• 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語教師養成講座 > 
  3. 講師一覧

講師一覧

沼田宏

担当教科:文法1,2

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所所長

日本人だから日本語についてよく知っている……本当でしょうか。ふだん何気なく日本語を使っている日本人だから気づかない日本語の「きまり」があります。外国人に日本語を教えるには、その無意識の部分をきちんと意識化しなければなりません。「国語文法」とは違う「日本語文法」を一緒に考えていきましょう。

研究業績・著作・論文等
・日本留学試験速攻トレーニング読解』(アルク 共著)
・『きらり☆日本語 N5語彙』(凡人社 共著)

池田悠子

担当教科:音声

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所等非常勤講師

国際埼玉短期大学非常勤講師

「音声」の授業は、日本語の発音のメカニズムを理論的に学ぶと同時に、自分や学習者が音声器官のどこで、どのような方法で発音しているのかを知覚することを目的としますから、どしどし声を出してください。
わかりにくいところはわかるまで教師に食い下がってください。大歓迎です。

研究業績・著作・論文等
・「外来語の表現という観点からみた作家の表現特性」
・「刊本『たまものさうし』における表記の傾向」
・「長音の表記における内閣告示の示すものと実情の乖離」
・『新・はじめての日本語教育1日本語教育の基礎知識』アスク 共著
・『新・はじめての日本語教育 基本用語事典』アスク 共著
・『やさしい日本語指導 音韻・音声』凡人社
・『やさしい日本語指導 社会・文化・地域』凡人社
・『美しい日本語表現 敬語も磨く』双文社
・『日本語教育能力検定試験聴解・音声特訓プログラム』三修社 共著
・『合格水準日本語教育能力試験用語集 新版』凡人社 共著

神本令子

担当教科:文字表記

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所専任講師

確かにカタカナの「ソとン」は似ていると思いますが、漢字の「大と太と犬と夫」は似ているでしょうか。アメリカの学生は「とても似ている」と嘆いていました。
文字をまず、日本語学習者に教えるものとしてとらえることから始めます。 教える際に必要な基本的知識を習得し、学生にいかに教えるか、教師の役割を模索していきたいと思います。

研究業績・著作・論文等
・日本留学試験速攻トレーニング読解』(アルク 共著)

有賀千佳子

担当教科:語彙

所属:大東文化大学外国語学部非常勤講師

國學院大學文学部兼任講師
国際教養大学専門職大学院非常勤講師

「語彙」の授業では、語彙論の知識に加え、誤用分析(「熱戦の末、やっと負けてしまった」「湯ざめしないうちにお風呂にお入り下さい」)や、類語比較分析(「水があふれる/こぼれる」「風呂があふれる/*こぼれる」)などを通し、普段無意識に使っている語の意味や用法を、どうやって意識化し学習者に教えればよいかを考えます。皆でワイワイと楽しく進めていきましょう。

研究業績・著作・論文等
・『ペアで覚えるいろいろなことば』(共著)1996武蔵野書院
・『ことばの意味を教える教師のためのヒント集』(共著)
・「これからの学習者用日本語辞書」2006
・『日本語学』7月号(共著)明治書院
・「初級教科書における多義語の使用実態」2012 日本語教育国際研究大会予稿集

渋谷実希

担当教科:教授法

所属:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 特任講師

東京大学 教養学部 非常勤講師
武蔵野大学 グローバル・コミュニケーション学部 非常勤講師

日本語教師は
 ・世界のあっちこっちで活躍できる
 ・学ぶ人の可能性や世界を広げる手伝いができる
 ・地道だけど確実に平和を作っていく
素晴らしくハッピーな仕事です!毎日、学びと笑顔が絶えませんよ。皆さまとご一緒できる日を楽しみにしています。

研究業績・著作・論文等
・『こはるといっしょにひらがなわぁ~い』(2011)
  国際交流基金バンコク日本文化センター
・『会話の授業を楽しくするコミュニケーションのためのクラス活動40』
  (2012)スリーエーネットワーク
・『日本語教師のための実践・作文指導』(2014)くろしお出版
・「タイ国中等教育機関の日本語選択コース用ひらがな教材開発報告」
  (2012)国際交流基金日本語教育紀要第8号
・「タイの教育現場支援としてのJF日本語教育スタンダード導入-
  『あきこと友だちCan-doハンドブック』の作成-」(2013)
   国際交流基金日本語教育紀要第9号

