• 244月
    Categories: 雑感 Comments: 0
    Pocket

    4月11日に書いたのは「出発(たびだち)の歌」。
    上條恒彦と六文銭。
    その時、歌詞を検索していて出てきたのが「旅立ちの唄」。
    こちら、Mr.Children。

    今の立場になって18年。
    その間に職場との別れを告げられたこと、両手以上。
    その話を聞きながらその人と涙したこと、二回。

    学校の近くの佐竹商店街にある傘屋さんで傘を買いました。
    手作りの傘。晴雨兼用、涙雨用ではないです。
    この間の暴風雨で折り畳み傘の骨が折れてしまったので、
    次の雨の時に新しいのを買おうと決めていました。

    お店の名前は「ぷらすにこ」→こちら
    近くに越してきて10年も経って初めて行ったお店。
    あくまでもいい物を作る、というこだわりが、
    傘の説明をする言葉の端々にありました。

    今朝の天気予報では夕方から雨だと言っていたのに、
    傘を開くほどではなく、ラッキーだったか、残念だったか。
    そして、YouTubeで今日初めて聞いた旅立ちの唄は、
    聞くより読む方がいいかな。

    ♪疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ
    ♪手の届かない場所で 背中を押してるから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です