« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月31日

昔はものを思わざりけり

一国を背負うのは大変でしょうねぇ、安倍さん。
大変は当たり前、何を甘いことを…かもしれませんが、見ていて本当に大変そう。
やらずばなるまい、なんですよね、きっと。
そこへいくと小泉さん、言ってることやってることの良し悪しは別として、なんであれ、
小泉さんは凄い!と思っています。同じ意味で石原さんも。
誰に何を言われようとも、どんな障害があろうとも、自分の考えを貫くその意志の強さ。
お二人とも、本当に凄いです。

しかし、東国原さんはもっと凄いと思っています。
明るく楽しく、闘っているそぶりを見せず、でもちゃんと自分の考えを貫き通している。
理想だと思います。

昔はものを思わざりけり。上の句は「逢いみての」ではありません。
そ、昔は言いたい放題、自分のことだけ考えて、臆せずやりたいことやって、
ものを思わざりけりだったなぁと思う今日この頃です。

ところで今日の大ヒット。なぜだか突然、彭さん着物姿で登場。

070731.jpg

一日着ていても着崩れせず、襟の抜き加減も本当に美しかったです。

070731-1.jpg

この姿でコピーとっていました。

2007年07月30日

台湾から

無事、帰ってまいりました。
高雄と台北での日本留学フェア、来場者数は約6,000名、
インターカルトのブースも、おかげ様で盛況でした。
フェアでのあれこれについてはまた改めて書きます。
今日はもう夜も遅いので、出張の頭と尻尾の部分だけちゃちゃっと。

070730.jpg

7月27日、高雄行き新幹線に乗る直前の台北駅で、東国原知事を発見。
「写真を」と言ったら、「一緒に一緒に」と言ってくださったので一緒に。
が、台湾で更新した前回のブログにいただいたコメントを見て、びっくり。
日本のニュースで放映されたみたいです。(-_-;)

070730-1.jpg

そして今日、7月30日。成田空港着。
明日から始まるサマーコースに参加する学生たち40人と一緒に帰ってきました。
出迎えに来た彭さんと、引率の台湾事務所・曾さん、そして出張帰りの木戸さんは、
皆と一緒にバスで宿舎へ(お疲れ様)。私は、リムジンバスで家に帰ってきました。

では、また明日。

2007年07月27日

台湾に

無事到着。
東京では、一斉に蝉が鳴き出したと聞きました。
こここそ、とっても暑いけれど、でも、寒いよりは暑いほうがずっとずっといい。
快適です(木戸さんは逆の意見だそうです)。

事務所の孫さん、曾さん、ペイランさん、そして日本から一緒に来た木戸さん、
みんな、明日明後日の留学フェアの準備をしています。
今日はこれから5人で打ち合わせをして、
午後、明日のフェア会場の高雄に移動します。
…以上、一人、時間に余裕のある加藤から台湾報告でした。。。

2007年07月25日

ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃちゃんと

人とテーブルを挟んで座る時、真向かいよりも、斜向かいの方が落ち着きます。
居酒屋などでは、大勢の場合は別ですけれど、二人の時はカウンターが好きです。
車の運転席と助手席も、話したいことが話せる配置なのだそうですね。
深刻な話をする時、お説教をする時、本心を聞き出したい時、そういう時は、
真向かいに座って視線と視線がぶつかり合う姿勢はよくないそうです。

けれど、本当にその人と触れ合いたい時、コミュニケーションをとりたい時、
自分自身をわかってもらい、相手のことも知りたい時には、
しっかりと相手の目を見て話さないと…、ね、きっと。。

「見てもないし~♪」「笑ってもないし~♪」。
一泊旅行のバスで、すぐ後ろの席の男の学生がメロディーをつけて言っていました。
ガラス窓の向こうにいたのは、私たちのバスを見送る宿の人、お店の人。
おそらく、お仕事だから手を振っている人、それが「見てもないし~♪」。
口元だけ見ると笑っているようだけれど、目が笑っていない人、「笑ってもないし~♪」。
うまい!(思わず後ろを振り返って。)

さて、明日から台湾です。kidoさんと。
日本留学フェアが台北と高雄であり、それに参加します。ちゃんと見て、ちゃんと笑って。

070725.jpg

昇仙峡の岩。なぜか一円玉がいっぱいはさまっていました。
いいことたくさんありますように! では~。

2007年07月24日

一泊旅行 終了~ッ!

