日常のアート

こんにちは。

ブログ初登場の徳永です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今年の6月、インターカルトの一員になりeラーニング教材に関わる業務に携わっております。

もともと、日本語教育他、イラストやデザインにも興味があり、こちらで広告制作もやらせていただいております。

チラシや広告を作っていく中で感じたことがありました。

 

自分が「今まで見たもの」しか表現できない、と。

 

チラシの構成や、色の組み合わせなど、

どこか街中で見たり、雑誌や新聞で見たり、あるいはテレビCMで見たり。

自分が作れるデザインは、これまで見てきたものを吸収して作っているもの。

ということは、極端なことをいうと、これまで見てきたデザインや色構成でしか表現できない。これはアイディアが煮詰まったときには絶対にぶつかる壁です。

 

なので、自分のデザインのストックを増やしていくことがとても大切で、

いろいろな場所へ行って、見て、吸収して、自分の頭にたくさんのデザイン材料を入れておこうと感じました。

 

ふとまわりを見渡してみると

街中にはたくさんのアートやデザインで溢れていることに気が付きます。

 

お店や駅の看板、ロゴ、ポスター、旅行のパンフレット、電車の中吊り広告・・・

 

そのひとつひとつに作り手の想いが込められており、

どうしてこの色合いにしたのか、

ゼロからその構成になるまでにどれくらいの時間がかかったのか、など

作っているときの事を深く考えるようになりました。

 

デザインと触れ合うことで、世の中をみる視点が変わります。

もっとたくさんの日常のアートに、出会っていけたらいいなと思いました。

 

写真はアートの旅へ出かけたときに出会った、牛乳ベンチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です