« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月30日

Sekarang saya di Jakarta.

って、合ってますか。今、私はジャカルタにいます、という意味です。
(ada(います)も入れたほうがいいのかどうか…??)

ああ、日本は午前3時10分ですね。こちら、その2時間前です。
いつも以上に多いような気がしたメールの返信をしていたら、こんな時間に。

ホテルの部屋の私の脇にあるテレビから、懐かしいインドネシア語の音と、
ダンドゥックという日本でいう演歌のメロディーが流れるのを聞きながら。

成田への機体到着が遅れたため、成田発自体が1時間の遅延で、
そのままジャカルタにも1時間遅れで到着しました。
今年の日本の夏を体が覚えているので、暑さはほとんど感じません。
元インターカルトのsudaさんが迎えに来てくれました。
ほんと、いつもありがとうございます。持つべきものは友。

明日の朝から本格稼働です。
このインドネシアの前に終えておかなければならなかった仕事の数々は、
成田での待ち時間と飛行機の中7時間の間に、ほぼ終えることができました。
すごいな。(と、ちょっと自分を褒める。)

2010年09月29日

では、これから

インドネシアに行ってきます。

…だけでは、ちょっと寂しいので写真掲載。

100927.jpg
    (心的羈“絆”支援)

S日本語学校さんからのご紹介で、
当校の在校生が、某文具メーカーの上海万博での企画に参加。
左から二番めの浴衣姿のお嬢さんが、インターカルトの在校生です。
よい機会をありがとうございました。

この企画のテーマは心の絆・・・、
そういえば、今から行くインドネシアでは昔昔、
五輪真弓の「心の友」という曲が大ヒット、今でも歌い継がれています。
そしてそのインドネシアは、かつて私が住み学校を運営した、
特別な思い入れがある地です。

2010年09月27日

日経新聞より~「伝統校復活への4つの柱」

新聞をとっても読む暇なし、電車の中では広げる空間なし。
というわけで、今は、日本経済新聞の有料電子版を購読しています。
携帯からもみられるので、朝、何もすることのない電車の中で読みます。
(紙面の内容がすべて読めます。便利。)

今朝のニュースから。
品川にある東京都立八潮高校の大室文之校長の寄稿文です。
戦前からの歴史を持ちながら地盤沈下に苦しんできた伝統校、
という八潮高校が、「八潮復活」を掲げ、改革を進めているそうです。
その、伝統校復活への4つの柱。

その1:教育内容の改善。
生徒の進路希望の100%実現や社会人としてのマナーとルールの体得を、
目指す学校像に掲げた。教育内容の改善は最優先課題。

その2:マネジメントの改善。
学校経営計画と学校管理運営規程(職務分掌と会議)を全教員と見直した。
目指す学校像は、上記、進路希望100%実現、マナーとルールの体得のほか、
地域社会にとってなくてはならない存在感のある学校になること。

その3:生徒自身の取り組みの強化。
学校の価値を高めたいという生徒自身の思いで主体的に行事を刷新。

その4:様々な関係者との連携強化。
「眠れる人脈」を掘り起こし学校再生に生かすことが重要な課題。

これにより、今春の入試の志願倍率は1.28倍まで回復したそうです。

参考になります。記事はこちら。(全文読めますか?)

最後に、
生徒や保護者が「入学してよかった、させてよかった」と思う学校でないと
生き残れない。…とあります。まさに。人の口が最も良い宣伝の手段。
しかし、一歩間違うと恐いを通り越した事態をも導く。

2010年09月26日

この週末は

出ずっぱりでした。

昨日は、ここに書いたようにまず日本語教師養成コースの修了式とパーティ。
その後、18年前の卒業生が結婚しようと思っている人と会って食事。
彼は卒業後に進学、就職、そのままずっと日本にいて、
私のことを親のように慕ってくれていて、それで母国の親御さんの代わりに、
まず私が彼女と会うということになって…。聞いていた通りのイイ感じの彼女。
(実はここのところ、私のまわりは結婚報告ブーム。。)