7月23日(月)
中央高速、東京を抜けるまで降り続いていた雨が、
富士急ハイランドに着くやいなや、パタッとやみました。

070724-1.jpg
学生たちは、フリーパスを手に‘ええじゃないか’へ、‘ドドンパ’へ、‘FUJIYAMA’へ。

070724.jpg
こちらは、宿泊先の部屋割り担当教師&スタッフ。
出席予定者全員がそのまま出席ということはないため、作業は当日。
数年前に比べたら、それはそれはシステマティックかつスピーディーになりました。
それでもお昼過ぎまで。お疲れ様。

070724-2.jpg
夕方までめいっぱい遊んで、石和温泉へ。こちらは私が泊まった高円寺校の宴会場。
両校一緒の宿が取れなかったのが、返す返すも残念。

070724-3.jpg
恒例カラオケ大会。先生たちも歌いました。
信濃町校では、養成研究所の学生も先生も…歌って踊ったそうです。

宴会終了後、各部屋に散った学生たち、遅くまで歓談、歓飲(!)していました。
教職員はホテル入口で外出する学生のチェック、夜11時半まで交代で。
チェックする方もされる方も、ほんとにスムーズ。

7月24日(火)
070724-8.jpg
朝。二人の目に注目。
夜、ゲームで負けて、瞼に目を描かれたそうです。この目のまま廊下を歩いていました。

070724-5.jpg
昇仙峡。快晴、気温は30度以上とも。
いつもながらの景観、でしたけど、それより何より暑かったです。

070724-6.jpg
豚肉と野菜のバーベキュー。汗をかきかき。豚肉ダメの学生たちは鶏肉の別テーブル。
男同士で同じテーブルを囲んでしまったこのグループ、
もっと肉を~!と訴えられたけれど、仕方ないですね。ご飯、いっぱいお代わりしてました。

070724-7.jpg
桃狩り。
桃アレルギー(毎年いるんですよねぇ…)の人たちはぶどう狩り。

午後4時に信濃町駅着。解散。
今回の旅行のokada隊長が直前に入院、おっ!と思いましたが、無事。
よかったよかった。隊長も無事退院。
以上、私たちの一泊旅行、こんなでした!のご報告でした。

私はその後、日本語学校ネットーワークの総会。
総会の後、就学生の就職についての講演会。
旅行帰りの一人場違いな格好で行ったのですが、行ってよかった、ためになりました。

2007年07月22日

いざ、一泊旅行!

整体に行って、体の重さが半分くらいになった気分です。気分だけ。

さて、明日、明後日、恒例の一泊旅行です。
富士急ハイランド、昇仙峡、桃狩り、そして宿泊は石和温泉。
今回のバス、いつもより4台多い14台だそうです。
日本語学校両校全クラスとサマーコース、それに日本語教師養成コース。
NHK「風林火山」の影響で、総勢600人が一度に泊まれるホテルが取れなかったそうで、
今回は初めて、信濃町校と高円寺校が別々のホテルに泊まります。
とにかく皆で楽しんで、無事に帰ってきます。

2007年07月21日

瓢箪から駒!

9:20~12:30 香港スペシャルサマーコースの授業。
今日は、「暑期留日速成班」(このコースの名前です)のCMを作りました。

コースが始まって、ちょうど10日。今日までに感じた色々について皆で話してから、
グループ分け。好きな人同士ではなく、ランダムに4名ずつのグループを作りました。
(私もそうしたかったし、皆もそれを希望。いいですね、そういう雰囲気。)

070721.jpg

「はい、始めて!」と私が言い終わらないうちに、皆、話し合いを開始。
1分間のCMの流れが決まったら、すぐに絵や小道具を作り始めました。

070721-1.jpg

070721-2.jpg

こんなもの、こんなもの、いろいろ。
そして本番。臨場感あふれる写真を撮るのは難しいですね。素人には。
ビデオは、教育実習コースで出勤していた養成研究所のtaniguchiさんが。(arigato)。
以下、私が撮った静止画ですが、一応こんな感じ。

070721-5.jpg

070721-6.jpg

070721-8.jpg

聴衆たち、他のグループの発表をちゃんと集中して楽しんでました。

070721-9.jpg

最後に全員集合して。

070721-10.jpg

私とtaniguchiさんは、目の前に置かれた皆のカメラを一つずつ手にとって、
はい!1、2、3!と撮り続けました。(よくあるパターン。)

