当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

駒﨑 達也さんTastuya Komazaki
入校年月
:2011年4月期生 6ヶ月コース
前職
:大学院生
日本語教師の職歴
:中国・上海/新世界教育日語部日語教師
 中華人民共和国国家外国専家局文教類専門家
駒﨑 達也さん

養成講座で学んだことを
留学生との交流の場ですぐ実践!

インターカルトに決めた理由は?

インターカルト日本語学校の養成講座の一番の魅力は、日本語学校内に併設された養成講座だということです。
私が養成講座に通っていた時は、午前中に養成講座の授業を受けて、午後には日本語学校の学生たちと一緒に昼ごはんを食べて交流をするという生活を毎日送りました。 養成講座終了後にすぐに海外に赴任されることが不安な方も当然ながらいらっしゃると思いますが、インターカルト日本語学校では様々な国から来た 学生たちと交流する機会が毎日のようにあり、自分から積極的に行動していくことで、理論や指導だけでなく、外国人とのコミュニケーションへの自信にもつながると思います。第一線で活躍されている教師陣から直接指導を受け、それをすぐに実践できる環境があることは、現在日本語教師として海外で働く私の大きな 財産となったと自信を持って言えると思います。

日本語を教えてみてどうですか?

日本語教師と国語教師、ともに「日本語」を教える仕事ですが、日本語教師は外国人に対して日本語を教えるいうことが、国語教師と一番違うと思います。
日本語教師は日本国内での指導はもちろん、特に海外で教える際には、その国の言語の特徴や人々の習慣、考え方など包括的な広い視点で常に相手のことを常に 「知りたい」という姿勢が求められます。インターカルト日本語学校の養成講座では、実際に国内だけでなく、海外での教師経験が豊富な教師陣が直接指導する という、これ以上ない生の体験を聞くことができます。これは、修了後に一人異国の地へ飛び何も知らない環境で、日本語教師として生きていく上で今でも強い 支えとなっています。養成講座修了後も、いつでも迎え入れてくれる雰囲気もまた、インターカルト日本語学校ならではの特徴ではないかと思っています。

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.