田川拓海

担当教科:言語学概論

所属:筑波大学 人文社会系

「言語学」は私たちの身近にあることばについて考える学問であるにもかかわらず、自分でやるとなるとなかなか難しい分野だと言われることがあります。日本語の研究や日本語教育とのつながりを考えながら、言語学の基本的な考え方と基礎について学んでいきましょう。

研究業績・著作・論文等
・田川拓海 (2010)「「方」名詞句と使役文における二重対格制約」
  『日本語文法』10(1): 122-129.
・田川拓海 (2012)「分散形態論を用いた動詞活用の研究に向けて
  ―連用形の分析における形態統語論的問題―」
  三原健一・仁田義雄(編)『活用論の前線』, 191-216, くろしお出版.
・田川拓海 (2014)「時間節を形成する形式副詞シダイの性質と節構造」
  宋協毅・林常楽(編)『日本語言文化研究第五集』, 106-112,
  大連理工大学出版社.

武市香織

担当教科:日本語史・日本語学史

所属:元東京国際大学講師

担当している「日本語史」は、日本語の文字の獲得・発展から音韻の変遷・文法的変化まで、現代の日本語がどのように形成されてきたのかを総合的に扱います。
難しくはありません。(多分 笑)
一緒に楽しみながら日本語と日本文化の歴史を遡って行きましょう。

研究業績・著作・論文等
・「巻8の大伴坂上郎女歌」(万葉の歌人と作品第10巻 和泉書院 2004)
・「明日香皇女挽歌」(柿本人麻呂〈全〉 笠間書院 2000)
・「天武諸皇子の出生順と続紀の序列基準について」
                 (萬葉第173号 2000)
・「ささの葉はみ山もさやに乱るとも」
           (萬葉集研究第12集 塙書房 1984)
・「石見相聞歌の構成―別れの拒絶とその受容―」
             (上代文学論叢 笠間書院 1984)

矢沢悦子

担当教科:異文化理解・コミュニケーション

所属:NPO法人日本ペルー共生協会 日本語講師

東京学芸大学 非常勤講師

う~ん、日本語教師は楽じゃない。何年やっても「勉強」が続くし、「授業準備」に時間がかかる。でもでも、です。大人が相手でも、子どもが相手でも、学びの場で時間や空間が共有できる、これは面白いです。それに、文化も世代も超えてつながる瞬間がある、たまりません。楽じゃないけれど、楽しいです、日本語教師は。

佐々木隼人

担当教科:言語習得

日本語教育事情Ⅱ(ビジネス)

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所専任講師

学生の立場になって接することができる日本語教師を目指していた頃、「第二言語習得理論」というものに出会いました。「人が外国語をどのように使えるようになっていくのか」、「その過程にはどのような要因が関わっているのか」などについて学べる理論です。この理論が実際の日本語のクラスにどのように結びつくのかぜひ一緒に考えていきませんか?

研究業績・著作・論文等
三井物産、日本水産、サムソン、日産、Dysonなどビジネス日本語研修

伊東祐郎

担当教科:評価法

所属:東京外国語大学 留学生日本語教育センター教授(センター長)

放送大学客員教授

テスト作成において、テストの妥当性を高めるための努力は必須です。そのために、教師は、測定しようとする日本語能力がどのような要素から構成されているかを把握しておく必要があります。本講座では、テスト作成の実際、言語能力の捉え方、そしてテスト作成における留意点等について概説する予定です。

研究業績・著作・論文等
・『言語テスティング概論』(Tim McNamara著
  "Language Testing" 邦訳)(監訳)スリーエーネットワーク
・『日本語教師のためのテスト作成マニュアル』(単著)アルク
・『やってみよう「参加型学習」!日本語教室のための4つの手法
  -理念と実践-』(共著)スリーエーネットワーク
・『講座・日本語教育学<第4巻>』(共著)スリーエーネットワーク
・『日本語教師の成長と自己研修』(共著)凡人社
・『日本語基礎A(06)-文法指導法と学習-』
 放送大学テレビ教材(共著編)放送大学教育振興会
・『日本語基礎B(07)-コミュニケーションと異文化理解-』
 放送大学ラジオ教材(共著編)放送大学教育振興会
・『言語と社会・教育<シリーズ朝倉第8巻>』(共著) 朝倉書店
・『対話とプロフィシェンシー』(共著)凡人社)

