当社ウェブサイトのすべての機能をご利用するには、クリックしてコンテンツに移動することでクッキーの使用に同意することができます。クッキーについての詳細をご希望の場合、またはクッキーの設定変更をご希望の場合は、当社の クッキーポリシーをご覧ください。
If you would like to receive all the functionalities of our websites, you can accept these cookies by clicking through to further content on our webpages. If you want to know about the details of these cookies, or wish to change your cookie settings, please go to our Cookie Policy

同意する
I accept
  • 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語を教える > 
  3. 修了生の声

修了生の声

藤塚 高子さんTakako Fujitsuka
入校年月
:2006年4月期生 6ヶ月コース
前職
:会社員
日本語教師の職歴
:2006年~
 インターカルト日本語学校 非常勤講師
 2012年~
 マレーシア/ ATOZランゲージセンター
 常勤講師
藤塚 高子さん

文化の異なる誰かの
「夢を叶えるお手伝い」ができる!

日本語を教えてみてどうですか?

現在、マレーシアの首都クアラルンプールの隣セランゴール州にある語学学校で、常勤講師として働いています。
私は2006年にインターカルトの教師養成講座を卒業し、その後約4年間非常勤講師として、同校で長期コース・短期コース・企業の駐在員向け授業などを担当しました。色々な仕事をしていく中で「世界には日本語を勉強したい人がたくさんいる」ということを知り、自らの足で海外へ教えに行こうと思い、縁あって今この地にいます。
海外に出て改めて思うことは、「インターカルトの養成講座はすごい」ということです。こちらに来て日本とは全く異なる環境で仕事をしていますが、養成講座で得た知識や教授法や先生方のお言葉は、どんな場所でも場面でも私の道しるべとなっています。
ここマレーシアは、マレー系・中華系・インド系など様々な民族が共存する多民族国家です。このような様々な宗教や価値観を持った人たちに、私たちは日本語という言葉を通じて新たな文化を伝え、そして同時にこちらが今まで知らなかった文化を学ぶ機会をもらっています。
日本語教師はこういう文化の異なる誰かの「夢を叶えるお手伝い」ができるとてもやりがいある仕事です。そしてそのフィールドは世界中にあります。

日本語教師を目指す方へひとことお願いします。

もしあなたがちょっとでも日本語教師に興味があるのなら、ぜひチャレンジしてみてください。必ずや今までとは違う世界を知ることができ、きっとあなたの人生を豊かにしてくれることと思います。

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.