
(香港の提携校の受付カウンターにあった達磨の花瓶。)

皆にいいことたくさんありますように。

2010年10月18日

言葉を身につける

無事、香港から帰ってきました。

香港の提携校の学園祭は、普段日本語を使うチャンスの少ない学生たちに、
日本語を使った活動の場を提供するという、海外ならではの企画です。
売り屋さんもお客さんもすべて学生。働く人は皆ボランティア。
そして、その収益はすべて施設に寄付されました。

s-P1070157-.jpg s-P1070171.jpg

s-P1070172-.jpg s-P1070182.jpg

s-P1070204.jpg s-P1070279.jpg

朝5時起床、6時にホテルを出て、9時香港発、
成田に2時半に着いて、虎ノ門と新宿で会議、10時半帰宅。
長い一日でした。

言葉が身につくのは決して教室の中だけじゃない、
いや、「使う必要があるから使う」という日常こそが言葉が身につく場、
…という海外版でした。

2010年10月17日

学園祭 in HONGKONG

今日の浴衣の着付けは、
インターカルトから先生として来ているuchihashiさんと、
インターカルトの元学生で今香港で日本語の先生をしているサンディさん、
去年のインターカルトサマーコース参加した学生と一緒にしました。

昨日、夜中までsasakiさんと特訓した盆踊りは、
東京音頭、ドラえもん音頭だけでなく、成り行きで炭鉱節も踊ることに。
足は棒、振り回した腕は疲労、しかししかし、楽しい一日でした。

明日、朝9時の飛行機で日本に帰ります。皆さん、お疲れ様でした!

2010年10月16日

香港です。

気温は東京と同じくらい。
でも、建物の中の寒さといったら。

今回の出張の目的は、提携校の文化祭参加。
さっきまで、インターカルトの出し物、盆踊りの練習。
sasaki 先生と、去年の東京音頭に加え、
今年はドラえもん音頭もします。
(かつて目指した歌って踊れる日本語教師)

夕飯は、10月にこちらに着任したiwamoto先生と。
彼は明日、キャラ弁作り教室担当です。

2010年10月15日

明日から出張

食事をして帰ってきたので、今もう11時半。
これから荷造りを完成させて、いつものように髪を染めて(なぜかいつも)、
で、明日の朝は5時40分に家を出ます。嗚呼。
カメラのケースが見当たらない。でもまあ、カメラはあるから、まあいいか。

2010年10月14日

竜馬伝、世界へ

福山雅治の坂本竜馬が、台湾、韓国、タイで放送されることになったとのこと。
日本の文化が海外に発信されるのは、とても良いことです。

これからもっと放映国数が増え、アニメでもマンガでも福山竜馬でも何でも、
それらのファンが、いずれ日本のファンになってくれる。それは、
その国と日本にとって、数多くの良いことをもたらしす大元になると思います。

昔、おしんが世を席巻していた頃
アジアの某国で、「あなたはおしんですか」と聞かれたことがあります。
私はおしんじゃないんですけれど、そういう存在の登場が、
世の中を変えるきっかけになるのですよね。

偶然ではなく、計算の上で世界に流行を作っている国もある。
控えめなのは日本の美徳だけれど、美徳だけではご飯食べられませんよね。
国として考えましょうよ。ね。

2010年10月13日

感謝を込めて

今日は午前中、日振協に(昨日は日振協から直帰。だから続けて…)。
一度学校に行って(帰ってというより行って!?)、ちょっと用事をして、
また出て東京駅へ。銀の鈴のあたりでミーティング。
それを途中で抜けて新宿へ。Hホテルで懐かしい再会。で、本日終了。

人は、たとえば20年前の人たちと会うと、そのまま20年前にタイムスリップ。
目の前に見える少々老けた顔はそっちに置いて、
気分も口をついて出てくる言葉も、みんな20年前に戻るのだなと。

20年前があるから今日がある。
と思うと、次の10年20年も存在しなければならないという思いが重い。
でも、あっけらかんと20年前に戻れた楽しい晩のひと時でした。

