Archive for 日本語教師の毎日

めざせ! 川柳少女/川柳少年

先日、目的別「楽しく書く」の授業で川柳の創作をしました。題して「めざせ! 川柳少女/川柳少年」(ちなみに「川柳少女」はご存じですか?)。実は三年前にも一度川柳ネタでこのブログを書いたのですが、その頃には見られなかったテーマの作品が目立ちました。

圧倒的に多かったのがアイドルものです。

「アイドルに お金をすべて 注ぎます」って、ちょっと危ないですよね。

乃木坂四連作もありました。

「乃木坂に 出逢えて良かった ありがとう」

「乃木坂は どこまで坂を 登るかな」

「握手会 ライブも参加 大変だ」

「推しの夢 卒業しても 支えます」

乃木坂46への愛があふれています。ある先生によると、ホームクラスで見る姿より生き生きしているのでは、とのこと。(ちょっとうれしい。)

もう一つはオタクものとでもいいましょうか。

「秋葉原 おたくの街だ 行きたいよ」

「アニメある まんがも買える すごいです」

「メイドいる 一緒に行こう 楽しいね」

作者である彼の頭の中には、秋葉原という町のイメージが広がっていたのでしょうね。

 

今回の作品の中で、某女性スタッフ(Tぐちさん)に大ウケだったのが、

「Sサイズ 試してはいて すぐに脱ぐ」です。

作者によると、お正月後の自分を表現したのだとか。Tぐちさんは、「わかる~!」と言っていましたが、Sサイズではないそうです。

 

さて、出来た川柳を短冊に書きました。もちろん縦書きなのですが、この縦書きが曲者。今学期の最初の授業で絵馬を書いたとき、自分の名前の長音を表す「―」を縦にしなかった学生がいました。同じ過ちを繰り返さないよう、今回作品を短冊に書くにあたっては、事前にしっかり注意しました。その甲斐あって、みんな間違えずにきちんと書けました、名前は。名前の音引きは縦向きに書けたのですが、漢数字の「一(いち)」も縦に書いてしまうというおまけまで付いてきてしまいました。ちょっとした日本語あるあるですが、指導にあたって提供すべき情報は過不足ないようにしたいものですね。

沼田

いろいろな学生 いろいろな日本語

今の担任クラス(中級クラス)に、ロシアの男子学生がいます。Dさんです。
とても熱心な学生です。
クラスでも真面目な学生としてクラスメイトみんなから、一目も二目もおかれています。

中級の文法になると、会話で使うというよりは改まった表現、硬い表現を学ぶことも多く、せっかく授業で習っても使ってみる機会があまりないとぼやく学生もいます。
でも、Dさんはよく授業後に教務室へ来ては、街中で撮った写真を見せてくれます。
電車内の広告。街の看板やポスター。
授業で習った文法が使われた表現を見つけると、すぐに撮影するそうです。
写真は、「より~」を見つけたときのもの。

自分なりの勉強方法で楽しく勉強していて、すばらしい学生だと思います。
これから授業内でもいろいろなテーマでプレゼンや発表をする機会が増えると思うのですが、ぜひいつかみんなにも教えてあげてほしいなぁと思っています。

そして、別の話題。
先日、このクラスの授業で「~らしい(伝聞)」のを勉強した日。
最近聞いた噂やニュースを学生たちに聞いたところ、漢字圏の国のかわいらしい女子学生の発話が
「北朝鮮のマサオが、殺害されたらしいです。」

ん?マサオ?だれ?
あ~、マサオ→正男→ジョンナム
キム ジョンナムさんのことでした。

漢字圏で漢字が読めるからこその間違いですよね。
悲しい話題なんですが、かわいい間違いに思わずちょっと笑ってしまいました。不謹慎ですみません。

同じ文法項目を教えても、クラスによって学生によって答えは様々。
毎回いろいろな発見があります。

これも日本語教師の楽しさのひとつです。

島崎

自分を色で表すと何色ですか?