加藤早苗

担当教科:日本語教育事情Ⅳ(進路)

所属:インターカルト日本語学校 代表

文化庁国語審議会国語分科会日本語教育小委員会委員

日本語を学ぶ人の数だけあるもの、それは教える方法、使う教材、そして教師の・・・タイプ? 教師のひきだしの中身の充実は、そのまま魅力につながります。私がいつも先生たちに言っていること、「卒業後何年たっても○○先生に習ったと名前を挙げてもらえるような先生に…」。皆さんにもそんな先生を目指してほしいです。

研究業績・著作・論文等
・「きらり☆日本語 N5語彙」共著(凡人社)
・「日本留学試験 速攻トレーニング 読解編」共著(アルク)
・「日本留学試験 速攻トレーニング 聴解編」共著(アルク)
・平成9年度文部省補助事業「進学後の留学生自身による
 日本語運用能力判定から見た国内日本語学校の教育課題」共同研究
・平成10年度文部省補助事業
「日本語能力試験と日本語学校教育上の
 諸問題に関する調査研究―新外国人留学生試験実施に向けて―」共同研究
・平成14年度文部省補助事業
「日本語学校における教員養成の実践力とは何か
 ~未経験者に求められる基礎的実践力を探る~実績報告書」共同研究

西原鈴子

担当教科:日本語教育概論

所属:(独)国際交流基金日本語国際センター所長

文部科学省文化審議会座長

日本語教育を目指す方々の将来は、専門領域、活動の場、実践のタイプのどれをとっても、多様な可能性を秘めていると思います。養成講座を通して、自分の持ち味を生かした方向を探求し、グローバルな視野から立ち位置を見つけることができるように努力して下さい。

研究業績・著作・論文等
・2003年7月「外国人とのコミュニケーション」
 『朝倉日本語講座 9』朝倉書店
・2008年8月 『講座社会言語学 4 教育・学習』(共編著)ひつじ書房
・2010年5月『言語と社会・教育』
 シリーズ朝倉<言語の可能性>8 朝倉書店
・2010年11月「日本の言語政策の転換」『言語政策を問う!』ひつじ書房
・2011年4月 「日本留学のあり方と大規模テストの可能性」
 『日本語教育』148号

矢部まゆみ

担当教科:日本語教育事情Ⅰ(地域)

所属:横浜国立大学 非常勤講師

横浜市日本語学習コーディネート業務アドバイザー(委任)

多様な背景を持つ人々が、日本で安心して日々の生活を送り、自分らしく生き、社会の一員として力を発揮できるようになるためには、何が必要でしょうか。日本語教育はそのために何ができるでしょうか。多様な学習者、多様な状況、多様な繋がり・関係性…地域の日本語教育はダイナミックです。一緒に考えていきましょう。

研究業績・著作・論文等
・「日本語学習者は『第三の場所』をどのように実現するか~
 「声」を発し響き合わせる「対話」の中で~」
 (小川貴士編著『日本語教育のフロンテイア 学習者主体と協働』
 くろしお出版 2007に収録)
・「対話教育としての日本語教育についての考察」(『リテラシーズ1:
 ことば・文化・社会の日本語教育へ』くろしお出版 2005に収録)
 http://literacies.9640.jp/vol01.html
・「「人生の3大事件」を聴く、語る―早稲田オレゴンプログラム
 「ワークショップでの試み」」『講座日本語教育 第39分冊』
 早稲田大学日本語研究教育センター 2003年

春原憲一郎

担当教科:日本語教育事情Ⅲ(世界と日本)

所属:財団法人海外産業人材育成協会(HIDA) 理事兼日本語教育センター長

日本語教師は水際を行/生きます.波打際にはいろんなものがやってきます.夢を綴った手紙の眠る壜,水底の唄を奏でる巻貝,放射線を浴びた漁船,異なる言語や文化をもった人々….日本語教育に関わると否応なく,今まで当たり前だと思っていた日常の風景が一変して新たな景色が拡がります.あなたもそんな体験をしてみませんか?