つまり、夜は20年前に時を共にした人たちと会いました。
皆がいつまでも元気で。皆にいいことたくさんありますように。

2010年10月12日

en塾

インドネシアの学生劇団en塾と、縁あってとても親しくなりました。

101013.jpg

去年の公演「かぐや姫」は、ジャカルタで実際に見ることができました。
今年は「浦島太郎」。10月30日。残念ながら行けず。
率いるはJCCのMs.kaikiriさん。その演出家ぶりは、…凄い×100。

2010年10月11日

スカイツリー 今478m/634m

2011年冬に竣工、2012年春に開業予定だそうです。
今日、テレビで派手に話題にしているのを見ていて、
学校の近くに凄いものができるんだなと改めて。東京の新名所。

地図をずずずーっと左の方にいくと、学校です。
なかなかいい場所に移転してきたということになるでしょうか。
もう2年半になります。

カップヌードル&マルちゃんのCM~

秋の空気が心地よい休日の朝です。なんと、10時間寝ました!
その余力で大胆にYouTubeの画面をそのまま。

まず、カップヌードルの最新CM―GRAYの「HOWEVER」の替え歌。
1990年代の後半に行なっていたクラス発表会で、
私のクラスの学生たちがした創作劇のテーマソングに使った曲が、
このGRAYの「HOWEVER」の原曲でした。
音楽って不思議。その時の記憶が一瞬にして甦ります。

">

そして記憶の続きのこれ、マルちゃんの赤いきつねと緑のたぬき。
1980年代に流れたCMで、見た記憶、はっきりとあります。
で、武田鉄矢と共演しているジャッキー・チェン役。
HKの校長先生Sさんだということをつい最近知りました。

そうだという話を聞いて、数か月前に探し当てました。

2010年10月10日

年末を知らせる風物詩

新宿芸術天国。
これは南口のサザンテラスで撮ったんですが、
東口の紀伊国屋の前の通りにも、大道芸人の人がたくさんいました。

s-P1070086.jpg

今日は新宿で、結婚する両家の顔合わせのようなお食事の会に、
男側の親のような立場で出席しました。

その後、来年使う手帳を探しにあっちこっち。
たいていのものに、そんなにこだわりはない方だと思うのですが、
手帳だけは徹底的に一冊ずつ手に取って見て、納得した上で買います。
私の一年間の管理を託すものなので、使い勝手がよくないと…。

3年前まで10年間使っていた日経のビジネス手帳は、
小さすぎて自分の書いた字が読めなくなったために、引退勧告。
しかしその後、後任未だ定まらず。
今日は何が何でもと思って(満点ではないのだけれど)買ってしまいました。
来年の1月以降の予定がぽつぽつと入り始めたので。

私の季節の風物詩、年末調整のための保険料控除の通知も届いて、
ああ、今年も年末が近づいてきたなと、何とも寂しい気持ちに、、、
(まだなっている場合じゃない。)

2010年10月09日

久しぶりの休日 in Japan.

今日は一日、雨だった(ようです)。
一歩も外へは出ずに、寝たり起きたりテレビ見たり…中途半端に。

101009-1.jpg

101009-2.jpg

在校生CさんのFacebookにあった写真です。
ああ、こんな日もあったなと思ったのですが、まだほんの3週間前。
(写真をクリックするとさらに大きくなります。)

2010年10月08日

フィリッポ、アレッポ、アナッポ・・・!?!?%?#!