そして今日は、
日本語教師として派遣されたシリアから帰国した人と会ってランチ、
その後、六本木へ。日頃大変お世話になっている方の奥様の、
シャンソンのコンサート。

今日のお二人、MissシリアとMrs.シャンソン、
お年は40以上も違う、まったくの他人のお二人なんですが、
お二方ともとても前向きで、人を元気づけさせてくれる方たち。
(渡航前にMissシリアに関係した先生たち、突然のことで今日はお誘い
できませんでした。別に日にちを設けましょうということになりました。。)
Mrs.シャンソン先生、素敵な歌をどうもありがとうございました。

が、ちぃと疲れました。さすがに。十分以上に充実はしていました。
明日はまた月曜日。

2010年09月25日

「地に爪跡を残すもの」たち

今日は、日本語教員養成研究所4月期生の修了式でした。

100925.jpg

インターカルトの養成は、
日本語学校の規模の大きさと比較すると、とてもこじんまり。
それは一人一人をしっかり日本語教師へと導くための適正規模。
アットホームな雰囲気の中で培われた横の絆は強く、
特に今期の人たちの別れを惜しむ様子は、例年以上のものでした。

この横の絆が、縦の絆へとつながっていきます。
こんなに小規模なのに、不思議なことに修了生が国内外あっちこっちに。
それが、ただ存在しているのではなく、がっつりと活躍している人多数。

「地に爪跡を残すもの」--佐々木邦という人が書いた小説のタイトルです。
このインターカルトに在籍した期間、ここで生きたという証、
しっかりと自分の人生に爪跡を残しんたんだなと思いながら、
一人一人のスピーチを聞きました。

皆さん、修了おめでとございます。これからも共に・・・。

2010年09月24日

目指す方向

「現在の厳しい状況を考えますと、これ以上の出資、マジ無理っス
…と、あなたはこんな英語を話してはいませんか?という内容の、
ベル〇ッツの車内広告のキャッチコピーです。

濃いグレーの背景の中央に、ちょっと偉そうな年配の男性。
いつものことながら、感心。

数年前に世間を騒がせた駅前留学の学校と、このベルと、
どちらの学校を目指すかと聞かれたら、それは当然ベルだと、
ずっと言ってきて、今ももちろんそう思っています。

実は、ベルの何たるかを本当はよく知らないのですが、
私のイメージは、授業料が高いだけのことはある、本気でしたいならここ、
先生はジーンズはいて机に半座り、じゃない、ネクタイをしている。
(=ちゃんとしている。)

冒頭の“マジ無理っス”張りの滅茶苦茶英語であるにもかかわらず、
仕事で使う機会がかなりあり、本当にマジやばいッスなんですが。私。

今日は、日本語学校長期コースの教師会でした。
皆さま、他言語の学校に憧れられるような学校を目指しましょ。

午前中には、
2003年に参加した留学フェアで、たまたま私達の通訳をして下さった方が来校。
もしかしたら明るい未来につながるかもしれない、そんな新たな再会でした。

何年たっても覚えていてもらえる。
そういうことが、もしかしてベルにつながることかもしれない、
と、その彼と話しながら、今朝見たベルの広告を思い出していました。

2010年09月23日

中秋節快楽!

今日は、秋分の日。お彼岸。
中秋の名月。しかし、お月見など全く不可能な大雨です。

中国語圏では、今日は中秋節。台湾事務所Sさんのブログに、

「每逢佳節倍思親」「月是故鄉的明」
意味は、外にいる子の気持ちです。月を見ると故郷を思い出す、です。

と書いてあるのを読んで、ああ帰ろうと思い立ち、
昨日の晩、仕事の帰りにそのまま実家(足利)に帰りました。
今日は、午前中、大雨の中、母とお墓参り、
そしてすぐに電車に乗って、午後はそのまま千葉に行って義母のお見舞い。
まだ言葉は出ないのですが、意思の疎通が確実にできるまでになっていました。

というわけで、今日は午前が娘、午後が嫁という一日でした。
それにしても、ほんと、寒かった。信じられない!