先日、イタリア人の女子学生が黒のスーツを着てきました。聞けば午後に企業の面接があるという。周りの先生たちは「素敵ね、大人っぽいね」と言っていました。でも私は違和感を感じました。イタリア人の女性なら、せめて気に入った色柄のスカーフでもつけたらいいのに。別の日、やはり面接があると言って、スウェーデン人の男子学生が黒のスーツを着てきました。ネクタイも黒無地。さすがにこれは注意しました。

ところで、リクルートスーツが黒一辺倒になったのはいつごろからでしょうか。ネットで調べてみました。

「黒スーツ」が流行を始めたのは2000年ごろの就職イベントの大規模化が一因ではないかと分析している。不況による買い手市場化で、学生は萎縮し、就職イベントの参加者が数千人規模から数万人規模になるにつれて、なるべく目立たないようにと黒を選ぶようになった。(AERA 2014年4月7日号)

cddb7a3822b6d1914969488eab6725eb-600x445

リクルートスーツが個性をなくすという批判は、以前から言われてました。日本事情としても教科書などによく取り上げられています。

個性が求められる時代に、みんなと同じ服で登場しなくてはいけない理由はない。無難だからという守りの姿勢もいただけない。(「中級を学ぼう 中級中期」1課 関連読み物)

ただ、最近の学生や若い人たちを見ていると、黒のスーツを着ることに抵抗はないように思えるのです。

そこで、どうしてリクルートスーツが黒になったのか、考えてみました。

★ファッションとしての黒

私の印象に残っているのは、1970年代後半のミュージックシーンにパンク、ニューウェイブと共に登場した2トーンです。当時の若者が着ていた白黒の服装です。それまでのサイケ~ヒッピー~ジーンズ~ウェストコースや、グラムファッションなどと一線を画すものでした。それ以降、若者のファッションのメインストリームから黒が外れたことがなかったと思います。42442

ファッションとして定着しているなら、若者たちは抵抗なく、いや喜んで、みんなと同じ色を着るでしょう。

★ビジネスシーンでの黒

そもそもビジネスマナーとして黒はどうなんでしょう。

若い世代を中心に、黒のスーツを着る人が増えています。いまや一概にマナー違反とはいえませんが、欧米のビジネスマンで黒のスーツを着る人はいません。どんな場面にも通用するのは、ネイビーとグレー。柄は無地、もしくは控えめなストライプです。(PRESIDENT Online)

私のころ(1980年代)、リクルートスーツといえば、紺かチャコールグレーでした。ちなみに私は、みんなと同じ紺ではおもしろくないので、ピンストライプにしたと記憶しています。ホテルやレストランなどの職種以外で黒のスーツを着ている人はめったにいませんでした。

★スーツ業界にとっての黒

黒スーツが増え始めたのは2000年からというが、実はこの時期から、スーツ量販店がブランド戦略を加速させているのだ。同時に量販店で働く店員は、口うるさく着こなし方などをアドバイスしてくるベテランから、採寸するだけの若者に取って代わった。企業にとっては人件費を安く抑えられるが、その一方で、スーツ売り場の店員はいわば素人レベルとなり、社会的なルールを伝えることがなくなってしまったのではないか。前述の「AERA」の記事でも、スーツの量販店で店員に「1着目は黒がいい」と勧められた」という証言もある (Business Journal)

rankingshare-a5848a3081b411e3b6fa06ea006bccfa33d21c314ec3edbc55

「黒を着こなせる人は本当のおしゃれな人だ」と言われますが、そうでなくてもそれなりにまとめられるでしょう。黒を勧めれば販売員も楽です。黒スーツを普及させようとしているのは量販店ではないか、という声もあります。以前、私はスーツに合わせるネクタイを買う時は、デパートのネクタイ売り場で信頼できる女性販売員に相談したものです。ちょっと面倒ですけど、それも服装の楽しみ方ではないでしょうか。