研究業績・著作・論文等
・『はじめのいっぽ』スリーエーネットワーク
・『日本語教師必携 ハート&テクニック』アルク
・『にほんご宝船』『こども にほんご宝島』アスク
・『日本語教師の成長と自己研修』凡人社
・『移動労働者とその家族のための言語政策』ひつじ書房
・『わからないことは希望なのだ』アルク
・『生きる力をつちかう言葉』大修館書店,他多数

神吉宇一

担当教科:日本語教育事情Ⅲ「世界と日本」

所属:長崎外国語大学外国語学部 特別任用講師

新しいこと,変だと思うこと,自分とはちょっと違うと思うこと,なんとなく気に入らないこと,こんなことを前向きにとらえて,おもしろい!と思える人が向いてるかなぁ。
グローバル化の時代,外国人と日本人が新たな社会や価値を作るために何ができるか,一緒に考えていきましょう。

研究業績・著作・論文等
[著書] • Kamiyoshi, Uichi(印刷中)'How Japanese Education for Young Peoples Has Been Discussed: A Critical Analysis from a Rerational Viewpoint', Shinji Sato and Neriko Musha Doerr(Eds.) Culture and Language in Japanese Education: Critical Explorations beyond the ”Standard”, Multilingual Matters.
[論文] 佐藤慎司,長谷川敦志,熊谷由理,神吉宇一(2013)「内容重視の言語教育の理論と実践:『批判的』日本語教育に向けて」『 New Perspectives on Japanese Language Learning, Linguistics, and Culture』National Foreign Language Resource Center • 「平成22年度文化庁日本語教育研究委託『生活日本語の指導力に関する調査研究報告書』日本国際教育支援協会,2011 • 「教育機関のための外国人留学生ビジネス日本語教育ガイド」アジア人財資金構想サポートセンター,2011
他多数

王 慧槿

担当教科:日本語教育事情Ⅳ(年少者)

所属:特定非営利活動法人多文化共生センター東京代表

韓国生まれ日本育ちで中国籍の在日中国人。2001年4月に前身である「多文化共生センター・東京21」発足に携わりました。同センターで2005年5月より日本語を母語としない中学生及び学齢超過の子どもたちを高校につなげるための居場所と日本語、教科をサポートするための「たぶんかフリースクール」を開く。外国人の子どもたちの取りまく環境を理解していだだき、一緒に考えてほしいと思います。

研究業績・著作・論文等
・「東京都23区の公立学校における外国籍児童・生徒の実態調査報告
 VOL.1・2・3・4」共著(多文化共生センター・東京21発行)
・「在日外国籍生徒の教育実態に関する調査07」
・「東京都の外国籍生徒の教育実態に関する調査報告08」。共著
 (多文化共生センター東京)
・「多文化パワー社会」共著(明石書店)
・「公開講座 多文化共生論」ひつじ書房

千田 綾

担当教科:日本語教育事情Ⅳ(年少者)

所属:特定非営利活動法人多文化共生センター東京事務局スタッフ

学齢超過生、母国で中学を卒業した子どもたちが毎日通える居場所、高校進学のための日本語や教科が学べる場「たぶんかフリースクール」を運営しています。
日本に定住する子どもたちにとって、「日本語」は日本で生きていくために大切です。外国から来た子どもたちが置かれている状況や課題を一緒に考えてほしいと思います。

研究業績・著作・論文等
2011年より多文化共生センター東京事務局スタッフとして、主にたぶんかフリースクール教務を担当。外国から来た子どもたちの高校進学支援等に従事。

渡辺晋太郎

担当教科:パフォーマンス基礎講座Ⅰ(音声)

所属:特定非営利活動法人 国際日本語コミュニケーション研究所 副理事長

「修破離」という言葉を聞いたことはありますか。世阿弥の残した言葉だと聞きました。先ずは師の教えをしっかり学び習い、次に少しずつ工夫を加えて殻を破り、最後に師の教えを離れて独自の体系を開いていくように諭した言葉で、日本語教師の道にも当てはまると確信しています。私の「座右の銘」です。

研究業績・著作・論文等
多数の講演、講義、司会、イベント企画等

春風亭小柳

担当教科:パフォーマンス基礎講座Ⅱ(表現)

所属:公益社団法人落語芸術協会 真打

海外での公演を行うと、言葉ももちろん大事ですが、コミュニケーションには身ぶり手ぶり、全てを使って心を伝える事が大事だと感じています。
落語の仕草を通してコミュニケーションのお手伝いが出来ればと思います。

研究業績・著作・論文等
都内寄席への出演、全国での落語公演
インド、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、イギリス、インドネシアでの海外公演国内各地での小学校から中学校、高校などの学校公演も多数