2010年09月21日

千の風になって

午前中は学校で募集の会議、
午後は日振協で日本語学校教育研究大会の、今年度最後の委員会。
夏に行なった大会を振り返り、次年度への申し送り事項をまとめました。

そして、夜は新宿日本語学校、江副勢津子先生のお通夜でした。
「千の風になって」、勢津子先生がお好きだった歌だそうです。

   ♪
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています
   ♪

家に帰ってメールを開けたら、二人のTさんから入学式終了のお知らせ。
今年の春、大学院出願の際に書類のお手伝いをした方たちからでした。
これから新しい一歩を踏み出すなんて! 踏み出せる一歩があるなんて!
それぞれ自分で勝ち取った一歩だから、脇からこしょこしょ言えないのだけれど、
いいな!いいな!と、羨ましくメールを読みました。

2010年09月20日

あっとびっくり。

まだ6時と思って外を見たら、もう真っ暗。
だいぶ涼しくなったとはいっても、30℃を超える暑さ。
でも、季節はちゃんと秋になっていました。
不思議ですねえ。

2010年09月19日

八幡屋礒五郎

KitKat 「信州限定 根元 八幡屋礒五郎」

s-DSC_0005.jpg

一昨日会った青年海外協力隊派遣帰りのお一人からいただきました。
ありがとう。辛くて美味しいです。

KitKatはNestlé。Nestléはスイス。
昔々(1986 年に)イギリスの英語学校に(ちょっとだけ)通っていた時、
仲よくなったOliverの実家がNestléの本社があるスイスのVeveyの近くで、
日本に帰る前に遊びに寄りました。

今の学生たちの中にも、そういうことをしている人、時々いるみたいです。
思い出は一生。どんな形ででもたくさん作ってくれたらと思います。

ところで、八幡屋礒五郎って誰?と思ったら、唐辛子屋さんでした。
有名・・・なようです。

2010年09月18日

忙しすぎるということは

こういうことです。

この本の筆者は、日本語教師養成コースを現在受講中のHさんです。

ココロ磨き―人間関係の「凹み」に効くセルフコントロール33の方法
波登 かおり
4591083128

Hさんが入学する前に、講座の説明をしたのは私で、
その時、こういうお仕事をしていらっしゃるということを聞いて、
これではない別の本をすぐにamazonで買って、読んでいたのに、
授業が始まった4月以降、すっかり失念してしまっていました。
昨日、コース修了後の就職について話している時に、偶然この話になり、
あ~~~!!っと。
在校生のHさんはHさん、家に置いてある彼女の著書は著書、…でした。

だめだな、私。

でも、一人一人のことはちゃーーーんと考えて過ごしているつもりなんですよ。
わかってくださいね。

という話の続きで、業務連絡業務連絡。
先日中国の学校に就職した先期修了のshimadaさん、shimadaさん、
今住んでいるところの住所をお知らせください。
「いちご大福」のストラップを“お守り”に購入しました。送りますので。
(…って、この話題、shimadaさんと彼の同期の人たちにしかわからない。。)

(縁あって)お知らせ

今、このブログで江副勢津子先生ご逝去のことを知ったという方から
お問い合わせの電話がありました。
昨日日振協を通じて届いた以下のお知らせを、ここに載せます。

--------------

弔 報

学校法人江副学園 新宿日本語学校 副校長 江副勢津子儀、
平成22年9月11日(土)出張先の香港において、
心臓発作のため急逝いたしました。享年81歳でした。
カトリック調布教会藤川長喜神父様司式のもと、
下記の通り通夜・葬儀ミサ告別式を行います。
これまでのご親交を心より感謝し謹んでお知らせ申し上げます。

        記

通  夜     平成22年9月21日(火) 19時~20時

葬儀ミサ告別式  平成22年9月22日(水) 13時~15時

喪  主     江副隆愛 

会  場     カトリック調布教会(サレジオ神学校内)
         〒182-0033 東京都調布市富士見町3‐21‐12

--------------

学校同士、とても古くからのお付き合いで、
お目にかかった時にはいつも笑顔で優しい声をかけてくださり、
そして、最期となった香港のその場にご一緒したということに、
とても深い縁を感じます。改めてご冥福をお祈り申し上げます。
本日、江副隆秀校長ほかご親族と共に香港よりお戻りになるとのことです。

