• 025月

    人の人生を垣間見る。

    インターカルト日本語学校、今年40周年。
    私がインターカルトに入って30年目、
    この立場になって17年。

    インターカルトの歴史は複雑で、
    創設者から数えて私は4人め、40年間に率いた人4人。
    それぞれの期間、12年、6年、5年、そして17年。
    いつの間にか自分が一番長くなってしまった。

    今日、人生を見せてくれた人が、
    組織が、そこを率いる人の色になること、
    人々がその色に合わせて仕事をするようになる
    危険を話していました。

    こうと思ったらこうと言う、
    違うと思ったら、いやそれはと反論する。
    組織にはそういう人が必要で、
    組織はそういう人を受け入れる器の大きさが必要。
    誰もが自分の色を持つべき。(…得意の「べき」。)

    このやろうと思われもしただろう13年間と、
    強烈に色を放っているのであろう17年。

    去年と一昨年のゴールデンウィークは海外出張、
    今年は今のところ出番少なく、日本で静かに…と思って、
    連休明けに送る約束の仕事をちゃちゃっと仕上げたつもりが、
    夕方、そのデータを消失しました。失意のまま帰宅。夜中まで作業。

    で、無事終了したので、めでたく休養に突入します。

4 Comments to 自分色

  • 加藤さん

    そうですか…
    今のお立場、すべての先輩方より最も長くなっているのですね。
    頑強な精神力を持たねばできないことと思いますが
    柔軟性も持っていなければ務まらないし
    また周りもついていけない状況になってしまう。
    ましてや強制力で組織を作っていくのは絶対避けたい。
    私もまさしく同じことを思いながら
    日々、扱いづらくなった自分と闘っています。
    休養、しっかりとってください!

    • 甲斐切さん

      扱いづらくなった自分…まさにまさに。
      いつか(もしかしたらそんなに遠くない将来…)、
      あんな時代があったね、あんな愚痴こぼしてたね、
      あんな夢語ってたね、そして実現させたよね、
      と語り合う日がきますね。
      ジャカルタか東京か、バリっていうのもいいかな。

      その日のためにも、
      究極の無理の一歩手前でブレーキかける勇気を持って。

  • 17年間日本語教育の発展に寄与されていることに敬服します。
    日本語学校も新たな岐路に立っていると思いますが、引き続き柔軟にかつアグレッシブに日本語教育のために突き進んでください。
    私も微力ながら協力応援します。

    • 斉藤様

      コメントありがとうございます。
      私はしたいことをし、言いたいことを言ってきただけなんですが…、
      でも、それをさせてくれているインターカルトにも日本語学校業界にも
      感謝しています。
      今後とも、どうぞ共によろしくお願いいたします。

KATOsanae にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Posts