さて、この「CMを作る」というプロジェクト・ワークなんですが、
これは、私にとっては本当に“瓢箪から駒”とも言える代講の賜物でした。
17日の火曜日、日本語教員養成研究所の「教授法各論」の中の体験授業を、
yamada先生の代講でしました。それがCM作り。
その時は、養成の日本人学生と、
JICAの講師研修でいらしていた中南米の日本語の先生方が体験者、
こちらは、たった90分で作成から発表まで。
インターカルトの養成コースと、JICAの先生たちはJICAのコースのCM。
(90分でできるのかいな…と思っていたのです。本心は。)
それが、いやぁ、皆の物凄いノリがあまりにも感動的で、
それで、思わず香港の学生たちにもしてみた次第です。
yamada先生、代講のチャンスをありがとうございましたっ!

日本語、初級の中くらいまでのレベルの学生たちが、
CM作りに必要な日本語を調べたり、私に聞いたりしながら、
ちゃんと正しく聞こえるようにイントネーションの練習なんかも自主的にして、
日本語だけのCMを作って、発表していました。
使わなければならない状況、使いたい状況で覚えた日本語は、
ちゃんと身につきますよね。きっと。

外国人にも日本人にも、
座学だけが授業じゃない!ということを、私自身が体感できました。

…コース設定側から言うと、
それを受けている人たちが、そのコースの何を魅力と考えているかがわかりました。
それはそのままコースのウリですから。そうかそれを打ち出せばいいのね…と、
授業担当者じゃないもう一人の私にも得るものがありました。
これ、大きい声では言えませんけど。

2007年07月20日

目をつぶっていること

つぶっていても開いていても、たいした差はないような目なのですが、
最近、目をつぶっていることが多すぎる自分に反省。
つぶらせるようなことが多いことには、関係者、おおいに反省してほしいです。

さて、今日は朝からびっくりでした。
実は昨日の晩からずっと寝ないで、終わらない作業を色々やっていて、
4時過ぎに、さて寝ようかとお風呂に入っていたら、その間に電話。
信濃町校の事務局Oさんが緊急入院したとの知らせ。
幸い病状は大事にはいたらずのようで、よかったよかった。
しかし、一人の人に仕事が集中していたことを改めて。
そして、組織が小さくても何でも、いや、小さいからこそ、ちゃんと危機管理をと改めて。
でも、皆で緊急事態態勢を敷いてくれました。

とにかくいろんなことがあり、
11時からは日振協、夏の日本語学校教育研究大会の委員会。
(昨日も紹介したので、見てみてください。)

夕方、委員会を退座して信濃町校へ。諸々打ち合わせ。
ここでも目をつぶってきたために招いた諸々のこと。ああ、追いつかない。

一般公開のここに、こんなにいろいろ。
でも、いいことばっかり書いていても、ね、自慢大会みたいでいやですから。

ここに書いてあることを読んでいて、私の精神状態がわかるようです。
夜、日振協がある代々木に逆戻りして会った甲斐切さん(JCCの校長先生)、
一時帰国の時、年に2回しか会っていないんですが、見透かされました。
甲斐切さんのみなぎるパワーが、寝不足の五臓六腑にビールと共にしみわたりました。

2007年07月19日

2007夏・研修会のお知らせ

◆8月2日・3日
 日本語教育研究大会(文化庁) 
 →詳細はこちら

◆8月4日・5日
 実践研究フォーラム(日本語教育学会)
  テーマ:実践研究とは何か―私にとっての実践研究―
  →詳細はこちら

  ・インターカルトからは、山田・筒井・後藤・佐々木・椿各氏がワークショップをします。
   『あなたの授業はそれでいいの?
    ―学習者自身の想いや気持ちを表現させられる授業を目指して―』

  ・私、加藤は研修委員で、ラウンドテーブルのコーディネーターをします。
   1日め:初級の実践をとらえ直す(1)学習者の力を引き出すアプローチ
   2日目:      〃        (2)短期プログラムを考える

