当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

田中 優次さんYuji Tanaka
入校年月
:2013年7月
前職
:会社員
日本語教師の職歴
:2014年1月~
 インターカルト日本語学校非常勤講師
田中 優次さん

オープンなスタンスが受講の決め手!
仲間から学ぶことも多かった模擬授業。

日本語教師を目指した理由は?

20代の終わりに転職を考えていましたが、これだと思える仕事が見つかりませんでした。そんなとき、大学時代にイギリスへ語学留学をした際に、語学教師という仕事に魅力を感じたことを思い出しました。他にやりたい仕事がない。そんな時期だからこそ、今回は良い機会かなと考え、会社を辞め、養成講座に入学しました。

インターカルトに決めた理由は?

他の学校も見学しましたが、決め手となったのは、インターカルトのオープンなスタンスです。私の場合は、自分が語学教師になるというイメージが持てなかったので、養成講座ではなく日本語学校の授業を見学させて頂き、教師というのがどんな仕事かを目の当たりにすることができました。

受講してみて良かったことは?

一番は実習の授業です。自分が日本語教師になったときの授業の基礎は、養成講座で学んだことがそのまま反映されていると思います。それを形作るにあたっては、養成講座の先生に数々のサポートをして頂きましたし、養成講座の仲間の模擬授業から学ぶことも多かったと思います。模擬授業を録画したDVDは今でも貴重な資料です。

日本語を教えてみてどうですか?

日本語教師は本当にやりがいのある仕事だと思います。学生は皆、何かを成し遂げたいという気持ちを持って日本語を学びに日本へやって来ます。そんな彼らの目標をサポートしたいという気持ちが、より良い教師になりたい、より良い授業を作りたいというモチベーションや使命感につながっています。

田中 優次さん
インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.