萩原秀樹

担当教科:実践予備講座「教科書を知る」

所属:インターカルト日本語学校 教務 コーディネーター

ことばのみならず、学習者にも向き合う教師になっていただけたらと思います。
学習者に提供し、好評だった素材、活動をご紹介します。
・安部公房「鞄」(上級読解クラス)
・グループ活動「相手のいいところを探そう」
                  (中級会話クラス)

研究業績・著作・論文等
「生と死の日本語教育」(日本語教育学会実践研究フォーラム2013 、『桜美林言語教育論叢』桜美林大学言語教育研究所2014)
「日本語教育で現代詩を扱う可能性」(『言語文化教育研究』東京言語文化教育研究会2013)
「学習者の欲求を満たし、伸びる素地を育む」(『日本語教師のための多読授業入門』アスク出版2012)
「映画で読み解く日本語・日本社会」(日本語学校研究教育大会2011)
「学習者のライフと未来に視点をおいた日本語活動」(日本語教育学会実践研究フォーラム2010)
「非言語活動を通した支援型日本語授業」(『言語文化教育研究』東京言語文化教育研究会2009)
「日本語教師とジェンダーに関する一考察」(『ことばとジェンダーの未来図』明石書店2007)

椿文緒

担当教科:実践講座 初級実習

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所非常勤講師

日本語の授業は、学習者との言葉のやり取り(コミュニケーション)を中心に行います。みなさんのこれまでの経験や個性を生かして、自分らしい授業を作ってください。実践講座では、どうすれば学習者が楽しく学び、日本語が使えるようになるか、一緒に考えていきましょう。

宮島京子

担当教科:実践講座 中上級実習

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所専任講師

「課長に誘われたら、断るわけにはいかない」この「~わけにはいかない」という表現はどんな意味を持ち、どんな使われ方をしているのでしょう。学習者がそれまでに学んできた似たような表現と何が違うのか、この表現の持つ微妙なニュアンスをどう伝えればいいのか、中上級の授業ならではの教え方のポイントを探ります。

秋山信子

担当教科:実践講座 初級実習

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所専任講師

外国人学習者が日本語を勉強する目的は、さまざまです。日本語教師は、学習者それぞれの目的を達成する手伝いができる仕事だと思います。学習者に、日本語でコミュニケーションができる楽しさを伝えられるよう、一緒にがんばりましょう。

研究業績・著作・論文等
「WEEKLY J book1 日本語で話す6週間」

齋藤美幸

担当教科:実践講座 初級実習

所属:インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所非常勤講師

授業は言葉のキャッチボールをしながら進めていきますから、学習者も教師もお互いに多くの気づきと視野の広がりがあります。また学習者が母語にはない表現への困惑を乗り越えて、なんとか日本語で伝えたいことが言えたときの喜びも共にします。まさにその瞬間を創りだすことが教師の役目だと思っています。私はこの仕事に夢中です。

研究業績・著作・論文等
・『きらり☆日本語 語彙N4,N5』(凡人社)共著
・『絵で見てわかる日本語表現文型』(ナツメ)執筆協力
・東京都防災語学ボランティア「やさしい日本語」研修講師
・JICA継承日本語教育研修講師
・地域の「ボランティア講座」講師

坂本舞

担当教科:実践講座 初級実習

所属:インターカルト日本語学校ランゲージセンター 教務 マネージャー

教師:「じゃあ、今日は終わりましょう。」学生:「え?はや~い!」 心の中で密かにガッツポーズ。時間がたつのを忘れさせ、日本語を忘れさせない授業を一緒に考えていきましょう。そのためには、学習者から「伝えたい」気持ちを引き出すことが大切です。伝えたい気持ちになった学習者からいろいろなことを聞き出し、”違い”を楽しみましょう。

研究業績・著作・論文等
~著作~
「Weekly J book1」凡人社
「外国人のための英語でわかるはじめての日本語」ナツメ社
~執筆協力~
「にほんごで働く!ビジネス日本語30時間」スリーエーネットワーク

島崎珠美

担当教科:実践講座 初級実習

所属:インターカルト日本語学校 教務 コーディネーター

日本語ゼロからスタートした学生が3か月、半年後に日本語だけで日常会話ができるようになってくれた時の嬉しさは、前職では得られなかったすばらしさのひとつです。がんばる原動力とも言えるかもしれません。
授業の準備など苦労も多いですが、それを忘れさせてくれる学生たちの笑顔のために、いっしょに頑張りましょう!

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.