   →発表者・題目一覧及び各ラウンドテーブル企画趣旨はこちら

◆8月8日・9日
 日本語学校教育研究大会(日本語教育振興協会(日振協))
  テーマ:世界の言語教育の潮流と日本語学校の未来Ⅱ
  →実施要項と日程はこちら

  ・インターカルトからは、萩原氏がポスター発表をします。
   『日本語学習を支援する人間関係エクササイズ』

  ・私、加藤は研修委員で、随所に登場します。

8月2、3、4、5、8、9日と続きますが、暑い夏、研修漬けになるのも乙なもの。
ぜひご参加を。

2007年07月18日

どこでもドア

今日もあっちこっち歩きまわりました。
いくらだったら買うだろう、どこでもドア。

さ~らりとした梅酒♪

というのを、クイ~ッと飲んでゴロンと横になって、それで寝てしまいました。
おっ。…最近、しょっちゅう。お酒、飲んでも飲まなくても。(飲まないことのほうが多い。)
昔はねぇ、はい昼寝と言われても、寝たフリしかできないような子供だったのですが。
日付けが変わってますが、今はまだ昨日の続きです。
律儀に更新。(PCの脇で寝てたので。)

2007年07月16日

天災は忘れる前にやってきた

台風が去ったと思ったら、あら、今度は地震。
ニュース速報、大忙しです。

昨日の台風、新潟までは行かないだろうと踏んで、大雨の中、出かけて行った夫、
今日帰ってくるはずだったんですが、地震で新幹線が動かなくて足止めくらってます。
携帯、つながりにくいのですよね。いやぁ、災害は大変。

私は、母と浅草で‘むぎとろ’を食べました。
うちの母は昭和二桁初年生まれなので、学童疎開をした世代。
当時、ご飯には麦や稗(ひえ)が混ざっているのが当たり前だったため、
麦飯には嫌な思い出しかないという人も多くいるようです。
うちの母は、あれはあれ、これはこれで、麦飯大好きなのですが、
母の二つ下の妹も、以前インターカルトにいたasakaさんも、
白いご飯が食べられる今、なぜ麦を混ぜるの!と言うのを聞きました。

健康やダイエットのために雑穀をお米に混ぜて食べるのはいいですが、
混ぜなければならなくなるような人災は、もう絶対にないように…ですね。

♪戦争が終わって僕らは生まれた♪
・・・という世代の私たちは能天気、と思ったのですが、
自分が生まれた年を戦争を基点に考えられる人、私のまわりにどれだけいるでしょう。
今のサマーコースには、1992年生まれという輩が何人かいます。
1992年って、ついこの間。私がインドネシア校に行っていた年。
嗚呼。こういう情報、私にとっては人災です。

2007年07月15日

台風一過

あれほどの猛威を振るっておきながら、何事もなかったように去っていきました。
台風一過の青空のすばらしさは知っていますが、
それって失礼じゃないかという感、否めません。

人の行動でも、同じようなことありますね。
カーッと怒って、怒ったほうはその後そのことをスッカラカ~ンと忘れてしまい、
普通に明るくなど振る舞っているのだけれど、
怒りの被害をくらったほうは、そう簡単にスッカラカ~ンとはいかない。

先週末、私は明らかに加害者だったと思います。
忙しくて自分を見失ったとか、自分のエンジンが止まってしまったとか、
それは、自分でコントロールができないほどの仕事を入れてしまった私側の責任で、
台風一過の今、家でのんびりしているのですが、
ふとそのことを思い出しては申し訳なかったなぁと反省しています。m(__)m

2007年07月14日

7月、史上最強の台風接近のせいで、

今日予定されていた、サマーコースの課外活動「お台場」は、延期。
けれど、別に行われている香港チームの授業は予定通りありました。

今日の担当は私。
4レベル合同の授業で、「香港お薦めガイド」を作るプロジェクトワークをしました。
市販のガイドブックには載っていないお薦めスポット満載、(かな?)
満遍なく情報を載せる予定だったのですが、結果的には食べ物屋満載。
‘世界で一番小さい’香港ディズニーランドは、
有名だけれどお薦めはできないということで、満場一致で掲載しないことになりました。

香港の人たち、知ってはいましたけれど、でも改めて…、
どうしてあんなに底抜けに明るく元気なんでしょう。
台風なんてなんのその、下は14才から上は+20くらいまで、弾けっぱなし、
楽しい時間でした。

