• 日本語教師養成講座
  • 日本語学校
  • なぜインターカルト?
  • 企業・教育・政府機関の皆様へ
  1. トップ > 
  2. 日本語教師養成講座 > 
  3. FAQ

FAQ

入学まで

入学までの手続きを教えてください。

A.

入学までの流れは下記のようになります。

・ 入学申込書を記入し、写真を添付の上ご郵送ください。
・ 申込書を受け取りましたら、受講料のご案内をお送りいたします。
・ 受講料のご入金を確認いたしましたら、開講式のご案内等をお送りいたします。
・ 入学前に作文の提出をお願いいたしております。

教育訓練給付金は受けられますか。

A.

日本語教師養成コースの6ヶ月コースと1年コースは、教育訓練給付金の対象講座です。
受講料の20% 10万円の給付が受けられます。

年齢制限はありますか。

A.

年齢制限はありません。ほぼ毎期、20代~60代の方が受講されています。
グループ作業などの際も、様々な年齢層の学生達がお互いに意見を出し合い、楽しそうに取り組んでいます。世代間の考え方や日本語の認識の違いなどを知るよい機会になっています。

通学定期の適用はありますか。

A.

当校は文科省管轄の専門学校ではないため、通学定期の適用がありません。
各自通勤定期をご購入くださるようお願いいたします。

授業について

授業を休んだ場合、振替はできますか。

A.

1クラス体制のため振替はできません。その代わり事前にご連絡いただければ、授業をビデオで収録します。後日学校でご覧いただければ出席扱いになります。(ただし実技科目は除きます。)

養成講座の修了条件を教えてください。

A.

修了条件は、以下の通りです。

1. 出席率80%以上
2. テスト・レポートのある科目は60点以上の評価
(*60点未満の場合は再試験等を行います。)

就職について

就職のサポートはありますか。

A.

就職に関しては在学中の就職ガイダンスをはじめ、個人相談を中心にフォローしており、受講生の方がそれぞれ希望の道に進むことができるようなバックアップ を積極的に行っております。また各日本語教育機関の採用担当の方を当校にお呼びして採用説明会を実施しています。日本語教師養成講座修了後の就職相談も随 時お受けしております。

海外に提携校はありますか。

A.

マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、香港に提携校がございます。修了生が提携校で活躍しています。

日本語学校の採用条件について教えてください。

A.

日本語教師になるには以下のうち、いずれか1つ以上を満たすことが 一般的とされています。これはほとんどの各教育機関の採用条件になっています。当講座の日本語教師養成コースは3つめの条件を満たす420時間の日本語教師養成講座です。
・ 大学で主専攻または副専攻で日本語教育に関する一定の単位取得した者
・ 「日本語教育能力検定」合格者
・ 日本語教師養成講座420時間修了者

インターカルト日本語学校 秋葉原校
東京都台東区台東2-20-9
TEL : 03-5816-4861  FAX : 03-5816-4862
Copyright (C) 2006-2016 インターカルト日本語学校. All Rights Reserved.