★企業にとっての黒

それぞれの業界、企業によって様々でしょう。中には採用活動における「服装自由化」を宣言したソニーグループのような企業もありますが、今なお学生の間には「黒の神話」が根付いています。毎年あれだけの黒スーツの学生と面接しているのですから、少なくとも企業側は黒のスーツを否定していないでしょう。

「当社は個性を重視する」などとよく聞きますが、その「個性」とともに日本の企業で重視されるのが「協調性」です。その辺のバランスが曖昧なのではないでしょうか。「平均的な個性を重視しています」というのが無難な線かもしれません。

そして、企業の面接で学生に対してよく出される質問がこれです。

「自分を色で表すと何色ですか?」

夏休みに学生の国へ

長期コースは、今週いっぱいお休みです。
学生たちも国内で旅行をしたり、国へ帰ったり、いろいろ楽しく過ごしているようです。

私はといえば、数少ない長めの旅行に出かけられるこのチャンス。これまでは、南の島で時代とは逆行し真っ黒になって帰ってくるのが楽しみでしたが、如何せん年も年なのでビーチは卒業しようと決め、まず今年は①日本から近い②たくさんの学生たちの出身国③食べ物が安くておいしいらしい、の3つの理由で「台湾」にしました。今まで行かなかったのが不思議だとよく言われます。

授業で学生に夏休みの予定を聞かれ、台湾へ行くつもりだと話したら、ちょうど国へ帰ろうと思っていたという学生が、ガイド役を買って出てくれました。以前担任をしていて今は台湾の日系企業で働いている卒業生も空港までの送り迎えを。imagel

数人の学生がかわるがわる私と一緒にいてくれたので、中国語がまったくチンプンカンプンな私も楽チンな旅でした。当初は正直、ちょっと一人で歩き回ってみたい気持ちもありましたが(実際、最終日の半日は自分で地下鉄を使い歩き回りました。)、最終的には、日本人が知らないような地元の小さいお店なども行けて、すばらしい旅になりました。
みんな私に「日本ではできない経験」をたくさんさせようと、いろいろスケジュールを考えてくれて、何よりもその気持ちを嬉しく思いました。

これまでも日本語教師になってよかったと思う機会はもちろんたくさんありましたが、今回のような思い出深い旅ができたのも、この仕事でたくさんの学生たちに会えたからですね。

島崎

クリスマスに食べるものと言えば?

みなさん、クリスマスに食べるものと言えば、何を思い浮かべますか。

先日は、「国の食習慣」をテーマにした授業でした。「体調があまりよくない時に食べるものと言えば?」、「新年に食べるものと言えば?」など聞いてみると、やはり国によって食べるものが異なり、初めて聞く料理の名前もたくさんありました。「それはどんな食べ物?」「どうしてそれを食べるの?」というクラスメイトからの質問に対し、みんな日本語で一生懸命説明してくれました。

イギリスで、クリスマスに食べるものと言えばクリスマスプディング。食べる時に中に銀貨が入っているものを引き当てたら、お金持ちになれると言われているそうです。

また、イタリアで新年に食べるものと言えば、豚の腸詰とレンズ豆。必ずこの組み合わせ食べるそうで、お金が入ってくる縁起のいいものだと言われているそうです。

どちらも食べたい…と思いました。ちなみにクリスマスプディングは、裁縫の指ぬきが入っていると幸福な人生に、そして指輪が入っていると、いい結婚ができると言われているそうです。

クリスマス、そして新年を日本で迎えるインターカルトの学生も多いと思いますが、国とはまた違った過ごし方を楽しんでほしいと思います。

クリスマスに食べるものと言えば、私はチキンです。一番好きな食べ物が鶏肉なので、私の場合、クリスマスに限らず、クリスマスにも食べるものと言えば、です。

「you」 を何と呼びますか?