みんなみんな、お疲れ様。

2007年07月13日

お行儀のいい国、ニッポン

日本人は基本的に、やっぱりとっても真面目でお行儀がいい国民だと思います。
昨日の朝の車内、全員無言。静寂の中でアクシデントに耐えていました。

携帯電話もそうですよね。
全世界を知っているわけではありませんが、車内で鳴った電話と口とを片手で被って、
背中を丸くして小声で「今、電車の中。後でかけます」なんて言っている光景は
他の国ではお目にかかったことがありません。
「携帯電話での通話はご遠慮ください」とは言われているものの、
通話したって罰せられるわけではないのに、です。

近隣諸国の車内では、あっちでもこっちでも、「ヨボセヨ~」だの「ウェイ?」だの。
数年前に乗ったスイスの電車には、携帯電話禁止車両がありました。
正確に言うと、silent carとかいう車両で、そこに乗った人は静かにしなければならない、
そこに乗ったら静かな環境を手に入れられるというものです。
こういうのがあるというのは、
逆に言えば、他の車両ではみんな電話でも何でもしているってことですよね。

日本、必ずしもいいところばかりではないですが、
人に迷惑をかけないという気持ちを持ち合わせているところ、
秩序が存在しているところ、結構いいところだと思っています。

070713.jpg

先々週の香港での‘勝手に同窓会’で、卒業生たちからもらった「感謝状」。
かなり感動。

2007年07月12日

都会で暮らす

すし詰め、そして数珠つなぎ、よく言ったものですね。
今朝の京王線は、朝5時半に起こったという地震(私、爆睡中)の影響で大幅な遅れ。

すし詰めの車内は熱気と湿気、けれど頭上のエアコンの風直撃のおかげで、
究極の不快感は免れました。
前後の電車は数珠つなぎ、走っては止まり、止まって止まって走り、
7時半に乗って、新宿に着いたのは9時半、なんと2時間!(通常は40分)。
降りた私はみだれ髪、押されてざんばら髪。
この段階で、一日分のエネルギーを使い果たしたような気持ちでした。

しかも雨。濡れると足はだるく、体は重くなる。
遅刻して信濃町校に出勤、お昼に新校舎に移動、その後代々木のオリセン。
日振協の違法活動防止対策会議。入管と東京都治安対策本部の方の話を聞く。
終了後、四ツ谷へ。食事会。

朝の疲れを引きずったまま、一日がようやく終わりました。
都会で暮らすのは大変です。私、上京して30年。
(おっ、インターカルトができた年。)

追伸。
‘この人’がブログをスタート。→ click here

2007年07月11日

Short Term Course UP-GRADED!

短期コースが新しくなります。

Click here
日本語のページはこちらです。

2007年07月10日

はい!サマーコース

こうなりたいとか、こうしたいとか、こうできたらいいなとか、
そういうことを夢に描いて、一つ一つ小さなブロックを積み上げて、
そして少しでもそれに近づけた時は感無量です。

今日から、また新たなサマーコース、香港スペシャルがスタート。
午前中の日本語のクラスは2日から始まったサマーコースとのジョイントですが、
午後はスペシャルクラス。歴代の香港勤務組が担当します。

070710.jpg

「理想や目標は高く高く持てば必ずそれに近づく」。
Aスクールの故nakanishi先生がおっしゃっていたという言葉です。
現実、時に辛い(からいじゃなくて)こともあるけれど、理想は高く高く。
・・・はい。

2007年07月09日

うなぎ

なんでもそうですけど、いいものとよくないものとありますね。

この間食べた、新宿駅の地下街にあるうなぎ屋さんのうなぎは、よくなかった。
骨が喉に刺さりました。
最後の一口を飲み込んだ瞬間、喉がチクチクして、おえぇぇぇ、これは刺さったぞ、と。
昔、一度、北海道で魚の骨が喉に刺さったことがあります。
その時の経験を踏まえて、薬局へ直行。ピンセット購入。
トイレへ。コンパクトをかざして口の中を見て、ピンセットで骨を抜きました。

今日の夜のうなぎは、高田馬場のうなぎ。
これは、もう、本当に美味しいうなぎでした。骨の気配、当然なし。
うなぎを食べながら、S日本語学校 eze先生、K日本語スクール ymmt先生と、
8月8日、9日にある日本語学校教育研究大会(日振協)の打ち合わせでした。
ごちそうさまでした。

三人だけで会ったのは、久しぶり。
(他の人たちを交えては、もう、しょっちゅう会っているのですが。)
何だか色々ありすぎて、頭がこんがらがってます。
が、うなぎが美味しかったのは確か。