2010年09月16日

混乱極まる寸前

気温が突然10℃くらい下がりました。
皆さん、体調には十分注意してくださいね。

今日は、午前中がB庁、お昼過ぎに学校に行ってB社と打ち合わせ二つ。
夕方、九段下まで行ってJLIC(日本語学校協同組合)の理事会。

机の前に座る時間(=全ての事務業務をする時間)なく、
これは土曜日にでも出てこないと混乱極まっちゃうかなと思っています。
来週は月曜日と木曜日が祝日でお休みですものね。

タイトル、混乱極まる寸前としましたが、Twitter式に言うと、
混乱極まる寸前なう!? …なう=now。(この言い方、好かないんですが。)

2010年09月15日

第29回インターカルト日本語学校スピーチ大会

牛込箪笥区民ホールにて。

100915-.jpg

毎年、学生たちのスピーチを聞いて感心したり笑ったりしながら、
「ああ、この仕事をしてよかったな」と思います。

来年は「第30回」。何かドカンと大きな企画をしたいですね。
今年の皆、お疲れ様。全員に一等賞をあげたかったです。

最近盛んなFacebook。本当に隔世の感です。こういう進歩。
インターカルトのFacebookはこちら、そして以下は私のです。

Sanae Kato

バナーを作成

2010年09月14日

I'm home!

夕方、無事帰ってきました。
東京はちょうど少し気温が下がりかけたところのようで、
体に負担なくよかったです。しかし、今、外は雨ですね。
韓国では雨が降らないために野菜の値段が高騰。
どこの店でも、いつもなら山盛り出てくるはずのサンチュが、
本当に寂しいくらいの量でした。

ところで今回の出張。悲しい出来事がありました。
香港の説明会にご一緒した新宿日本語学校の江副勢津子先生がご逝去。
たまたまその場に居合わせました。そのちょっと前まで微笑まれていたのに。
縁を感じます。心からご冥福をお祈りいたします。

2010年09月13日

明日「ただいま」

まだ韓国にいます。
先週日本を発ってから、まずは香港で、そして今韓国で、
たくさんの人に会って、美味しいものを食べて、とっても幸せですが、
この間のタイの帰りに数えたら、今年は80日海外。ちょっと出すぎ。
明日帰ります。かなり嬉しいです。

2010年09月12日

ありがたきものは卒業生なり。

今日の「日本留学フェア(韓国)」、インターカルトブースのキャスト、
(左から)キムさん、ジャンさん、kidoさん、kato、ペクさん。
みんな、ありがとう。

100912.jpg

しかし、韓国の日本留学の市場は、どうなっていくのでしょうね。

香港から韓国へ

香港での留学説明会。

100911-1.jpg

朝からの雨にもかかわらず、いつもと変わらぬ賑わいでした。

ブース担当の卒業生部隊。

100911-2.jpg

彼らが経験していない長期コースの目的別クラスや、
ウィークリーコースのことも、すぐに理解して説明にあたってくれました。

終了後、20余年前の教え子たち(といっても同世代)との食事会。
気持ちはあの頃と同じ20代、けれど、メニューを見る時メガネをかける人、
遠くに離して目を細めて見る人…多数。話題も時に健康問題。

100911-3.jpg

9時半まで一緒に過ごし、その後そのまま空港まで車で送ってもらいました。
そして今、ソウルのホテルです。もう少ししたら会場に向かいます。

2010年09月10日

香港同窓会

今年3月に続いて、待ちに待った第二弾、香港での同窓会でした。
インターカルトに在籍した時期の異なる卒業生たちが鼎泰豐(香港)に集合。
10月に入学する新入生たちも来てくれました。