ちょっと前になりますが、台湾出身で、長らく日本で一緒に仕事をしている彭さんのスタッフ・ブログを見て、さすがと瞠目しました。

日本語で、「名前を知らない相手を何と呼べば良いのでしょうか?」という命題です。

今日は、彭さんの文章に触発されて、以下、考察を試みてみたいと思います。

 

呼びかけたい時、彭さんが言うように「あの・・・、すみません」または「もしもし」などと言うしかありませんね。

初めて、呼びかける時だけでなく、話し相手の「you」を何と呼ぶかも、同様に困ります。

 

A:その方は、おいくつぐらいですか。

B:そうですね。ちょうど、「あなた」ぐらいでしょうか。

という会話は通常しません。この「あなた」を使わないということ自体が、本当に不思議な事ですが…

 

場や、状況によって、「あなた」ではなく、

「先生」・「運転手さん」・「店長さん」・「皆さん」などに入れ替えて話していますよね。

小さい子なら、

「坊や」・「お嬢ちゃん」

場合によっては、

「お二方」・「お三方」これは、若い人は、使用語彙ではないと言ってもいいでしょう。

「あなた様」もかなり丁寧ですし。

私も、二十代の頃は、初対面の年下の女の子に「お姉さん」と言われたことがありますが、年格好に合わせて、「おばさん」と言うのは、決して許されません。それを言ってもよいのは、子どもだけ(高校生ぐらいまで?)です。

ということで、「あなた」に言い換えることができない時は、ちょっと首をかしげながら、人差し指から小指まできちんと揃えて、相手を指し示すしかないのかもしれません。

 

と言うより、面と向かって、相手を話し相手として接する時は、会話の途中でも、

「あ、お名前、教えていただけますか」と言って、聞いてから会話を続けるのが、普通のことのようです。

「名前も知らない赤の他人」という言い方がありますが、日本語では、名前を知らないと、会話が出来ない言語なのかもしれません。

「名前なんか、あと、あと」というコピーの新興住宅街のテレビCМが、以前あったのを覚えています。

その住宅街に引っ越してきたばかりの子どもが、公園で、自然と仲間に加わっていく場面でした。名前を知らなくても、一緒に遊べるのは、やはり子供だけなのでしょう。

 

日本語クラスで、文型や表現の練習プリントをする時、

 

リン:サラさんは今夜の飲み会、行きますか?

サラ:私が言い出した会ですから、行       わけにはきませんよ。実は、体調が良くないんだけど。

サラさんが、第三者ではなく、「あなた」の意味だということが分かるように、上の文のように配慮しなければならないゆえんです。

同じく、

リン:サラさんは今夜の飲み会、行くかな?

トム:サラさんが言い出した会ですから、行       はずがないですよ。

のように、トムさんに、登場してもらって、会話の状況を学生にわかってもらう訳です。

 

彭さんは、「あの・・・、すみません」または「もしもし」などは、日本語独特な持ち味だと言っていましたが、同じ職場に外国人がいて、その人の自然な一言を聞けるのも、グローバルな職場の醍醐味だと思い、改めてありがたく感じています。

 

今日は、長期コースで日本語教師をしている神本がお送りしました。

 

写真は、夏草の中を走る「わたらせ渓谷鐵道」です。

026

ぐでたま

「ぐでたま」というキャラクターをご存知ですか。「ぐでぐでやる気のないたまご」のキャラクターです。

 

登場してずいぶんたつのかもしれませんが、私が知ったのはつい最近です。ウィークリーコースの学生に教えてもらいました。その学生は、このぐでたまが大好きで、日本にいる間にグッズを買い集めているそうです。日本人の私より日本の情報に敏感で詳しい学生が多く、「外国人から教えてもらう日本」がたくさんあります。