2007年07月08日

日曜写真館

070708-1.jpg
6月最後の日、夜には百万ドルの夜景が見られる香港ビクトリアピークからの眺め。
雨の中、眼下の雲の隙間からビルの姿が見えました。

070708-2.jpg
同じ日に富士山に登っていたという人から送られてきました。
外国人がたくさんいたそうです。やっぱり富士山は日本の象徴なのでしょうね。

070708-3.jpg
先週の木曜日に、高円寺校の忘れ物箱の中にあったハンバーグです。
落とし主、現れたでしょうか。

070708-4.jpg
信濃町校の数軒手前にあるお寺の掲示板、今月の標語です。
確かにね。結局は自分がどう思うかっていうことで判断しているんですよね。

2007年07月07日

脳内メーカー

今、流行っているそうです。「脳内メーカー」。
自分の名前を入力すると、脳内イメージが表示されます。
私の脳内は・・・。

070707.gif

たった一つの「欲」を取り囲むたくさんの「悩」。
う~ん、当たっていなくはないような。

今日は07/07/07、七夕ですね。

2007年07月05日

拝啓 T日本語学校 iwgk先生。

「椅子、バラバラに並べるといいですねぇ」と、
今日、電話をかけた学校のT事務局長がおっしゃいました。
サマーコースのクラスがある新しい校舎のカラフルな椅子の話です。

どうして知ってんの?って、
私がここに書いたり、スタッフkido嬢があっちに書いたりしているからですよね。

敬意を表して、今日のタイトルにお名前を記させていただきましたiwgk先生、
「たまにはワタシの名前も書いて~」と、おっしゃっていたと人を介して聞きました。
ご無沙汰しています。

もう少し気の利いた、ためになるようなことを書きたいと思ってはいるんですけれど。
時々、思いもかけない人から「見てますよ」と言われて、
どきまきしながらも光栄に思っております。

070705-1.jpg

070705-3.jpg

この写真も載せてと言われていたのでした。
先週末、返還10周年を迎えた地でした20周年記念勝手に同窓会。
昼の部と夜の部です。
今回は、20年前、私がインターカルトでデビューを飾った年の学生たちとだけ。
その後の皆さん、もしこれ見てたらごめんね。次の機会に。
(そ、ここに書くってことは、世界に向けて嘘をつけないってことなのですよね。おっ、こわ。)

2007年07月04日

千客万来

ここに書くのを怠けましたけど、昨日は入学式。
新入生は9の国と地域から120人、韓国、台湾、タイ、香港、インドネシア、
シンガポール、サウジアラビア、オーストラリア、イギリス。
これで、7月からの在校生は22カ国に。(・・・しかし、まだまだ。)

新しいことが始まろうとする時の気分、とても好きです。
今日も、千客万来。

070704.jpg

↑おみくじ綿棒。(・・・綿棒一本一本に運勢と解説。)

いきなり、「あきまへんわ!」(凶)。すぐに箱に戻して振って、吉とか小吉とか中吉とか。
出して出して出して、やっと「調子のりまっせ!いきりまっせ!」(大大吉)。
もう一回と思って振ったら、「ある意味おいしいで!」(超凶)。

結構いい日かなと思った日の運勢が最低とわかったら、それはそれで。
明日はきっと、もっといい日。ある意味おいしい、おいしいで。

・・・何書いてんだか。
なんだかとても疲れてしまって、体中が痛くて、夜、整体に行きました。
大丈夫。明日は復活。

2007年07月02日

183日め

6月が終わったのだから当然のことなんですけれど、
今日は2007年183日めの日、今年の折り返し地点にタッチして戻る初日です。
ああ、半年何したかなぁと振り返ってみる。

裁縫にたとえるなら、結構、力を入れて縫っている。
でも、縫い損ないあり、
刺してある待ち針が見えているのにそのままにしているところあり、
ほころびがあっちこっちに見え隠れしている、
ふうふう言いながらミシンを踏んでいるのだけれど、追いつかないってこともある。
そんな半年。

今日は、7月生のオリエンテーション。信濃町校、高円寺校それぞれで。
そして、サマーコースの開講式。
本日38名、1週間遅れて22名が合流。おっ、すごい!総勢60名?
8月のサマーコースも40名以上とか・・・。
午後、出掛ける時に駅で会ったスウェーデンからのサマーコースの学生たちに、
「どこへ行くの?」と聞いたら、
秋葉原にギターを買いに行くと言っていました。 。。。?