100910.jpg

あっという間に過ぎた楽しい時間でした。

お昼は、今年のサマーコースに参加したエミーさんと食事。

100910-2.jpg

彼女は私よりもずっと年上なのに、若い子たちに交じってコースに参加。
いつか私も。・・・です。

明日は、香港での説明会の後、1980年代後半の卒業生たちと食事をして、
深夜の便で韓国に移動、朝ぼらけの時間にソウル着の予定です。

2010年09月09日

エルニーニョ vs. ラニーニャ

バンコクとヤンゴンが東京よりも暑くなかったと、前に書きましたが、
香港もまた東京よりもずっと過ごしやすいです。
日本周辺だけなぜに?と一瞬思ったのですが、さにあらず。
昨日のソウルも、操縦室からのアナウンスは26℃だと言っていました。

理由は二つの高気圧、エルニーニョとラニーニャだとここに書いてあります。
しかし自慢じゃありませんが、私にはそういうの、さっぱりわかりません。
が、東京だけが暑い理由になっていないことはわかります。
日本はエアコンの普及率が高い、なんて、今の時代そんなことありませんよね。
(エアコンからの熱の放出量が多いのではないかという推理なんですが。)

ソウル経由、香港へ

昨日の夜遅く、香港に着きました。(帰りにそのまま韓国なのでソウル経由です。)

香港は大雨、いや豪雨、大豪雨、
高速をタクシーに乗って走っている時の雨の凄まじさと不安と恐怖について言うと、
私の人生の中で最大級でした。とにかく、前も横も後ろも何も全然見えないのです。

まずはソウルの仁川空港。
お店かレストランだったところが、韓国文化の体験コーナーになっていて、
観光客たちは扇子に絵を描いたり、古いものを見たり、こんな伝統的な人たちと記念撮影。

100909-1-.jpg

そしてこんなに暗くなるまで、3時間香港行きの飛行機を待ちました。

100909-2.jpg

香港の空港に着いたら、飛行機を降りたところに卒業生のJennyさんが。
1999年に在籍、帰国して空港に勤務してもう9年とのこと。
今は、空港内のサービスに関する人々の採用と研修担当とか。…凄い。

100909-3.jpg

実は彼女、sasaki先生が教師になって初めてもったクラスの学生です。
私もそのクラスを一緒に担当していたので、今回の出張の同窓会part1となりました。

で、この後、大豪雨の中、ホテルへと向かいました。

2010年09月07日

準備「未」完了

明日から出張だというのに、今回は荷物もまだまとめていません。
こんなことしていないで、さっさとしなくちゃ。

でも、ちょっと書く。

在校生から、日本語能力試験N2に合格しました…というメール。
ん? 合格点がようやく発表されていました。
皆さん、すでにご存知のことと思いますが、こちら

「こちら」といえば、アルクのブログ「はい!こちら日本語学校」、
今月末をもって終了となりました。アルク様、お世話になりました。
ほかではまだまだ色々縁は続きます。どうぞよろしくお願いいたします。

では、いざ準備。
荷物まとめるだけではなく、他所Bから言われている宿題もこれから。
どうしていつも、こうなんでしょ。。

明日から、香港→韓国。14日に戻ります。
で、15日はスピーチ大会。

2010年09月06日

ツクツクボウシの出番

まだまだ終わらぬ今年の長~い夏。

緑のあるところに行くと、今なおミ~ンミ~ンと蝉の大合唱。
しかしもう9月。普通であれば蝉の出番自体が終わっている時期ですが、
ミ~ンミ~ン♪の後の、オーシンツクツク♪、オーシンツクツク♪の、
ツクツクボウシはいつ鳴いたのでしたっけ? まだじゃないですか?

気温のちょうどよいあたりを見計らって地上に登場してくるのですか。
出番のなままだったら、それはとても気の毒なことですよね。
鳴き声を聞いていないの、私だけ? もしかしてもう鳴き終わった?