フィリッポさんという前にいた学生の名前を思い出そうとして、
アレッポさんと言って、そんな人はいないと言われたのですが、
アレッポは、つい先日、シリア帰りの人にいただいた
石鹸の生産地の名前でした。私の記憶の引き出し、かなり混乱している。

フィリッポ、アレッポついでに、アナッポというのもあったなと思いました。
これは「穴」のことで、私の実家、足利の方の方言です。
「あなっぽが開いた」と言います。

ああ、まったくどうでもいいこと。

今日は、朝起きたら体がだるくて、遅れて11時半ごろ出勤したのですが、
到着直後から午後8時まで、時間をおいて三組の方が来てくださり、
あれやこれやとお話をしました。
基本的に私は、人と喋ることは嫌いじゃない、いや、どっちかっていうと
かなり好きなんだろうなと、喋っている最中によく、ふと思います。

で、今、上に「最中(さいちゅう)」と書いて思い出したのですが、
今日、和菓子の「最中(もなか)」と言おうとして、でも言葉が出て来なくて、
ほんと、まいりました。…老いを実感する瞬間。
思い出すのを諦めるとボケの進みが速いと聞きました。
できるだけその場で思い出すことが重要、だそうです。
なるべくその場で思い出そうとしています。

2010年10月07日

すっかり秋らしくなりました。

世はノーベル賞、
6年前にノーベル化学賞を授業した田中さん(「さん」付けがぴったり)が、
「日本が世界に貢献している科学技術のレベルの高さをアピールできた」と
おっしゃっていました。

世界と日本の真ん中にいて、外側から日本を見る機会の多い自分としても、
どう考えても沈んでしまっている今の日本を、
浮かび上がらせるきっかけにできるのではと、期待の気持ちです。

そして、大沢親分ご逝去。
毎週日曜日に、「喝!」と「あっぱれ!」を見ていたので、がっかり。
番組を休んでいたので、あれ?とは思っていました。
あういうタイプの人、貴重だと思います。残念です。

あの酷暑からいきなり涼しくなったから??

いつだったか、ここに、
今年は夏の終わり担当のツクツクボーシの出番がなかった、と書いたのですが、
それに対して今日、「いや、うちのまわりではたくさん鳴いていた!」
というご指摘を、学校にいらしたSさんからいただきました。

上記同様に、
今年はススキの出番がなかったのではないかと勝手に思っていたのですが、
それを言ったら、ススキもちゃんと生えていたと言われました。
(つまり、私がツクツクボーシやススキの時期に日本にいなかった。。)

自分の自分勝手を反省しました。

ところで、今日は計画どおりにウィークリーコースの教室めぐりをしました。
オランダ、インド、カナダ、台湾、アメリカ、香港、オーストラリア、タイ、
デンマーク、イギリス、アイルランド、中国、韓国、ニュージーランドからの
学生たちが、休み時間にそれぞれの教室から出てきて寛ぐ様子は、
まさに「語学学校」の雰囲気でした。(語学学校なんですけどね。)

2010年10月06日

今日はもう2010年10月6日

今日は、日本語学校秋学期の授業の初日。
午前と午後、すべての教室をまわって学生たちに挨拶しました。
廊下ですれ違うのではなく、外で見かけて声をかけるだけでなく、
こうやってちゃんと顔と顔を見合わせること、
今までしてこなかったけれど、学校をしていく基本なのだと思いました。

今日は少し早く帰ってきたので、ビールを飲みながらテレビを見ています。
TBSの「あなたが聴きたい 歌の4時間スペシャル」
私が10代、20代だった時の曲、どれも懐かしいのだけれど、
かぐや姫の「神田川」、
♪ 若かったあの頃 何も怖くなかった~♪ が、ずしんと胸にきました。

今は、先が見え、人も見え、予測ができて、それが当たるから、・・・。

火曜日には日本語教師養成コースの新入生たちに挨拶したので、
明日は、ウィークリーコースのクラスをまわろうと思っています。
世界各国からかなり面白い学生たちが集まっているという噂です。

今年は基本にかえる年と、事あるごとに思う今年です。

2010年10月05日

綱渡りは簡単じゃない

…という主題に行く前に、更新できなかった間のことを。

ダルマ・プルサダ大学で「Sing Out Asiaのライブ」(10/01)

s-P1060952.jpg

インドネシア、フィリピン、タイ、ラオス、そして日本から
アーティストたちが集まりました。コンセプトは「アジアは一つ」。
沖縄から来た「N'Jami (ンジャミ)」というグループが特に素晴らしかった。