この前の授業で、「思い出の場所」について話していた時、ある学生が「初めて告白された場所」について話すと、別の学生が「あの、どん、どん…。先生、何のどんですか。」と質問をしてきました。私は、ぜんぜんピンとこなかったのですが、クラスのほとんどの学生がすぐわかったようで、それは「壁ドン」だと教えてくれました。告白される時などに男性にされるとドキドキする「壁ドン」です。そんな話をしていると、突然、「あったかいんだから~。」とつぶやく学生の声が聞こえ、それに反応してまた別の学生が「ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さ~ん。」と歌いだしました。テレビをつければ1日1回は聞こえてくる今流行のお笑い芸人のネタですが、日本に来たばかりの学生も知っていたようで驚きました。

週末、デパートで「ぐでたま」のキャラクターグッズを見かけました。その隣には、初めて見る「KIRIMIちゃん」という魚の切り身のキャラクターグッズも。どちらもサンリオのキャラクターだそうです。

e6d0d698

なぜ人は詩にひかれるのか?

インターカルトでは、中級以上のクラスで「目的別授業」という科目をやっています。

学生の好きなもの、ニーズによって選んで登録する、つまり、選択授業です。

この1月~3月の学期では、新しく「詩を音読しよう」という科目を私、神本令子が担当しています。

 

日ごろから特に詩というものに傾倒しているわけではないのですが、日本語で書かれたいろいろな詩を紹介し、学生一人一人に自分の好きな詩を見つけてもらえたら面白いなと思ったからです。また、「歌は歌われるために作られ」、「スピーチは語られるために書かれる」と同様に、「詩は読まれるために作られる」と思ったからです。この読むは、黙読ではなく音読です。

今学期は、卒業をひかえている学期ゆえ、その作品のよさをきちんと表現できるような発音で読んでみましょうという目論見もありました。

 

中から、一つでも二つでも「自分の好きな詩」を見つけるためには、選択肢が多いほうがいいとの思いで、できるだけたくさん紹介し、学生たちと解釈し合い、読んでみました。

扱った詩人は、

まど・みちお/茨木のり子/三好達治/木村信子/川崎洋/寺山修司/高村光太郎/

長田弘/工藤直子/辻征夫/山村暮鳥/大木実/河井寛次郎/岸田衿子/俵万智

 

有名な詩としては、

「雨ニモマケズ」

学生が気に入っていろいろな作品を紹介したのは

「相田みつを」と「金子みすゞ」

 

他に、現代社会を今、生きている人たちの詩として、

新聞に投稿された一般の人、いわば「無名の詩人」のものも紹介しました。10作品でした。

短くて読みやすいものを、一回に3~4つ紹介したので、その中からお気に入りの詩を選ぶのは、比較的たやすかったようです。

神本008

また、阪田寛夫の「葉月」という大阪弁の詩は、大阪出身のH先生に大阪弁で録音してもらい、

その圧倒的異次元の世界に一同驚愕しました。

 

ロシアのI君は、恋愛っぽいロマンティックな詩が好きなようでした。

韓国のC君は、詩それぞれのよさを発見し、広く受け入れてくれたようです。解釈が常に深く、

私は時々、自分の浅薄な発想に恥じ入りました。

 

そして、台湾のS君、「これ、何を言いたいか全然わからない」「これが詩ですか。」といつも、

なかなか気に入ったものが見つかりませんでした。

その彼のリクエストで、「百人一首」の中から四つ紹介したら、「今までで一番いい」と言ってもらえました。中国の詩に似ているとのこと。もしかしたら、中国人の彼にとって、五言絶句や七言律詩の世界が詩の世界なのかもしれません。山水や草木、日や月を描き、あまり感情を語らないのが彼にとっての詩なのかも、と思いました。

 

