• 011月
    Categories: 雑感 Comments: 0
    Pocket

    年末に、KLの友人sakiさんが送ってくれた、
    2018年の占いのことを思い出して再読。

    2018年の上半期は、自分の周りのすべてを見直すこと。
    明るい、いつもポジティブ、機転が効く、テキトー、
    に加えて、すごく暗い部分を私は持っている…らしい。
    今年は、周りの人に合わせたり、役に立つことをしたり、
    喜んでもらうのをやめて、自分のために生きることを選択せよ。
    仕事では、まとめ役や調整役をやめて、もっとハッキリ意識して
    強弱をつけること。
    「決断」や「道を変える」ことに必死にならなくても大丈夫…。

    と、要約するとこんな感じ。

    元日の今日は、お雑煮とお汁粉と栗きんとん作りからスタート。
    今年は結婚して35年目なんですが、最初の10数年はちゃんと、
    三段重ねの重箱におせち料理をびっしり。それがいつの頃か、
    一つ二つと手を抜いて、毎年欠かさず…は栗きんとんだけです。

    何年たっても、35年前の『別冊 主婦と生活』を見ながら。

    料理の後は、ななんと、大掃除の続き。
    1977年のインターカルトの日本語教師養成講座時代のバインダー、
    中のルーズリーフに、物凄く丁寧に一生懸命書いた文字あり。

    今年は、未来を見つつ、でも、歩いて来た道も見ながらいきます。

    明けましておめでとうございます。
    一年の計は元旦にあり。2018年はちゃんと整理整頓しますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です