ジャカルタコンベンションセンターで「日本留学フェア」(10/02)

s-P1060978-.jpg

JCCのalimaと共に着物を。
そうしたら、一緒に写真撮ってとか、中にはサインくださいとか…。
(もちろん得意のサインしました。しかし、びっくり。)

s-P1060979.jpg

こちら、rudy、wawang、matsuno =バティックブラザース。
三人でインターカルトの説明中。

モナスで「ジャカルタ日本祭り」(10/03)

大テントの準備が終わった途端、雨雨雨雨雨・・・豪雨、洪水。
半端ではありませんでした。赤道直下の赤土色の雨が地面いっぱいに。

s-P1070065.jpg

en塾のステージを見に行ったため(このずぶずぶの所よりは手前までですが)、
履いていた麻の草履と白い足袋と着物の裾は鉄さび色に…。アドゥ~。

shiojiri在インドネシア日本国大使(中央)、sankei浴衣衆(風呂上がり風)たちと。

s-P1070026.jpg

kaikiriさんとも大使と。(去年は大使公邸で三人一緒に撮りました。)

s-P1070034.jpg s-P1070027.jpg

s-P1070029.jpg s-P1070076.jpg

そしていよいよ本題に。

この祭り終了後のプランは、元々綱渡りでした。
夜中の23:50ジャカルタ発、9:00成田着、10:00スタートの入学式会場へ!
(土台無理で、遅れて会場に到着という予定。。)

そして。午後3時を過ぎた頃、
このままいったら洪水になる可能性あり、空港までたどり着けないかも…、
という状況になり、皆さんのご協力を得て、急きょタクシーで空港に。
離陸6時間前に空港着。(でも、帰国できないよりはいい。。)

しかし。・・・ダメでした。
ジャカルタ発はほとんど定刻だったと思うのだけれど、成田着が30分遅れ。
荷物受け取って京成のチケット売り場に行ったら、最速のは40分後。
で、成田エクスプレスにしたのですが、急病人が出たとかで電車が来ない。
この時点で、牛込箪笥区民ホールでの入学式には間に合わないことが判明。

s-201010.jpg

よって記念写真に私はいません。(他の教職員も入らなかったようで学生のみ。)
綱渡り、そんなに簡単にできるものではありませんでした、というところまで、
読んでいただきまして恐縮です。

インドネシアでお世話になった皆さん、ありがとうございました。
入学式で挨拶できなかった新入生の皆さん、明日、教室をまわります。
同日、ほぼ同刻、日本語教師養成コースの開講式も学校で行なわれました。
ああ、いろいろ。

2010年10月01日

ジャカルタの今と昔

サークルKにATMがあって、そこでkaikiriさんが当然のようにお金をおろす。
しかし、その脇にはリヤカー式の屋台。車が止まると、花や新聞を売に来る子供。
18年前に自分がいた時にはなかった風景と、
18年前とまったく変わらない、同じ風景が混在しています。ジャカルタ。

ここに来る前に、ベトナムでの勤務を終えて帰国した人から、
道端で足踏みミシンを使って仕事をしているおじいさんの脇で、
高校生の女の子がI-phone持って、指で画面を開いている風景について
聞きました。それと同じ。

昨日は、朝からミーティング、追加した計画の作業を始めて、
あ、データが足りない・・・日本に連絡、・・・データ便で画像を送ってもらう・・・、
こんなこと、昔ではあり得ないことでした。改めて隔世の感。

タイの提携校からmomose先生が到着。食事して、話しして、準備続けて、授業見て。
夜は、Sing Out Asia事務局、en塾、Jakarta Communication Clubの食事会に、
インターカルトとJeducation Centerも合流させていただきました。

s-P1060933.jpg

s-P1060934.jpg

ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ・・・と音を立てて走るバジャイの音で、今日も一日がスタート。
今日は、私がインターカルトの代表になって11年目の始まりの日です。
昨日で丸10年でした。あっという間。