以上、

いろいろな詩を探しながら、私にとっても幸せな目的別授業でした。

アキバの日本語

「アキパの日本語」 25名の受講生を集め、好評開講中です。

アニメ、マンガ、同人誌、メイド、あるいはゲーム、パソコン関係、さらには鉄道、その他その他、いわゆるアキバ的な風物、オタク文化と称されるものを取り上げるわけでは、あらず。それらは、学生の方がはるかに知っていて、新鮮味に欠けます。わざわざ取り上げるまでも、なし。もちろん、それらを各自の視点から解釈し、報告してもらうのも、アイディアとしては、あり。しかし、私は関心がありません。

そこで、扱うのは受講生の視野を広げるためのトピックの数々。そもそも、今の秋葉原駅は「秋葉原」には位置していません。正確には「千代田区外神田」。学生が知っている(徘徊している?)アキバは、その大半が「神田○○町」に該当します。秋葉原はもともと「アキバハラ」と呼ばれていました。というか、それがまっとうな読み方。そんな、歴史的、地理的、あるいは日本語的な小ネタからして大きな誤解が集積しているのが、今のアキバ。そして、秋葉原、お茶の水、神田の3駅を結んだ三角形のエリアとその周辺が、広い意味での「アキバ」と言えるでしょう。

で、初回の課題は、「万世橋」まで足を延ばすことでした。名店「肉の万世」のほか、近年オープンした「MAAch」という、旧万世橋駅下の商業施設。これらを知っていたのは、だれ一人、いません。行くはずなんて、ありません。神田川? なんて初めて知ったという受講生も。実際に足を運んでみて、こんなそばにこんなものが…驚いた…というのが大半の反応でした。yjimage

課題第2弾は、万世橋の向こう、つまり神田須田町、小川町、岩本町界隈に散在する「老舗」を訪ねること。食べてみること。もちろん、秋葉原駅周辺にもそういったお店があります。古くは江戸時代から、多くは明治時代から続く老舗の数々。受講生がどのようにレポートを書いてくるのか、楽しみです。

ネタは、探せばいくらでも転がっています。それをアレンジして提供するのが、私の仕事。次回の授業からは、アキバのディープな世界、さらに闇の部分にも踏み込む予定。その最たるものについて、いつかここで報告する機会があるでしょうか。

ちなみに、学生と評判のケバブを食べてきました。おいしかったです。

akihabara200802

 

 

 

 

うれしいクリスマスプレゼント

初級担当の島崎です。
今年は、クリスマスイブが秋学期の最終日。
当校では、担任の先生がクラスの学生と1対1で10~15分ほど話す「個人面談」となっています。
今学期 週に1回担当していた初級クラスの学生から、プレゼントがあるので、全員の個人面談が終わる時間に教室に来てほしい、と言われていました。
他の曜日の担当の先生といっしょに教室に入ると、部屋が暗くなって、学生たちのメッセージ動画が始まりました。
サプライズなので、動画内の日本語は間違いもありましたが、みんなの気持ちがとても強く伝わってきて、一同感激しました。

J2dpic

実は10月にクラス授業が始まった当時、全員が新入生のクラスだったこともあり、授業中どころか休み時間も学生同士の会話もあまりなくとても静かで、(クラスによってはわいのわいのとにぎやかなクラスも多いのですが…。)4人の担当教師みんなでとても心配をしていました。
担任のT先生は、週に1回席替えをしたり、自らクラスの飲み会を企画しみんなを誘ったり…そんな努力の甲斐あって今では本当に仲のいい、いいクラスになりました。
でも、今でもそう盛り上がりのあるクラスではありません。そういうキャラクターみたいです(笑)。
こんなプレゼントをもらうと、本当に日本語教師をしていてよかったな、日本語教師っていい仕事だな、と思います。
みなさんは、どんなクリスマスプレゼントをもらいましたか?
*結構長い動画なので、お暇な方、大掃除の息抜きがしたい方などは、よろしかったら見てみてください。Facebookのアカウントを持っている方限定ですが…。

 

 

https://www.facebook.com/video.php?v=10152383534856157&set=vb.560951156&type=2&theater