2010年09月05日

ケータイよ

携帯電話を買い換えるべく、検討しています。

しかし、奥深い。というか複雑。というか日本独自のシステムに"%&#`@!?。
i-phone、そりゃもういいないいなと思うけれど、
私はDoCoMoで家族たちとつながっているので、安易に乗り換えられない。
ああ、なぜに携帯会社に支配されなければならないのか。

9月1日発売、DoCoMoのiモード対応スマートフォンだ!と思っていたのですが、
そうだ、海外でそのままSIMカードを入れ替えて使いたいのだったと気づき、
・・・どうしたらいいんでしょ。
自分の中の条件、そんなに複雑ではないはずなんですが、
一発でOKという状況に、自分の都合×世間はまだなっていないような。

ちなみに今は、DoCoMoのGSM・3G対応の携帯①と、
各国でSIMカードを買って入れ替える台湾で購入のMotorolaの携帯②とを、
国内①、海外①と②、という具合に使い分けています。

…なんて書くと、知らない人からみたら私もちょっとしたプロですね。
あ~あ、大変。

2010年09月04日

報告があります。

今日会った卒業生がそう言ってから、「あの、僕、結婚します」。
見せてもらった携帯の写真の彼女と、近々会うことになりました。
清楚な感じの女性、彼も浮ついた感じじゃなくて、爽やかな良いお話。

四ツ谷のレストランでポルトガル料理を食べながら。

今、「この暑さ、11月になってもダメなんじゃないの」と、
北野武氏がTVで言っています。もしかしたらそうかもしれません。
地球の基軸がずれたからだという説も聞きました。この間のタイで。
じゃあ、どこか気温が下がった所があるのでしょうかね。

しかし、こーんなに暑くても、寒いのよりはマシだと私は思っています。

2010年09月03日

ドラえもんの誕生日に

今日はドラえもんの誕生日だそうです。
2112年9月3日生まれ。そうですよね、未来からきたのですよね。

午前中は、B大学Exchange ProgramのOpening Ceremonyにお呼ばれ。
日本語の授業を担当し始めて7年? 私はいつも最初と最後だけなんですが、
今年もまたこの季節がきたなと感慨深かったです。式はとってもアットホーム。

s-P1060616.jpg

パーティのお食事が、今日のお昼ごはんとなりました。

s-P1060621.jpg

午後は、東京都の在住外国人支援のための合同会議。
文京区・台東区・北区・荒川区で構成する第3ブロックでの分科会。
いろんな立場、いろんな形で外国人と接している人たちとの情報交換から、
これからの連携の姿も見えてきて、有意義な時間でした。

今日、9月3日はドラえもんだけでなく、私の亡父と、o先生、
インドネシアJCCのkaikiriさん、中学時代の同級生otochiも誕生日です。
otochiとは卒業以来連絡をとっていないのだけれど、誕生日覚えています。
ああ、この記憶力よ、過去はいいから今のために働いてくれ。

2010年09月02日

日々是交流会

昨日は、疲れてバタンと寝てしまいました。
今日は書きます。

今日は、帰りが遅くなったので中央線に乗るべく神田へ。
駅に着いたら、中央線人身事故で遅延の放送。
神田から一度東京駅に戻って、始発の東京から座って帰ろうと計画。
座ったとたんに眠って、何度か外を見て、まだ新宿、まだ吉祥寺・・・、
で、やっと国分寺に着いた時、「ああ、よく寝た」と思ったのです。
それもそのはず、遅延で電車の速度も大幅に遅れて(遅れたらしく)
45分位のところ倍近く乗っていたようです。(その間ずっと寝ていた。)

ところで今日は、午前中、日本語教師養成コースの実習授業。
今日の二人は夏休み前から何度も何度も教案を作り直して今日に臨み、
とってもよいカンジでした。将来に期待できる出来!でした。
しかし早いもので、この間入ってきた彼女たち、もうそろそろ修了です。

その後、人が来て話したり、電話があったり、会議だったりで、
結局覗くこともできなかったのですが、今日は、大学生たちとの交流会、
確か、名前はワンコイン交流会、会費100円とポスターにありました。
今日は、お菓子作り。和・洋・中3種類のスイーツ、
和は水まんじゅう(?)、洋はクレープ、中は杏仁豆腐だったとか。

大入り満員、1階ラウンジは人人人・・・だったそうです。

s-1.jpg s-2.jpg

s-3.jpg s-4.jpg 

明日は、学校近くの企業との交流会だそうです。

私は、午前中は、B大学交換留学生コースの開講式、
午後は、在住外国人支援のための東京都の会議に参加しに行きます。